*All archives* |  *Admin*

2010/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
登坂練習
    前回ここで、仕事してますなんて言ったばかりなのに…

    同業者も、見ているっていうのに…


いい訳にも何もなりませんが、自転車遊びに行ったのではなく、苦手な山・坂上りの練習です。


東北自動車道・西那須野塩原IC近くに車を止め、初冬の栃木県北部に行って参りました。


自転車の話ばかりを綴ると、ほんとに馬鹿だと思われそうなので、どうぞ風景をお楽しみ下さい。


西那須野塩原ICより5キロの所にある『もみじ谷大橋』。有料なので、見ただけ(笑)。


11291


塩原温泉を通り、初挑戦の有料道路『日塩もみじライン』途中からの日光の山々。


11292


何度かスキーをしに来たことはありますが、自転車で来るのは初めて。観光名所が沢山あります。


東武鬼怒川線が通っている『龍王峡』。駅の傍ですので、是非訪れてみて下さい。


11294


11293


11295


この辺りでも既に結構上って来ているのに、折角だからということで日光に足を延ばし、ついでに『いろは坂』の入口観賞。ここまで90キロ。足は勿論既に疲れています。


11296


この看板手前の休憩所で、坂を自転車で下りて来た方に会いました。思ったほど大した坂ではないというお話。頭の単純な私は、この言葉を鵜呑みにしてしまいました。ならば、挑戦してみようか…


『いろは坂』って本当にカーブ毎に下からこのような表示がされています。


11297


大した坂じゃない訳ありません。立派な坂です。信じた私が、馬鹿だった! 


11298


ここで半分くらい。何事も途中で諦めることは嫌なので、仕方がないので文句も言わず中禅寺湖到着。


11299


真冬のようなお天気で、雨が霙に変わり、その後雪。『華厳の滝』見たかったけれど、路面が濡れてきているので通過。


昨日の走行距離170キロ。『いろは坂』を上っても、平均20キロ以上で走れているので大満足。


この1年強、自転車生活を楽しんでいますが、とっても楽しい1日でした。若しかしたら、1番かもしれんません(笑)。でも、300キロは、まだまだ遠いなぁ…


仕事姿
市外の建築士仲間と電話で話をしていたら、


    春日部の工務店と飲んでる時、阿部さんの話題になって…


話を聞いても、どうも私の知らない方。どうしてと思ったら、このブログを見ているらしい。と、言う事は、


    あそこの経営者、自転車ばっかり乗っている!


何てことになり兼ねないので、今日は仕事の話です。


デスクワークより工事現場を駆け回っている方が性分に合っているので、現在は大半がリフォーム工事ですが、設計の方がまだ長いので、依頼があれば設計もします。現在は、工場の現況図の作成をしています。


先週現調に行きましたが、このスケール。 しかも人里離れた市街化調整区域の廃工場。


    こんな怖い所は無理~! おまけに一人じゃ無理~!


11261


こういう時には、仲間と行動を共にします。今回は当社の連携専門職にアップしている㈲松崎測量の測量士2名と一緒。


11262


自分の写真を載せるのもどうかと思いますが、自転車イメージ払拭の普段の私の姿です。


11263


仕事はいつもしています。営業的に出掛ける時は、きちんとした服を着ていますが、工事やこのような作業のある時は、専ら作業着です。普通の方はご存じではないと思いますが、職種による色別けもあるんですよ。


『粋な男の作業着』という冊子があって、私はその中から選んでワークマンで取り寄せてもらっています。基本男性ものなので、丈を詰めたり、腰回りを直したり。自分では拘っているつもりですが、誰も興味をもってくれません。つまりは、個人情報レベルな訳です(笑)。

足利市 足利学校
今、最も訪れてみたい所が寄居町の善導寺。でも丸1日掛けないと自転車では行かれないので、今日は過日見逃した足利学校に行って参りました。当事務所より75キロの所にあります。


11244


1688年創建の『学校門』。噂には聞いておりましたが、銀杏が見事。この辺りは今が紅葉のようです。


11246


『足利学校遺蹟図書館』、1915年の建築です。一見、RC造と思いきや、レンガによる組積造。外壁は漆喰仕上げ。和洋折衷です。玄関ポーチに和の意匠が強く見られます。


11245


『足利学校』そのものは、1990年完成の復元です。この復元を主導されたのが、この1年私が聴講生として授業に参加している日本工業大学の波多野純教授です。


この周辺には時々自転車で来ますが、必ず利根川を渡らなければなりません。幾つも橋が架かっていますが、どれもこれもトラックが多くて怖いので、境大橋を渡って利根川CRを通ります。


11241


このS字を通る都度に、転んで骨折したことを否が応でも思い出します。多分、去年の今頃?


11242


この後、渡良瀬遊水地に出ます。左が渡良瀬川、右が思川。機会があれば、思川上流まで行ってみたいと思っておりましたが。来年への持ち越しですね。大好きな風景です。


そして、渡良瀬川CRを伝って行くと、足利到着。前回工事中で、散々道に迷いましたが、すっかり工事も終わり、走り易くなっていました。


11243


河川敷に牛が放たれていましたが、とっても不思議。見回しても、牛舎がありませんでした。どこから、来たの?


もう少し走れたらいいのですが、時間制限のある平日は150キロ止まり。でも以前に比べたら、随分楽に走れるようになりました。


自分の走れる距離と時間を考えながら、帰って来ました。7時に出発すれば、6時までには200キロは走れそうです。その後、暗い中を100キロ走れるかなぁ。3カ月後に300キロに挑戦したいけど、無理?

笑窪
小6の三女は兎に角お喋りです。朝から晩まで、ひとりでも喋っています。


親も3人目ともなると、ある程度勝手知ったる子育て。決して本人には言えませんが、雑な扱いにはなってしまいます。余程意思表示をしない限り、親の方もなかなか聞く耳を持ちませんので、その辺り本人もよく心得ています。


今日も学校から戻ると、しきりにクラスメートの話。


   娘: 「○○ちゃんのほっぺって、ぽこって屁っ込んで可愛いんだよ。」


小さい頃から私も笑窪が出来るので、笑いながら、

 
   私: 「私みたいに?」
 
   娘: 「全然違うけど…」

   私: 「これ、笑窪って言うの。」
 
   娘: 「お母さんのは、縦の皺だと思ってた!」

   私: 「縦の皺?????」


化粧台に猛ダッシュ。鏡を覗き込むと、娘の言い分が正しい! 


一体、いつから縦の皺になっちゃったんだろう(笑)?

素敵な人
四捨五入すると50ですから、平均寿命が50代だった戦前であれば、この命、風前の灯火なのですが… この年齢で、感動するような素敵な人との出会いがあるとは思っていませんでした。


お目に掛ったときは、明るくて、楽しくて… お話しをしてみると、温かくて、優しくて… 人を包み込むような優しさでした。


人と接することの多い仕事をしていますので、ほんの少しですが会話を通じて相手の人柄などは分かる年齢になってきています。唯、今まで会ったことのないような方でした。


素敵な笑顔の下に、どれほどの苦しみと、多くの悲しみを乗り越えてきたのだろうかと、初対面ながら何かそういうものを感じました。


その方から、とってもいい事を教えて頂きました。苦しい時や、行き詰った時に、空を見上げること。朝と晩に空を見上げるそうです。以来、私も真似をし続けています。


日々の中で、意識して空を見上げるということがありませんでした。清々しい気持ちになれます。


巡り会えた偶然に感謝しながら、これから、ずっと生活の中で空を見上げることを習慣にしていくことでしょう。

ちょっと、いい感じ
決して自転車遊びの間に仕事をしている訳でありません。仕事の合間に自転車遊びをしているので、誤解しないで下さいね。


今週の現場のご紹介です。築25年木造住宅のトイレの改修です。工事前です。


11191


縦方向が有効で1350でしたので、タンクレスなもの、段差も30ありましたので、バリアフリーを提案。便器は洗浄の手間が省けるというPanasonicの全自動おそうじトイレアラウーノを選択してみました。


ホテルのトイレみたいでしょ。ちょっと、いい感じに仕上がったつもりですが… 如何でしょうか?


11193


壁面はINAXの調湿効果のあるエコカラット。湿気のある部分にはお勧めの壁装材です。


続きを読む

岡安詩織の結婚式
報告が遅くなりましたが、しーちゃんが結婚しました。誰かというと、私のアシスタント業務をしてくれる大変有能な子です。


hana houseはミニミニ会社なので従業員を雇用する余裕はありませんが、仕事量の多いときや私が作業を行うより効率がいい場合は、彼女に助けてもらっています。


以前勤務していた会社の後輩ですが、かれこれ7年以上の付き合いになります。5年前に起業した際、事務的仕事の多くを担ってくれました。当社で使用しております書式は全て彼女が作成しています。


11171


もともと整った顔立ちをしていますので、ドレス姿はまるで女優。とってもいい結婚式でした。


私たちの頃はホテルでの結婚式が主流でしたが、今はこういう所が多いですね。ディズニーランドのようです。


11172


幸せそうなしーちゃんの姿を見ている内に、だんだん私も、ウェディングドレスを着たくなってしまいました。


     色が黒いから、白いドレスが引き立つだろうなぁ… 

     前を向くと驚かれるので、後ろ姿だけならいいかなぁ…


等々、式の間、自分のドレス姿を妄想してみました(笑)。これ以上、下らない事を言うと野次が飛ぶのでやめておいた方がよさそうですが、何度でも着てみたいものです。




南会津郡 大内宿
四季に合わせて楽しみたい風景があります。新緑の佐原、梅雨の潮来、晩秋の大内宿、雪の白川郷等々。


中原悟一級建築士が、大内宿ツーリングを計画されていましたので、参加させて頂きました。勿論、自転車です(笑)。


雲の上にお住まいのようなすごい方なんですよ。仕事上は大先輩。しかも、ツール・ド・ジャパンで優勝された経験をお持ちです。PCはばらばらにして組み立ててしまうし、お料理も達人ですし、睡眠時間は要らないみたいですし(笑)… 


後姿ですが、こちらが中原一級建築士です。


11153


この大先輩の作られた130キロコースにくっ付いて行きました。4日前に行った山梨県の野辺山はまだ秋でしたが、栃木県と福島県境の甲子高原は晩秋を通り越し初冬?


11151


途中立ち寄った紅葉が見事なはずの沼。一週間遅かったようです。夏が暑いと、葉は赤くならずに茶色になってしまうそうです。


11152


やっと見つけた葉の赤い木。この前で記念撮影などをしていたものですから、置いて行かれてしまい、少しの間迷子(笑)。


11154


観光名所の『塔のへつり』です。


11155


この周囲は、落ち葉の絨毯。


11156


かなり走って、漸くここが大内宿の最寄駅です。素敵な駅舎と、今回ご一緒下さった方々です。私を含め総勢7人。


11157


大内宿の入口。こんな上り坂が5キロも続きます。上り坂苦手ですが、上らないと大内宿に行けないので、我慢して上るしかありません。


11158


ここが、憧れの大内宿。私だけ初めてなので、修学旅行気分。


11159


全景です。


111510


大内宿から羽鳥湖に向かいましたが、途中の景色も素敵です。


111511


上り坂での休憩中に、記念撮影。


111512


向かって左の方が、福島県の自転車界のリーダーで、右の方が、ヒルクライム王。と、すごい方ばかり…


こんなすごい方が、風除けになってくださり、楽しみながら羽鳥湖到着。


111513


この後、木製吊橋を見学し、帰路は下り坂。


111514


日が暮れて真っ暗な中、300キロを平気で走ってしまうベテランが先導して下さって無事ゴール。ちょっと、つられて食べ過ぎ感はありましたが、とっても楽しい一日でした。みなさん、ありがとうございました。


行く道
当市、現在は春日部と表記されていますが、元来は粕壁。日光街道の宿場町・粕壁宿です。日光街道沿いには、古いお寺がいくつかあります。そのお寺の一つに、以前このような標語がありました。


        子ども叱るな、来た道じゃ
        年寄り嫌うな、行く道じゃ


感慨深い言葉です。この頃、随分子どもに手が掛らなくなってきました。と同時に、小さい文字が見づらくなってきて、否が応でも年齢を感じます。誰でもそうですが、確実に老化に向かっています。


徐々に身体機能が低下していきます。年齢に応じた住宅も必要になります。今の内から、少しずつ心積りをしておかなければならないことです。


お亡くなりになってしまいましたが、80歳代の単身女性の住まいです。


11121


身体機能の低下とともに、気力も低下するのでしょう。行く道を考えさせられる住まいです。


間もなく、この住宅を再生させる予定です。テーマは、ローコスト。只今、プランを作成中です。


平屋建2DKの全面改修です。時折、このブログ内でも紹介するつもりですので、楽しみにしていて下さい。

紅葉狩り
先週、紅葉を楽しもうと、多摩湖・狭山湖まで行きましたが、まだでした。なので、今日は足を伸ばし、所は野辺山。


と言うと、これを見てくれている仕事仲間から、宴席で必ず、


    しっかし、まったく…

    ばばぁ、てめぇ、いい加減にしろ!

    そんな暇あったら、仕事取って来い!


と、罵声が飛び交うこと必死なので、先に言い訳。


hana houseのお客さまの大半は埼玉県内ですが、過去に東京・神奈川・茨城・群馬でも工事を行っております。今回の工事現場は、長野県佐久市。


朝8時半に職人さんと打ち合わせをし、作業終了の夕刻まで、時間がたっぷりあるので、自転車を積んで行った訳です。ところが、打ち合わせに予想以上に時間を要したのと、作業終了がこれまた早かったので、正味4時間の自転車時間となってしまいました。


普段平らな所しか走らないので、憧れの坂道(笑)。埼玉県とは気温が違うので驚いてしまいました。11時に、この気温。真冬!


11111


1000mを超える高さの所を走るのは、初めて。


11113


途中、紅葉を楽しみ、野辺山到着。標高1300m。恐らく、出発地点の標高が700mくらいなので、私にしては上出来!


11116


ここで、八ヶ岳を眺めて、折り返し。


11115


仕事の合間を縫っての自転車遊びなので、携帯電話を気にしながらですが、それでも、70キロ走れて大満足。


やっぱり、自転車は楽しい! と、締め括れれば最高ですが、上り途中で段差に車輪を取られ、転倒したので体が痛い!


理不尽な事
世の中にはたくさんあります。


悪い事をした人の行為によって、悪いことをしていない人が、不愉快な思いをしたり、出費を強いられたり… 納得出来ないことが多々あります。


教育施設の職員用駐輪場。鍵を掛けてあったにも拘わらず、1か月の間に2台の自転車が無くなってしまったそうです。


11081


仕方無しに防御策として、こういうものを取り付けました。


11082


間口が5mもありますから、決して商品自体も安くはありません。しみじみ理不尽さを感じます。


2週間ほど前になりますが、私の事務所前に置いておいた胡蝶蘭の鉢がなくなってしまいました。7鉢あった内の5鉢です。そろそろ寒くなってきたので、中に入れようかと思った矢先のことでした。ものすごくショックでした。


事務所を開いたときに頂いたものです。お金で買えるものならまだしも、人の気持ちだけは絶対に買えません。この2年間、私にしてはこまめに手入れをしていたので、今でも残念です。


こういう形で手に入れた蘭が美しい花を咲かせると思うのでしょうかね。こういうことをする人の心理が全く理解できません。


昨年、花が小さかったので、今年は液肥もきちんと与えていました。ということは、私の手元にあった時よりも、もっと見事な花を咲かせるということ?


AKB48
私にはテレビを見るという習慣がありません。テレビそのものにも、かてて加えて芸能界なるものにも興味がないので、何度娘に説明されてもAKB48がよく分かりません。


現在、3女が夢中です。CDを購入すると、中に握手会の券が入っています。そんな面倒なものに付き合うのは嫌なのですが、一人でも行くと言い張ります。まさか、小学生を一人では行かせられませんので同行しました。


今回の会場は、当県が誇る屋内施設・埼玉スーパーアリーナ。


11071


実はこれで2回目。先月は東京競馬場まで行かされたのですが、なんと5時間も待って、結局握手出来ず終い。


2,3時間なら本でも読んで待てますが、5時間はちょっと… 券は1枚ですから、私は会場に入ることも出来ない訳です。前回の失敗を生かし、今回は車に自転車を積んで出掛けました。


小学生なので携帯電話を持たせていないので、綿密に帰りの打ち合わせをして入口で分かれ、私は待っている間、自転車遊び。


スーパーアリーナに駐車しておくと破産しそうなので、荒川沿いの公園に車を止め、目指すは奥多摩! 紅葉狩り。でも、時間的に無理なので、取り敢えず、多摩湖・狭山湖。


11072


車で何度か通ったことはありますが、立ち止って湖面を目にするのは初めて。さいたま市より20キロ強。意外と近いので驚きました。湖の周囲に、自転車道が整備されています。


11074


紅葉の話題が多いので、そのつもりで来たのですが、まだまだ旧緑。


11073


適度なアップダウンがあり、いい道です。問題は落ち葉。どの程度タイヤが滑るものなのか想像がつかないので、おっかなびっくり。転倒骨折だけは、2度としたくはありません。


多摩湖を3/4周して、次は狭山湖。


11075


あと2時間半ほどあるので、トトロの森に向かうつもりで道を確認していると、娘から電話。握手出来たから迎えに来てと言います。


    所沢にいるんだけど!


地図で最短の道を探して、猛ダッシュ。いつもは地図で黄色い道を探して走るのですが、こうなると緑色の道だろうが、赤い道だろうが走ってしまいます。トラック、怖いなんて言っていられません。母はトラックより強し?

おじさん
私の生まれ育った大田区大森に、当時界隈では有名な学習塾がありました。学習塾というより、寺小屋という表現の方が適切かもしれません。教室は畳に長机、授業中は正座。先生方が意のままに、得意なことを教えてくれました。


小学生の頃は、与謝野晶子や北原白秋の詩を諳んじたり、中学生の頃は、洋書を読んだり。『Read all about it!』という教材を中3で使っていましたが、大学時代に教科書としてその本に再会した時には驚きました。


小学生の時から通っておりましたが、その塾が大好きで、大学時代まで入り浸っておりました。先生方に連れられて、夏には、白馬の大雪渓を登ったり、冬にはスキーに行ったり。学年を越えての親交がありました。


その仲間と15年振りに会いました。昨晩は昭和38年、39年生まれの集まりで総勢5名。


大田区大森という所は、昔は東京湾沿いの漁師町。どっぷり下町人間なのに、1軒目のお店は銀座のスペイン料理。気取ったり、お洒落なお店が似合わないメンバーなので、なんとなく落ち着かず、早々に2軒目の居酒屋へ。


15年を経ていますが、話し出せば昔のまま。私はいくつになっても、おねえさんですが、みんなは50も近いので、すっかりおじさん


そのおじさんが集まって何をしているかというと…


11051


都内自転車生活をしているという、東大卒のかつての文学少年の自転車の外れたチェーン直し。内心、私の方が早く直せると思いつつ、油で手を汚すのが嫌だったので、私は知らん顔。


あっという間の楽しい時間を過ごし、終電がなくなるので、次回忘年会を約束し、ここで解散。


帰ろうと3人で日比谷線に乗ったまでは良かったのですが、何故か途中下車して、3軒目。今度は、ドイツ料理。2軒目で散々飲み食いしたにも拘わらず、ここでまた、真夜中なのにビールとザッハートルテを食した私。2人の呆れた視線は無視(笑)。


とっても楽しかったので、いい気になり飲み食いし過ぎて、体重は1.5キロの増加。おまけに2時間しか睡眠が取れなくて、今日一日激しい頭痛。こういう時はものすごく反省するのですが、嫌なことはすぐに忘れるいい性格なので、馬鹿な私はまた同じ事を繰り返します。




流行
10代の女の子の間では、このようなスニーカーが人気のようです。


11031


今日、文化の日がお誕生日の次女に、普段履くスニーカーが欲しいとせがまれ、靴屋さんに行きました。この種の背の高いスニーカーがずらりと並んでいました。


3娘の中で、足のサイズが最も小さいのが、次女です。小さいと言っても、25cmですので、なかなか気に入ったものが見つかりません。漸く、サイズがあったものがこれです。


サイズはこれでいいのですが、妙に幅が広いので、まるでスキー靴。もう少し小さく見えるものにすればいいのにと思いますが、これが流行なのだそうです。履けるものがあっただけ、良しとしなければなりません。


次女と商品を選んでいる間中、売り場をうろうろしていたのが、小6の三女。終始、いいなぁ、いいなぁ、いいなぁと呟いていました。


帰りの車の中で、何を言うのかと思ったら、


  今度、私にも靴買ってね。 この前、ワークマンにいいのがあった!


数日前に、仕事に必要なものを買いに行くのに三女を連れて行ったのです。どうも、作業靴コーナーで25.5cmの靴をチェックしていたようです。


ワークマンで娘の靴を買う母親の心中は複雑です。きっと、当の本人の方が、もっと複雑ですよね。小学生ですから、可愛い靴を履きたいでしょう。でも、25.5cmでは無理…


 

マンションリフォーム
戸建住宅と異なり、そのマンションの管理規約により、使用材料も工事の作業時間も限られます。


間もなく1歳になるお子様にアレルギーがあるため、和室を洋室に変更したいとのご要望があり、先週より工事を行っておりました。


マンションの場合、共用部分の養生から始めます。


11021


和室と洋室に変更する場合、畳を撤去して、フローリングにする訳ですが、その他の部分をどのようにするのかが問題になります。その他の部分とは、襖ですとか、床の間等です。予算があれば、一度すべてを撤去してと言う事になりますが、予算と工事の程度の折り合いはいつも一つのテーマになります。


こちらが工事前です。


11025


小さなお子さまがいての工事ですので、今回の私の提案はこんな感じです。


11024


大掛りな工事ではなく、床柱、廻縁、木枠を床材と同色に塗装してみました。油性のペンキを使用すると、長い間臭いが残りますので、今回は病院の内装に使用する塗料を使用しました。


11022


水性塗料ですので、油性ほどの強度はありませんが、事前にお客さまの了承を頂いて使用しました。


リフォームの場合、お客さまの目的と予算を明確にして、プランを立てます。いろいろ調べてみたり、仲間に情報をもらったりしながら、私の中で1番と思える提案をします。そういう自分の仕事を、いつも楽しいなぁ、って思っています。

続きを読む

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる