FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/08
<<07 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
頂き物
お客さまから、こんな立派なキャットタワーを頂きました!



0803


今では子ども達より可愛い、我が家の長男はここが大のお気に入りです。


IMG_5016_R.jpg


今ではこんな大きな体をしていますが、3年前我が家に来たときは、180gでした。親と逸れてしまった子猫でしたので、母猫の代わりにミルクを飲ませ、排泄を促しと我が子同然に育ててきました(笑)。


IMG_0947_R.jpg


家を空ける時間が長いので、1匹よりは2匹の方がいいと思い、昨年ボランティア団体より1匹引き取り、現在我が家の猫は2匹。


IMG_3231_R.jpg


猫というのは大変個性が強い動物です。この2匹、立派な猫ハウスを買っても、全く興味を示さず、入りません。何故か段ボール箱が大好きで、いつもこのような状態で寝ております。


お客さま宅のみーちゃんは、この立派なキャットタワーに興味を示さなかったそうです。でも、そのみーちゃんのおかげで、我が家の長男は大喜びです。Mさま、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。




bana-2


施工事例
当社のHPにも施工事例を載せておりますが、全てではありませんので、リフォームする箇所に合わせて、より分かり易い施工事例をご希望のお客さまには提示させて頂いております。


これもHPには載せておりませんが… 昨年リフォームしました自宅トイレです(笑)。


07261


数年前までは、このウォシュレットのようなグリーンがカラーバリエイションにありました。便器の不具合で交換したのですが、同色がないので、便器はホワイト。ウォシュレットも同時に交換すればいいものの、少し前に変えたばかりでしたので、そこは我慢(笑)。


結果、画像のような取り合わせになりました。それを誤魔化すために、壁紙を工夫してみました!余っていたグリーンの壁紙を3方に用いて、便器背面は白地にこのような柄の入ったもの。この柄物は竹久夢二のデザイン!とちょっと、洒落感を出してみました。


施工例としてこの画像をお見せしましたところ、数ある施工例の中からお客さまがこれを気に入って下さいました!


07262


お客さま宅は便器とウォシュレット合わせて交換されるので、上述の施工例ほど濃いグリーンの必要はありません。ですので、少々明るいものをお勧めしました。


07263


壁紙を面で変えるという発想がなかったそうです。女性に頼んで良かったという有難いお言葉を頂きまして、感謝感激です!





bana-2


梅雨空
先週より、外の工事を行っておりますが…


07221


一向に作業が捗りません。梅雨ですのである程度は予測して段取りをしていますが、今年は梅雨の晴れ間が殆どありません。





bana-2


トムラウシ山 北海道
昨年7月、山仲間が登山中に命を落としました。その2日前に一緒に山登りをしていた私にとりまして、それはそれは悲しい出来事でした。


       1年後、必ず慰霊に訪れよう!


心に誓い、半年前の1月に全ての手配を行いました。その後のコロナ禍。随分迷いましたが、引き摺り続けていた自分自身に何処かで区切りを付けたく、この度予定通り慰霊の旅に出ました。


トムラウシという山は、北海道のど真ん中にあります。標高も2,141mとそれほど高くもなく、この時期雪渓は残っておりますが、大した技術は要りません。ですが、片道9.2km。往復12時間は要します。


朝4時半スタート。明け方まで雨でしたが、何だか晴れそうな雰囲気。


07091


基本的に単独で山に登っておりますが、この度の12時間に渡る山行は明らかに、私のキャパを越えています。10時間は歩けますが、1人で12時間は自信なし。ということで、この度人生初、プロにプライベートガイドをお願い致しました。


奇遇ですが、そのガイドさんは命を落とした仲間のことをご存じでした。倒れた直後に、ガイドさんの仲間が通り掛かり、1時間以上に渡り心肺蘇生を施して下さったそうです。たまたま麓の旅館に滞在していたガイドさんにも連絡が入り、現場に駆け付けて下さったそうです。あと30分で登山口という場所でした。


07092


樹林に囲まれた穏やかな登山道を3時間登ったところで、漸く視界が広がりました。


07093


この後、150mほど下ると長い雪渓がありました。登るのに必死で、残念ながら画像がありません(笑)。登り切った所からは、至る所に高山植物が咲いておりました。


07094

07095

07096

07097

070910


歩き始めて4時間半。実に北海道らしい雄大な景色です。


07098


北海道山旅4度目にして、やっとお天気に恵まれました。


07099


故人がお天気にしてくれたのかもしれません。そんな気がしました。


070912


有名な亀石です。亀というより、ゴジラ(笑)。ゴジラ、山頂を目指す!この構図は、ガイドさんが教えてくれました。


070911


ここから少し下ると、トムラウシ公園と呼ばれる平坦な地形。


070913


更に1時間程登って、山頂到着です。数日前に取り付けられた真新しい標柱です!


070915


登山口より6時間掛かっておりますが、全く疲れを感じませんでした。この間、ガイドさんが高山植物や生息動物、更には山の生成に至るまで、トムラウシに関する多種多様な話をして下さり、疲れを感じている暇もありませんでした。それこそ、あっという間の山頂でした。


070914

070916


小1時間の休憩を取り、下山開始。この度の山行での1番はこの花。岩ヒゲです。


070918


高山植物は、1年で1㎜しか成長しないそうです。ですので、うっかり人間が腰を下ろして、60cm踏みつぶしてしまうと、再生に600年掛かるそうです。


プライベートガイド、勿論費用は掛かりますが、それ以上の素晴らしさがありました。恐らく、このトムラウシ山、1人では登れませんでした。というより、山頂に立つことは出来ますが、そこから9.2㎞を戻ることが出来なかったと思います。 


新しいことをガイドさんから教えて頂きました。オーバー体力という概念です。命を落とした仲間は、結果心臓疾患という診断でしたが、それ以前に身体がオーバー体力状態だったのだと思います。同じ距離を辿ってみて、私自身も実感しました。プロのガイドさんが、私の歩き方や年齢から歩くペースや休憩の取り方を配分して下さり、無事戻ることが出来ました!


070920


翌日更に、プロの凄さを痛感しました。何と、全く筋肉痛がありませんでした。20㎞近く歩いていますので、少々の疲労感はありましたが、いつも通りの普通の生活が出来ました。今後、ガイド登山に嵌りそうです(笑)。






bana-2

事務所移転のお知らせ
至近ではありますが… 7月1日付で事務所を移転致しました。電話番号等は以前と変わりません。


07061


少々コンパクトになりましたが、業務内容も体制も変更はありません。コロナ時代を生き抜くため、最良の方法ではないかと私自身は考えております。


観光や飲食ばかりが注目されておりますが、私共の建築業界も例に漏れず多大な影響を受けております。特効薬若しくはワクチンが完成するまで、今の状況に変化はないと思っております。いい機会と捕え、箱物を縮小しました!


専らお客さま宅へ伺うことが多いのですが、新事務所での打ち合わせも可能です。是非、お立ち寄り下さい!




bana-2


新色
レンジフードというと、ブラック若しくはシルバーが定番でした。


06261


そこに数年前よりホワイトが加わりました。キッチンが明るくなるような気がしまして、この度ホワイトをお客さまにお勧め致しました!


06262

06263


案の上、大正解でした。全体が明るくなりました。今後は、ホワイト一押しでいきます(笑)。




bana-2


埼玉県 武甲山
梅雨の晴れ間を狙って、県内の山を楽しんで参りました。当県西部にあります秩父は、山口県と並ぶカルスト地形。石灰岩から出来ているので、セメントの採石場となっております。


武甲山北面です。


061516


見るも無残な姿です。現在も、砕石が行われており、登山口までの道路には、セメント工場が多くあり、独特の雰囲気を醸し出しています。


06151


工場群を抜け、10分程で登山口です。古くから信仰の山ですので、厳かな雰囲気。この鳥居の中に駐車場があります。


061515


登山口から山頂までの標高差は約600m。


06152


そこそこの勾配はありますが、2時間弱で山頂到着。


06155


眼下は、秩父の町です。


06156


このまま戻るのも芸がないので、周回コースを歩いてみました。小持山、大持山と縦走する9キロのコースです。秩父の山ですので、大したことはないと高を括っていたところ、罰が当たりました(笑)。かなり、アップダウンがあります。


小持山から振り返った武甲山です。


06159


尾根道はしっかり整備されて、大変歩き易くなっております。途中、怖いところは数か所。


06158


花々が綺麗でした。


06157


平日でしたので、すれ違う人も殆どなく、絶景独占状態でした。


061511

061513


6時間歩き通し、いい訓練になりました。いよいよ今日から県外移動も可能になります。時間を見つけて、また方々に行ってみようと思います!





bana-2




何故か…
同じ内容の仕事が続きます。理由は分かりませんが、往々にしてあるあるです(笑)。


またまた瓦屋さんと行動を共にしておりました。年明け早々より、何度お願いしていることやら。


06141


築25年の住宅です。屋根の棟の下地材が経年劣化し、棟板金が固定されなくなってきておりました。


ここ数年、明らかに気候が変化し、豪雨や突風が増えました。棟板金はしっかり固定されていないと、強風の際は飛んでしまいます。時折、ニュースでも流れておりますが、通常の住宅でも棟板金の長さは3、4mはありますので、風に舞うようなことになると、周辺へ被害を齎します。その危険性は。お客さまも重々承知されていらっしゃるので、只今、その費用を算出しております。


10年というと実現が厳しいのですが、長くても15年に1度は住宅の外部の点検と補修はして頂きたいと思います。雨漏りであれば、自分の家の中だけの問題で済みますが、建材の飛散により周囲へ迷惑を掛けるようなことは避けたいものです。







bana-2






長野県 横尾山
所用で長野県に行くことになりました。所用は午後からでしたが、折角なので早めに出発し、誰にも迷惑を掛けないであろう山にこっそり登ってきました。


長野と山梨の県境にある標高1,464mの信州峠。そこに登山口があります。小さな山で、しかも往復2時間半程度。ここなら密になることはないであろうとの考えです。案の上、峠の駐車場は私の他は、1台のみ。


060711


コロナ禍ですっかり季節が変わり、新緑を通り越し、初夏(笑)。


久し振りに歩く山道は、気持ちがいいですと言いたいところですが… 毛虫だらけでした。


06072


1時間ほど歩くと、カヤトの原。


06071


更に30分程で山頂ですが、このように大して面白くはありません。おまけにこの日は曇天。


03073


晴れていれば、近くに八ヶ岳も見えるはずなのですが… 残念に思いながら下りてくると、途中からお天気が回復傾向!


カヤトの原まで戻ると、南側に日本百名山の瑞牆山と金峰山が綺麗に見えました!


060710


北側は、高原野菜で有名な川上村です。


06076


往復2時間半でしたが、いい気分転換になりました。このままコロナが収束して、自粛せずどこへでも行けるようになって欲しいものです。




bana-2
目印
      ここには、人がいい高齢者が住んでいます!


そういう方を狙った非道徳的な業者が屋根に目印を付けています。


06022


鬼瓦の周囲の白く目立つ漆喰がそのサインです。親しい友人のご両親宅に、通り掛かりの瓦屋さんを名乗る人が来て、瓦が曲がっている等々いい、あたかも心配をしている風を装って、屋根に上がったそうです。


取敢えず、こんな風に、屋根に防水紙を貼って、帰ったそうです(笑)。


06021


剥がしてみると、案の上、何でもありませんでした。親しくしている瓦屋さんの親方に話を聞くと、先程説明しました白漆喰が目印となって、非道徳的な業者が立ち寄るとのこと。私もネットで調べてみましたら、この手口は随分話題になっておりました。


現状何事もない部分を直す必要はありません。ですが、このまま目印を放置しておけば、同様の業者が再度訪れることは間違いありません。友人にもご両親さまにも納得して頂き、その目印を撤去する作業を行いました。


06025


ご実家に戻った際には是非、屋根瓦を見上げて下さい!通常、瓦にはグレーの漆喰を用います。もし、このように白いものが使われていた場合は、既に1度いい加減な工事をされている証拠だと考えて下さい!





bana-2

森林浴
緊急事態宣言中は、出好きな私にとっては地獄のような日々でした。といっても、まだまだコロナ状況は予断を許しませんので、行動は責任を持つべきだと私は思います。


山梨県民の末娘は、このコロナ禍に帰省をしておりました。山梨県は先に解除されたものの1都3県の規制が解除されるまで帰寮を許されず、漸く今週になって山梨県に戻りました。公共交通機関を使っての移動は許可されていませんので、親である私が送って参りました。


中央道を走ると、嫌でも山々が目に入ります。


            登りたいなぁ…


と思っても、用心深い山梨県は、登山口にある駐車場を今月一杯閉鎖しています。登山道を管理している知人がいます。山梨県まで娘を送るので、久し振りに連絡を入れました。


            折角だから登ればいいじゃん!


駐車場閉鎖の件を尋ねると、山に登ることを禁じるためではなく、団体登山者が駐車場で会話をすることを避けて欲しいという意図だそうです。ただ、この2か月間は殆ど入山していないといいます。


            登山道の様子、見てきてよ!


好きな分野で少しでも役に立つことがあればと、お言葉を額面通り受け取りました(笑)。



05281


新緑の美しい季節なのですが、少し歩くと道が心元なくなってきます。


05284

05282


ガイドテープも色褪せていたり、取れてしまっていたり。


05283


1時間程行くと、登山道はこのように倒木に寸断されています。これは序の口で、この後、写真を撮っている余裕のない場面が続きました。


05286



磁石を片手に方向を確認しながら、何とか峠まで辿り着きました。


05287


山頂を目指していたのですが… 稜線上の踏み跡が消えてしまっていたので、この日はここで終了!登山口に引き返し、管理人に状況を報告。


私の登山は、基本的に単独なので、決して無理はしません。途中でも、平気で引き返します。森林浴も兼ねて、いい気分転換が出来ました!大変有難いご縁です。




bana-2
お勧め!
昨年、たまたまホームセンターで見つけ、購入しました。


05181


何の変哲もない両手鍋ですが…


05182


セラミック製です。使ってみて吃驚仰天! 煮汁や焦げ付きが、スポンジで軽く擦るだけで、直ぐ取れます。主婦にとっては、救世主のような調理器具です。


以来、買い物で見かける都度に、購入しております(笑)。


05183


フライパンも最高です。油を全く敷かずに、調理出来ます! 何回使っても、綺麗なまま。


今回は、包丁セットを購入しました。良く切れます。


05184


買い替えの際は、是非セラミック製を!但し、IHには使用出来ませんので、悪しからず(笑)。




bana-2
妄想登山
自粛が長引き、みなさまもストレスを感じていることと思います。出歩くことが大好きな私も、この度ばかりは気が滅入りそうになっております。


日本人初の8,000m峰14座を完登した登山家の竹内洋岳氏は、この春再度、世界最高峰・チョモランマに登る予定でした。ですが、このコロナ渦で、中止となりました。現在、SNSで妄想登山を披露して下さっていますので、日々その更新を楽しみにしております。


レベルは違いますが、ちょっとだけ私も真似をしてみます(笑)。青空を眺めるだけで、気が晴れることもありますので。先月、緊急事態宣言が出る前に登った、山梨県の太刀岡山です。


えーここが登山口!なんと民家のすぐ横でした(笑)。


05141


ミツバツツジの群生があるということで登ったのですが、時期尚早。少ししか咲いていませんでした。


05147


危険な箇所もここだけ(笑)。


05148


山頂まで1時間半のほのぼの山登り。


05143


標高1,322mの山頂からの眺めは、最高です!


05144


山頂ではこれしか咲いていませんでしたが、ミツバツツジも入れた富士山です。


05145


南アルプスを眺めることも出来ました!


05146


              コロナよ、早く収束して!



と祈る毎日です。




bana-2


断捨離②
自宅の断捨離中、階段下の物入から、懐かしいものを発見しました!10年程前の編みかけの毛糸です。と同時に、


       拙いものを見つけてしまった!


私の意外な趣味は、手芸です。中でも、1番得意なのが編み物。断捨離中に1番好きなものを発見し、そのままスルーすることは出来ません。しかも、編みかけ毛糸。こうなると、完成させるしかありません(笑)。しかも、断捨離最中なので、最短でと、自分自身に命じました。夜な夜な、取り組み、編み上がりました!


05021


季節外れのセーターとなりましたが、来冬次女が着てくれるそうです。これで、断捨離の続きに戻ります(笑)。




bana-2

断捨離
どんな状況にあっても、前向きな姿勢でいたいなぁ… そういう自分でありたいなぁと、意識的に気持ちを前に向けています。


他の例に漏れず、当社も起業以来、最悪の業績です。が、現在の世の中の流れからして、仕方ないことだと割り切っております。経営的な心配はありますが、先を案じるより、今出来ることを優先しております。


自粛期間という今までにない時間は、神様が下さったと解釈しております。その時間の活用として、現在、自宅の断捨離に励んでおります(笑)。


昨日、自宅物入より、こんなものを発見しました!


04301


20年以上も前に、長女に乞われて編んだポケモンです。実に懐かしいものです。


       これ、捨てるの? 捨てられるかなぁ? 捨てる必要あるのかぁ?


正直な現在の心境ですが… こんなことで悩んでいたら、ちっとも断捨離は進みません(笑)。






bana-2





世の中
コロナウイルスのせいで、一体どうなることやらと案じております。感染しないように、感染させないようにと思いながら、日常を送っております。


人との接触を8割減らすことに賛同しておりますので、お客さまからの依頼がない時は、当社も営業を自粛しております。


中世じゃあるまいし、まさか私が生きている時代に、疫病が蔓延し、世の中がこのような状態になるとは想定しておりませんでした。


5月6日まで事務所を閉めている時がありますが、電話は繋がります!


何事も後ろ向きになると、気持ちが塞ぎます。ですので、敢えて、このコロナ自粛時間を有効活用しようと色々なことに挑戦しております。そんなことをここで綴りますので、お時間あります時、お楽しみ下さい(笑)。




bana-2



新品!
ご報告が遅くなり、申し訳ありません。ユニットバス交換工事が完了しました!


04161


当たり前ですが、ショールームで作成して貰ったプラン図と同じです(笑)。


04031


現在のユニットバスは、極力コーキングを使用しないため、黴の発生する箇所が少なくなりました。床も水捌けが大変良く、翌朝には素足で浴室内に入ることが出来ます。


お風呂の黴退治が面倒な方は、是非お声掛け下さい!




bana-2



山梨県 大善寺
色々な建築物を見て回っておりますが… 私が最も美しいと思うのは、この大善寺薬師堂です。国宝です。


04086


これで3度目の訪問ですが、桜の季節は初めてです。


04084


建築的な説明は…

方五間(桁行18.02m 梁間17.40m)の堂宇で、正面は中の三間を両開き桟唐戸、両端を連子窓とし、両側面の前寄り一間と背面中央一間の出入り口以外は全て板壁で、四周に切目縁を回らす。太い円柱上に豪放な実肘木つき和様二手先の斗栱を組み、中備に間斗束を置き、軒支輪を付け、二重繁垂木によって雄大な寄棟造檜皮葺の屋根を支える
 
となります(笑)。僧行基による開創は、718年。この堂宇は平安初期に焼失し、1286年に再建されています。関東最古の木造建築物です。この中に安置されている、武田信春寄進の厨子と共に国宝に指定されています。


中央道・勝沼ICより車で5分の所にあります。機会がありましたら、是非訪れてみて下さい。


04087


桜の花も見事です。遠くに見える雪を冠した山は、左より農鳥岳、間ノ岳、北岳の白根三山です!





bana-2





ユニットバスリフォームの注意点
築30年のマンションのユニットバスの交換工事を行っております。


04031


メーカーのショールームで作成して貰ったプラン図です。お風呂は勿論、キッチンの場合も、必ずお客さまとショールームに出向き、実際の商品をご覧になって頂き、内容を決定します。


現行商品ではありませんが、築20年~30年の建物に使われているユニットバスの場合、壁面パネルにアスベストを含有しているものがあります。経済通産省 浴室で検索して頂くと、年式やメーカーの該当品番がPDFで確認出来ます。100%ではありませんが、壁面がタイル調になっているものが多く該当します。

実際の解体の際に、パネルはそのままの形状で搬出するので、問題はありません。但し、処分費が余分に掛かりますので、浴室のリフォームをお考えの方は、念頭に入れて下さい。




bana-2


道路の話
道路の幅は法律で最低4mと定められています。この4mという数字の根拠は、1台の車が止まっていたとしても、その横を緊急車両が通過出来るという設定になっています。飽く迄最低限の数字であって、自治体はこれ以上の幅を設定することが出来ます。


当市は4m。お隣の越谷市は6mです。街並みを比べて頂くと、よく分かります。当市は雑然としておりますが、お隣はゆったりとした街並みを形成しております。人気があるのは、それなりに理由がある訳です。


話を戻しまして… 道路の幅が4mの地域では、道路上にプランターなどを出すのもNGです。緊急車両が通過するという概念をみなで共有し、一住人としてのマナーを守って欲しいと私は思います。


工事を請け負う際も、このことは常に念頭にあります。工事車両が道路に出てしまうときには、警察署に道路使用許可を貰います。足場の1部がどうしても道路に出てしまう場合には、道路管理者に道路専有許可を頂き、道路使用料を納めます。


このような姿勢で仕事をするのは、当たり前。そう考える私の自宅前が、突然このような状態になっておりました!


03253


4mという幅の道路で、おまけに電柱があるので、唯でさえも車の出し入れが不便な駐車場の真正面に足場が立っていました。しかも、何もこの真正面に立てなくても済むでしょうという場所です。


03251


工事の前には、近隣にその旨をお伝えします。今はみなお仕事をされているので、お留守の際には工事の内容を記した書面をポストに入れさせて頂きます。


そういう書面もなければ、一言の声掛けもないまま、この状態。同じ仕事をしていますので、あまり批判的にはなりたくないものの、ハンドルを切り返さないと車が出せない状態に、現場監督を捕まえ、どういうことなのか説明を求めました。


私がいつも留守なので話をすることが出来なかったそうです。2、3日の工事なので、届け出はしていない、市役所でそう言われたと言います。


             そんな、馬鹿な!


法律で決まっているものを、役所の人間がそんなことをいうはずはありません。当市役所道路管理課に確認すると、案の上、その発言はあり得ないという回答です。単に、現場監督の言い逃れ。


リフォーム業者はそのモラルを問われることが多々ありますが… 法律違反を平気でする業者にがっかりします。当市内の私は家が好きだという業者なので、言及はここまでにしておきます(笑)。





bana-2


プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる