*All archives* |  *Admin*

2009/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
襖紙
予算や納期を気にしないのであれば、私はこういうものを選びます。たかが襖紙・・・ではないのです。されど襖紙。お仏壇下の収納の観音開きです。(W:650 H:700)


          ふすま紙


この襖紙は、加藤与商店の銀嶺から選びました。小梅(小豆)です。銀嶺の見本帳だけで、カットサンプル数、350点。これを選び出すのに、費やした時間、5時間。勿論、採算なんて度外視。なんて言っても、これが趣味ですから。


「阿部さんに任せるから」・・・この一言にとっても弱くて、ついついのめり込み、時間の経つのなんてあっという間。この言葉、仕事してきて良かったって飛び上がりたくなるくらい、本当に嬉しいのです。冥利に尽きます。言葉のmagicとでも表現したらいいのでしょうか。でも、5時間、これはまだまだ序の口です。




新型インフルエンザ
5連休前に、春日部市内の高校で学級、学校閉鎖がありましたので、市立小、中学校でもその対応に追われていました。


そんな中、次女が新型インフルエンザに罹り、ではどうだったか?


普通のインフルエンザと同じ症状でした。新型と明確に判定するには、3週間ほど時間がかかるそうで、現在A型と医療機関で判定結果がでれば、新型ということに。通常、この時期には、A型には罹らないので、Aと出れば新型ということで、リレンザが処方されました。


40台の熱が一日半。家庭内感染はなし。私などは当然親ですから、車に乗せ、病院に一緒に行っているわけですが、大丈夫でした。本人の体調のよくない時に感染するのでしょうね。もし、新型といわれても、そんなに驚くことも、慌てることもない。これが率直な感想です。
踏切
確かに建造物ではありますが、一級建築士のブログでこれを〈建造物探訪〉に分類したら、諸先輩方にお叱りを受けそうなので、〈雑言〉です。


          踏切


何の変哲もない踏切です。ですから、私、ここを自転車で渡ろうとしたのです。遮断機がないなんて知らなかったのです。もう少しで、電車に轢かれそうになってしまいました。運よくブレーキがかけられたものの、その距離2m。本当に怖かった。


急な出来事に、呆然。その後、色々考えて、運転手さんにごめんなさい。私は自業自得だけれど、人なんて轢いてしまったら一生引きずってしまいますよね。乗客の皆さんにもごめんなさい。急ブレーキをかけていたら、怪我をする人もいたでしょうから。それと娘たちにも。


思い込みや経験で判断することの怖さを、身をもって体験しました。日常生活の中で、年齢とともに、こうしたこと、確かに増えています。自分の判断を過信すると、怖い目に遭う・・・私には、いい教訓となりました。


その時の私の形相、サイボーグどころか、きっとガンダム?たまたま通りかかったロードバイクに乗った方が声を掛けてくださり、我に返りました。


この線路をSLが通ると教えてくれました。何でも楽しいこと大好きな私は、よく見えるという丘まで付いて行きました。


          014_convert_20090925190706[1]



秩父鉄道が土、日限定で運行しているそうです。SLなんて40年振りです。亡き父に連れられて、自宅前の内川沿いに国鉄の蒲田・大森の間の踏切まで見に行きました。妹が生まれた直後だったので、私、多分4歳。とっても懐かしく、楽しかった子どもの頃を思い出し、しばらく涙が止まりませんでした。勿論、ひとりになってからですけど。


春日部市無料耐震相談会
市役所別館で行われ、埼玉建築士会越谷支部春日部ブロックの一員として参加しました。


          無料相談会


今回は、市が行った簡易診断結果に基づいて、相談者の方にアドバイスをするものです。あくまでも簡易診断。結果が思わしくない方には、次段階としての一般診断をお勧めするわけです。対象は昭和56年以前建築の住宅ですが、該当される方は是非されてみてください。簡易診断であれば、随時春日部市役所で行っております。


耐震診断には、次の3種類があります。
①簡易診断・・・図面を基に行う簡易なもので、図面と現況の食い違いは考慮しません。
②一般診断・・・原則として、非破壊診断で現況調査で分かる範囲の診断です。
③精密診断・・・補強の必要性の高いものにつて、原則、建築士が診断するものです。


実際、一般診断になりますと、私ども建築士が仕事として診断いたしますので、費用が発生致します。概ね、木造住宅ですと、規模、床下の状況などにもよりますが、8万から10万くらい。
本年度から遅まきながら、春日部市でも5万円の助成金が出るようになりました。詳しくは既存建築物耐震改修等補助制度をご覧ください。


もちろん、hana houseでも行っておりますので、お声掛けください。

続きを読む

『サイボーグ美紀ちゃん』の5連休
連休最終日ですね。いい休日となりましたでしょうか?高速料金の影響で、何処も混雑していたようですが。


私はどうかと言いますと、連休前日、流行に敏感な次女が新型インフルエンザに罹り、おまけに長女の学校が閉鎖。文化祭が中止で、PTAの出番がなくなり、さすがに次女を置いてもいけず、埼玉建築士会仲間との町並み見学会を取り止め。そんなこんなで、予定が大幅に変更になり、本当に久し振りにいい休日を過ごしました。


5連休中、2日もお休みできました。一日は群馬県板倉町の雷電神社を見に、そして昨日は県一の景勝地、長瀞に初めて行って参りました。16年も埼玉に住んでいて、初めてなんて言ったら馬鹿にされそうですが・・・ライン下り待ちの列には圧倒されました。


前日、ちょうどテレビで放映されていて、神社に目のない私は飛んで行ってしまいました。

                    群馬県板倉町 雷電神社
          010_convert_20090923153138[1]
          

画像にはありませんが、挿肘木も見事です。が、この欄間部分の彫刻と色彩。見づらいですが、お猿さんです。東照宮との関連を追ってみる必要がありそうです。


上記タイトル、『サイボーグ美紀ちゃん』は、この頃行動を共にする大学時代の友人が、睡眠時間を削って行動する私の馬鹿さ加減に呆れ、ネーミングしてくれました。正直、ちっとも嬉しくありません。でも、この二日間、自転車で行動したんだぁって言ったら、皆さんきっと退きますよね。
hana houseって
会社登記法上、ローマ字の小文字を使ったhana house有限会社が正式名称です。小文字で可愛いかなぁ、と思って決めましたが、意外と困ったことが多いものです。何と言っても、社名の縦書きが不可能なことでしょうか。それと、お花屋さんと間違えられること。

hanaというのが、格好悪いと指摘を受けたこともあります。実は次女の名を使っています。似合わないと笑われそうですが、花が好きでどうしても「はな」と付けたくて。唯、画数を気にしたために次女は「華奈」と書いて読ませています。

男社会のこの業界で、女性の会社と分かるような社名に。加えて、ひとつひとつの出会いを大切に、いつか大きな花になったらいいなぁ・・・そんな願いを込めて付けました。

このブログのタイトルも、仕事を通じて未来に、どんな自分に、そしてどんな会社になっているのか願いと期待を込めて・・・
久し振りのブログです
早いのもで独立起業して、4年目中盤です。こんな私とhana house有限会社を応援して下さる皆様には、感謝の気持ちで一杯であります。間もなく、私も45歳になりますが、まだまだ未熟で、学ぶことだらけ。一体何時になたら大人になれるのでしょうか。内心真面目に案じております。


思い返せば7年前。三女の子育てが一段落し、社会復帰した時に驚いたのが、PCの進化。その時の私、HPを開くことも出来なかったのですよ。それから、なんだかんだと周囲に迷惑を掛けながら、今回こういう運びとなりました。時代を感じます。現在、HPの方も準備中で間もなくです。


仕事を通じての思うこと、考えることを少しずつですが、時間のある限り、お伝えしてゆきたいと思います。唯、自己顕示欲の低い人間なので、どこまで表現できるのか、甚だ疑問ではありますが・・・加えて、勤め人時代は勤務時間内にブログを書いていた訳なので、結構面白可笑しくしておりましたが、この度は如何に。更新頻度は低いかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。
プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる