*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
雨の馬鹿!
更新しようと毎日思いつつも、とうとう5月に入ってしまいました。


10年目に入りました当社ですが、この4月は、今までで1番の大混乱の月でした。


外部工事が2件。順調であれば、何も問題はないはずでした。ところが、4月20日までの、あの雨。それが、原因!綿密に立てた工程が、総崩れ。2週間の工期が4週間にも延び、先週1つの現場が終了しました。


05011


さいたま市見沼区の現場も本日で作業が終了し、漸く明日足場が外せます。


05012


と言いましても、残工事がありますので、完了はGW明けになってしまします。


工程の組み直し、組み直しで、頭が一杯でした。こういう時に限って、急ぎの案件が飛び込んだりします。その対応が一段落し、やれやれと思いきや、半年程前から住宅探しをされていたお客さまが、一昨日ご覧になった物件が大変気に入り、購入を決心されました。その契約が、何と、明日!


                 ひぇ~!


という状態の中、今日中に契約書類を抜かりなく、作成しなければなりません。


世間では、過酷な労働を強いる会社を、ブラック企業と言いますが… 当社はブラックNo.1かもしれません(笑)。因みに、4月のお休みは、1日しかありませんでした。自分の会社ですから、労働基準局に申し立ても出来ません。自分で仕事をするというもは、こういうものなのですが、流石に月1の休みだけですと、ストレスが溜まります。


雨のおかげで、とんでもない1か月でしたが、あと1日半頑張って、GW期間中3日間のお休みを頂きます。久し振りに、山登りをする予定です!








熊野の旅③
大会は熊野市でしたが、全国大会ともなると、協会で市内の宿泊施設を選手用に押さえてしまうため、同市内の宿泊は不可でした。色々考え合わせ、私は和歌山県新宮市を宿泊地に選びました。熊野市まで25キロです。


紀伊半島熊野灘沿いの国道42号。車も少なく、路面状態も非常に良い、自転車には最高の道です!


04042


何といっても、この景色!


04043


気分爽快!まるで、ワイキキ(笑)!


04044


大会初日は2試合。その合間にも、周辺を自転車で散策してみました。


熊野市駅です。


04045


世界遺産・獅子巌です。


04046


熊野は神の国ですので、至る所に神社があります。


04049


国道42号を尾鷲方面に北上してみました。


04048


防波堤と国道の間に、このようなサイクリングロードがありました!自転車に乗りながら、こんな景色が楽しめてしまう訳です。


04047


車ですと、通り過ぎてしまう景色があります。自転車ですと、四季折々を肌で感じながら、好きな時に止まって、好きなだけ風景を楽しむことが出来ます。そこが、自転車の最大の魅力です。


           自転車を積んで来きて良かった!  

           そこそこ走れる自分で良かった!


この日の走行距離は、80キロ。娘チームの戦績は、1勝1引き分け。大変いい1日でした。






貧乏性
何でも、無駄にしないという意識が先に出ます。時間もそう、お金もそう。これは性格というより、性分なんだと思います。兎に角、無駄が嫌い(笑)。


でも、時々予期せず、無駄が出てしまうことがあります。そのいい例が、これ!


03121


プリンターが壊れたので、新しく購入しました。同じCanonを購入したのに、インクが違いました。


        どうして、同じ規格のインクにしないの?


こういう場面に遭遇する度、腹が立ちます(笑)。こういう無駄って、累積したらどのくらいのなるのでしょうね。


唯、とって置いてもどうしようもありません。お使い下さる方は、いらっしゃいませんか?


先着順としますので、こちらの『お問い合わせ』フォームからアクセス願います。ここに書き込んで下さっても、大丈夫です!


まるごと鬼怒川②
東武フリーパスには3種類あります。この度利用しました『まるごと鬼怒川』は、下今市駅から湯西川温泉駅間の電車・バスの乗り降りが、4日間自由というものです。


2日目は、バス待ちの時間に、平家の里を訪れてみました。


02021


湯西川温泉には、平家落人集落の伝説があります。この類は、色々な所に存在するのですが…


               鶏は飼わない

               鯉のぼりは、揚げない


こういう風習のある湯西川温泉ですので、信憑性が高いのではと期待をして、ここに寄りました。


02022



点在する茅葺きの建物の中に、資料が展示されていましたが、残念なことに、平家の栄華ばかりに焦点が当てられておりまして、落人集落を裏付けるようなものは1つもありませんでした。


次には、民俗資料館。ここでも、結果は同じでした(笑)。


02023


10時半のバスに乗り、湯西川温泉駅へ。道の駅併設ですので、なかなか立派です。お食事処もありますし、日帰り入浴施設もあります。


02025


駅正面には、足湯コーナーもあります。


02024



湯西川温泉と鬼怒川温泉の中間に、観光名所の龍王峡があります。折角の周遊券ですので、ぶらり途中下車の旅(笑)。


02027


数年前の秋、日光から自転車でここまで来たことがあります。確か、紅葉の時期でしたので、大勢の人がいましたが… 流石に、冬に来る人はいないようです。


02026


冬景色は淋しいものがありますので、お勧めは秋ですね。


02028


鬼怒川駅で、スペーシアに乗り換えました。


02029


前日15時に出発し、15時帰宅の丸1日旅。慌ただしいといえば、そうかもしれませんが、大抵私のペースはこんな感じ(笑)。丸1日の割には、結構楽しめました!


朗報
             受かりました!


今朝9時ちょうどに、電話がありました。


             本当に良かった。おめでとう。


今日は、一級建築士製図試験の合格発表の日。出勤して、PCを立ち上げ、合格者を確認。二級の場合は、受験番号だけですが、一級となるとこのようにフルネームでの発表となります。


日建学院という建築士受験の専門学校で講師をするようになって、7年が経ちました。一人でも多くの受験生に合格して欲しくて、私自身も一生懸命関わっていますが、全員が合格をするわけではありません。


合格者の中に、受講生の名前を見つけては喜び… 不合格者の気持ちを思うと心配になったり… 私の中では、毎年末の恒例行事です。


どんな形で出会っても、私と出会えたことを良かったと思ってもらいたい。常にそういう気持ちで、仕事に臨んでいます。


50代に突入し、やや元気もなくなってきましたが(笑)… 来年度もこの仕事を引き受けることになりました。後輩の育成、そんな年齢になったことをしみじみ感じます。



祝賀会
時々ここで話題にしておりますが、末娘はソフトボールで高校進学をしました。その娘チームが先月、埼玉県大会で優勝し、全国選抜大会へと駒を進めることになりました。


12122


私の周囲では、このようにスポーツで高校進学をする人はいませんでした。ですので、娘を通して知る世界は、全てが未知の領域です。


先日、レストランを貸し切っての祝賀会がありました。保護者会主催です。


12121


娘の高校は、レスリング、ボクシング、女子野球などが、全国大会で優勝するようなスポーツ学校です。全国大会出場が決まると、どの部活も祝賀会やら壮行会を行うのが常だそうです。


こういうの初参加な私は、全てが、へぇ~!な状態です(笑)。


東京オリンピックで、ソフトボールも復活の兆し。将来この中から、オリンピック選手が出るかもしれません。三女がくれた新世界。折角なので、楽しんでおります。


サイズアップ
ちょうど四半世紀前、私が設計の仕事をしだした頃、ユニットバスというものが普及し始めました。  

今では信じられませんが、当時ユニットバスを設置する場合、周辺の壁から20cm離すことになっていました。ですから、1坪の空間でも、設置出来るユニットバスが1m40cm角とミニミニ。なぜに20cm離すのかと言いますと、給水給湯管の配管のためでした。


年々その商品技術は向上し、10年前頃では、四方7cm前後の空間を取れば設置できるようになりました。20cmから7cmですから、格段の進化です。


これが、約10年前のマンションのユニットバスです。1116というサイズです。短辺方向が1m10cm、長辺方向が1m60cmです。


07031


それが現在ですと、どうなっているかと言いますと、たったの四方2cmの空間だけで設置できるようになっています。


                 7 - 2 = 5


両端合計で10cm空間が広がります。つまり、間取り変更をせずに、10cm大きいユニットバスが設置できる訳です。


07032


本日終了した現場ですが、1116というサイズから1216.5にアップしました。折戸から開き戸に変更しましたので、出入り口も若干広がりました。敢えて、同じ位置からの写真です。


出入り口の高さも、従来の30cmより10cm低くなり、ヨイショと跨ぐ必要がなくなりました。


07033



勿論、お客さまは大喜びです。ショールームで実際に10cmという大きさの違いを体験して頂き、明るく可愛くというご希望に添えるように色もアドバイスさせて頂きました。


3日間の工事でしたが、各職人さんの仕事も連携も上手く行き、お客さまにも大変喜んで頂くことが出来ました。有難いことに、お酒の大変美味しい晩となりました(笑)!


思い込み
約30年前、車に乗り始めた頃、1度だけパンクをしたことがあります。車は乗り続けておりますが、過去のパンク経験は、その1度だけ。ですので、今時の車はパンクしないと思い込んでいました。


自転車は、パンクします。という認識はありますが、自転車でのパンクの経験もありません。


             私は、パンクは無縁!


そんな勝手な思い込みをしていましたので、先週の話ですが… 一生に残るようなパンクの経験をしました(笑)。


関越道の沼田ICから20キロのところに、追貝という村があります。そこから、舗装がされていない砂利の栗原川林道を20キロ走った地点に、皇海(すかい)山の登山口があります。


兎に角、このような手堀のトンネルまで登場するような物凄い林道です。


06201


上に行けば行くほど、落石したての先の尖った砂利ばかりになります。数ヶ月前に、車を買い替えました。初めて4WDにして、意気揚々、この山を楽しみにしていました。この林道は、普通乗用車での乗り入れは、極めて困難。


終点より3キロ手前で、石に乗り上げたような気がしました。そこから、何となく後輪の調子が可笑しいと思いながらも、


             砂利道も、雪道同様、後輪が滑るんだなぁ。


まさか、パンクをしているとは思いもしないので、そのまま走り、登山口到着。降りて後輪を確認して、吃驚仰天!


06204


             ぎゃ~! どうすんの?


ここまで、1時間半の砂利道走行をして、登山口は目の前。


06202


この時点で、9時。


              山に登って下りてから、対処しよう!


いつもの私ならそうなのですが、村から林道に入った時点で、携帯の電波が入らないことは確認しています。20キロ程を下らなければ、JAFを呼ぶことも出来ません。


頭を冷やそうと、周辺を散策。


06203


スペアがあれば交換も可能なのですが、この頃の発売の車には、スペアタイヤが付属されていません。お粗末な頭で考えた結果は、タイヤが切れるまで、下ってしまうのが1番。少し下りだした所に、山菜を取りにきている方がいました。絶対にこれ以上は下れないと教えて下さり、有難いことに追貝の村まで、乗せてくれました。


村に着いたのが、11時近く、そこからHONDAと遣り取りとし、13時にJAFが来てくれることにました。ただ待っていても仕方がないので、村から徒歩20分ほどの吹割の滝を見学しました。


06206


知りませんでしたが、随分有名な滝なんですね。遊歩道を下りていくと、先ずは、川の和流に感動。


06207


道なりに進むと、吹割の滝。なかなか見事です。


06208


06209


滝鑑賞中に、JAFから電話が入り、林道名を告げると、今向かっている車では無理なので、別な車を向かわせると言います。


              あと、何時間待てばいいの~?


更に待つこと小1時間。漸くJAFのレッカー車が到着。助手席に同乗させて頂き、林道をまた通り、車を止めた地点に到着したのが、15時半。既に、パンクから6時間半が経過(笑)。


062010


これで何とかなると思いきや、私の車を見た瞬間、4WDはレッカー出来ないと言います。おまけに、タイヤ側面に空いた穴は10mm以上。修理不可能な大きさだと言います。


              ぎょえ~! じゃぁ、どうするの?


タイヤを外し、下の村どころか沼田の町のカー用品店に行って、タイヤを交換し、戻って来るしかないと言います。


              一体、何時になっちゃうの?


こうなったら、可能な限り、車を下ろす方が賢明です。頼み込んで、無理を承知で、仮の修理をお願いしました。JAFの方も、夜中にこんな熊で出そうな場所で、タイヤを付けるのは嫌だったのでしょう。協力して下さいました。


062011


いつまた空気が抜けるの分からないので、私の後について、林道を下って頂きました。行けるところまでと思っていましたら、運良く村まで下ることが出来ました。徐々に空気は抜けているものの、自走で沼田の町まで辿り着くことが出来ました。


タイヤを交換し終わったのが、18時半。何しに行ったの?状態でしたが、タイヤはパンクをするものだと、身をもって学ぶいい機会となった訳です(笑)。


性分
どうも私という人間は、じっとしていることが出来ません。ぼんやりですとか、のんびりですとかが大の苦手。


生活習慣が変化し、今までなかった時間が生じたことと、人生の後半、身体機能が衰えてくることを見据えて、先月よりこんなことを初めました。


もともとこういう事が好きであること、凝り性なこと、貧乏性なことが相まって、暇さえあれば木目込人形制作に勤しんでいます。と、言っても、仕事と家事が終わってからですので、毎晩22時スタート(笑)。


161


習い始めて3週間で、これらを作成し、娘からは、


            部屋中が人形だらけになるから、勘弁して~!


と忠告されても、無視し、今週は熊を2頭作ってみました!


162


我ながら短期間でスキルアップしたつもりなので、来月からはちょっと高度なものの制作に入ろうかと考えています(笑)。


この頃、若い人の前で話す機会が随分増えました。そういう時、人生の先輩として、必ず伝えるようにしていることがあります。


            楽しいことは、向こうからはやってこない!

            自分で見つけることが大事!


自分の言葉に責任を持って、実践あるのみ!
親鸞聖人関東伝道800年
私には、宗教心がありません。困った時だけ神さまです(笑)。


実家は、浄土真宗です。町の中心にお寺があり、周辺全てがお檀家でした。そのお寺の幼稚園に通い、祖母や両親とお寺さんとの関係を目の当たりにしていましたので、宗教心はなくとも、浄土真宗のしきたりは、自ずと身についています。


当社のお客さまに、浄土真宗のご住職がいらっしゃいます。親鸞聖人が、越後から関東までを歩まれたその道のりを、ご門徒さん達が歩くという記念行事があるとお声掛け頂きました。界隈を通過するというので、私は門徒ではありませんが、亡き父を忍ぶようなつもりで、本日私も参加させて頂きました。


053111


自宅最寄りの、東武スカイツリーライン一ノ割駅より、JR武蔵野線吉川駅までの16キロです。


徒歩であれば、自転車とはまた違った景色が楽しめるのではないかと、安易な発想での参加。


05311


時々山に登ったりしているので、16キロは楽勝なはずだったのですが… 今日の越谷市の最高気温は、33℃。アスファルトの照り返しが強く、途中でくたばってしまうかと思いました(笑)。


05313


私が最年少ですので、くたばる訳にはいかないのですが、14キロ地点でこの看板が目に入った時は、小躍りをしてしまいました!


05314


今日のゴールです。当県吉川市にある清浄寺。1227年創建の由緒あるお寺です。


05312


構えも立派ですが、金箔を施した内陣も更に立派。極楽浄土に行けそうです(笑)。


05316


清浄寺の開基である西念法師は、親鸞聖人とともに越後から関東に向けて旅立ち、この地に念仏道場を起立したと伝えられています。


ご本堂横には、西念法師のお墓があります。


05318


16キロ歩いて、くたくたな状態で、ご住職のご法話を伺っておりましたら、それが丸で子守唄ように響き、極楽浄土に行きそうになってしまいました(笑)。


人生の大先輩方と過ごさせて頂きました5時間は、大変有意義なものとなりました。初めてお目に掛かりましたが、この参加者の中に、全国建築士会の副会長という業界の重鎮がいらっしゃいました。しみじみ、人間悪いことは出来ないなぁと思った次第です。


母親業
現在、長女が大2、次女が高3、三女が中3です。幼小時に比べたら、すっかり手が離れ、母親としては随分楽にはなりました。今では、年度変わりの学校行事の時だけ、母親としては時間に追われるくらいとなりました。


と、例年はそうなのですが… 今年ばかりは、事情が違います!


        長女、成人式

        次女、センター試験

        三女、高校入試


と、成人式の日より、1週間毎にこのような順になっておりました。次女はセンター試験は終わったものの、これからが大学受験の本番。碌に勉強もしていないので、結果も期待しておりませんが、やはり落ち着きません。


そんな中、入試が終了した三女の高校の手続きの書類が届きました。


01251


昨日の金曜日に届き、中身を確認すると、書類を記入し、入学金を払い込んで、火曜日の消印まで。


        ぎょえ~ 土日、銀行休みなのに~!


日程的には、仕事を持つ母親には過酷。でも、子どもの学校の事ですので、どうにかしなければなりません。


と、現在、三女ひとり分だけで、ひぇ~となっているのに、来週からは次女の大学入試が始まります。クローンな私がいてくれたなら、と痛切に思う今日この頃です(笑)。


役員
3月も中旬です。残り2週間で、新年度となります。


今年度に引き続き、新年度も(社)埼玉建築士会・女性委員会委員と(社)埼玉宅建業協会埼葛支部・青年会役員です。


役員と言いますと、頑なに拒否をされる方がいっらっしゃいますが… そういう姿勢に対して、私は疑問に思います。


自ら手を挙げることは、絶対にしません。でも、頼まれた時には、断ることもしません。その団体に所属する限り、役割は担わなければならないと思っています。


子どもが3人もいますので、学校の役員も合計9年引き受けました。子どもも大きくなりましたので、学校の役員はもうしません。9回もやればいいでしょう。本心は、面倒臭いですよ(笑)。でも、引き受けたからには、無責任なことはしません。


仕事絡みの役員が2つ。それに新年度は、所属する卓球部の副部長というのが、持ち回りで巡ってきました。所属して7年になります。年々、練習に参加できず、昨年は1年で5回だけでした。


週2回、平日の午後2時間。自分で仕事をしていると、なかなか平日の日中には動けないもの事実。でも、役員ですので、この1年は意識して時間を作ります。どうせ関わるのですから、最大限有意義に関わることにします(笑)。


      1年間で、卓球のスキルアップを狙おう!


何でも、自分で楽しくしないと。楽しいことは向こうからはやってきません。その前に、


      ラケットが、大変だったんだ!


ボロボロ過ぎて、前回試合で注意されたまま(笑)。ということで、早速卓球専門店に行ってきました。


03151


卓球のラバーは、このように包装され、ショップに並んでいます。この5年間は、ずっとこの組み合わせ。NittakuのmoristoDFは、食い込みがいいのでよく切れますが、お値段が張るのが難点。


同じラケットを2本持ち歩き交互に使うので、同時に2本張替えできればいいのですが… 今回の張替えは1本だけ(笑)。


結構、プレー中に台で擦ったり、ぶつけたりで、すぐ右のような状態になってしまいます。これだと試合には、使えません。


03152


卓球のラケットも今や、カーボンが主流。ショップで見ているうちに、欲しくなりましたが… 今のレベルの私には、宝の持ち腐れ! ちょっと、1年間真面目に練習して上手くなったら、考えよー!


カーボンラケット1本が¥15,000-、ラバー両面で¥7500-。これを2本。考える間もなく、無理! 今のラケットを大事に使おっ!


やはり…
本当の話でした。成人式は2年前から予約するって。平成26年成人式の着物のDMが沢山届く話を、以前ここでしました。


いくらなんでも、まだ早いし… でも何となく気になって… 私が普段使っているひしやに立ち寄ってみると、26年成人式の着付け予約が既に沢山入っていました。


今日、たまたま家にいた長女を捕まえ、振り袖を見に行ってきました。このひしやでの私の担当は、斎藤さん。私が、このお店に行く際は、目的を明確にして行きすので、事前に電話を入れるのですが… 


娘の好みもありますし… 金額のこともありますので… 担当者がいると、断り切れなかったりするので、今日は電話もせずに、ふらっと。お気楽な、下見のつもり。


      なんだか、今日は阿部さんが来るような気がしたんですよ!


お店に入ってすぐに、担当の斎藤さんに見つかってしまいました(笑)。私の着物もいつも見立ててくれていますので、私の好みを知っています。ですので、娘用に見繕ってくれるのも、私好みばかり。


07082


流行に捕らわれないもの、地味なもの、将来袖を切って、訪問着として長く着られるもの。これが、私の条件!


07081


娘は、この黒の総絞が気に入ったようです。予算に限りがありますので、この着物であれば、私の帯を使うように命じました(笑)。しっかり者の私は、転用可能な自分の帯を持って来ています。白地の帯なので、取り合わせは悪くないでしょ!


07083


驚くことに、記念撮影は来年4月だそうです。


      4月までに、その茶髪はなんとかしておきなさ~い!


ついこの間、大学生になったと思ったら、今度は成人式。次々に、次女、三女が同じ道を辿ります。娘の振袖姿は、親としての楽しみですが、現実問題、お金に羽が生えて飛んで行きます。その速度が、日々加速されている気がして、ぞっとします。



 
移籍
今年もまた日建学院での仕事が始まりした。建築士受験の専門学校ですが、早いもので今年で5年目。


学校の体制が大幅に変わり、今まで担当していた自宅から2キロの春日部校が昨年末に閉鎖になりました。ということで、今年度は南越谷校に移籍(笑)。自転車で12キロなので程良い距離ですが、あまりの寒さに電車通勤しております。


今年度は、1・2級の学科試験と2級の設計製図を担当するということでスタートとなりました。在籍50名弱。実務経験年数が受験条件にある試験ですので、受講生は全員社会人。


01301



この南越谷校は、春日部校の倍の人数。20名を把握するのと、50名では雲泥の差があると思うので、大丈夫かな私? 


少人数ですとべらべら喋るのですが、もともと大勢の前で話をするのが苦手。ですが、5年目ともなると、喋り過ぎ(笑)。いつも、へらへらしていますが、こういう真面目な時もあります。


今年は4年前の2級建築士のクラスにいた受講生数名が参加していますので、既知の顔が多く、初日からいい滑り出しです。加えて、私が受験生だった頃によく教えてくれた何でも知っている大先輩もまた受講生としているので、助かります(笑)。


国家資格受験の専門学校ですので、ここでの私の使命は、合格率に貢献すること。その為には、私自身もまた勉強しなければなりません。


現在、カリキュラムは構造力学。1級建築士試験には、こういうのが出題されます。


02012


何年勉強していても、必ず私が躓くのがモールの定理。受講生に説明出来るように準備するのですが、それには膨大な時間が掛かります。頭が悪いって、ほんと大変!



幽霊部員
これは私のこと。地元卓球チームに所属して5年になります。一応、日本卓球連盟にも登録しているものの、年々練習に参加出来なくなってきて… 昨年は、練習は5回のみ。練習不足の身で、市内戦だけは参加しています(笑)。


時間は自由に使える立場ですが、やはり平日お昼間の2時間練習は、今の私には無理があります。週2回、春日部市民武道館で当武里クラブは練習を行っています。


01201


この武道館は、建築界の巨匠・内井昭蔵氏の設計です。


何がなんでも、新年会くらいは顔を出さないと! 毎年、部内W戦を行います。最年少の私は写真係。そう、47歳の私が最年少(笑)。卓球人口の減少故なのでしょうか、私はいつまで経っても新入部員のまま。35年の歴史を持つ当クラブ。ほんとに、ほんとに超高齢クラブになってきました。


01202


今日、Wを組んだ大姉さま。週2回の練習は毎回出席。2時間の内、10分休憩を2回取りますが、後はずっとプレーをされます。なんと、昭和9年生まれ! 人間、如何に体力が大事かを痛感させられます。お相手をさせて頂くと、球は取りに行ってくれませんので、倍以上走らされます(笑)。


01204


高齢者クラブに行くと、40代のお友達がいるって、いつも私の事を自慢して下さるそうです。入部した頃より可愛がって頂いておりまして、この組み合わせは嫁・姑コンビと呼ばれています(笑)。


私が着用しているのが、昨秋よりの春日部市の新ユニフォーム。当クラブのユニフォームも、間もなく10数年振りに新しくなります。廃番で手に入らないため為、私は辞めてしまった方の3Lを渋々ずっと着ていました。


   若い人が他のチームに入ってしまうのは、ユニフォームが原因!


と、大先輩に働きかけ、ようやく決まりました。これで、部員が増えるといいのですが…


01203


私のすぐ上の方で50半ばなので、恐らく、平均年齢は60やや後半? 昨年は、部員2名が他界されました。そんなこともあって、今年は全員で記念撮影をしました。


親戚の一人もいないこの春日部に住んで間もなく20年。娘たちの小さい頃は、公園友達やご近所の方々に随分支えて頂きました。更に5年前からこのクラブの先輩方に、色々な面でお世話になっています。


少しは恩返しが出来るように、今年はもっと練習に参加しよっと!





食事の習慣
子どもも2人目までは時間の余裕も多少ありますが、3人となると母親には自分の時間は固より、自分自身すら存在しなくなります。幼子を抱えた生活というものは、そんなものです。


3人目を出産して以来ですから、これこれ12年、座って食事をするという習慣が無くなってしまいました。専業主婦の期間も7年程ありましたが、三女が幼稚園に入ったのと同時に働き出しましたので、拍車を掛けたように慌ただしい日々となり、立ち食いの習慣はそのまんま。


朝、夕の時間との戦いは、私に限らず、正規に仕事に就いている母親には共通のこと。特に朝などは、娘たちのお弁当を作りながら摘み食い状態。上品でないことは百も承知ですが、こうせざるを得ません。労働基準法適用外の自営業ともなると、昼休憩なども存在しないので、これまた適当。


そんな日々ですので、打ち合わせがある時は敢えて昼食の時間を絡め、ゆっくり食事をするようにしています。


今日は、友人の中村百合野税理士が、作成した決算書を持って来てくれましたので、事務所近くの素敵なお店で昼食。


04184


埼玉は海なし県ですので、新鮮な魚介類を出すお店はあまり多くありません。ここは当市内で1番。お座敷もありますので、夜はお値段が張りそうですが、ランチはお手頃。


テーブル席もこのように個室になっています。


04181


海鮮丼に珈琲がついて、950円。


04182


オーナーの息子さんが作るプリンは絶品!


04183


食べ終わった時に、ダイエット中の自分を思い出しました。更に、3日前にも打ち合わせでここで食事したことを思い出しました。これでは、少しもダイエットにはなりません(笑)。


続きを読む

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる