*All archives* |  *Admin*

2011/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
待ち時間…続
     仕事中にスキーなんて、信じられな~い!


このブログを見てくれている友人が呆れていましたが、時間は有効に使う事にしているので、馬耳東風(笑)。朝4時に起き、現場で使うものを車に積み込み、申し訳ない程度のスペースにこうやってスキーの板を載せる訳です。証拠写真。


01301


昨日の話ですが、現場8時到着、10時打ち合わせ終了。戻り時間は18時と職人さんに宣言し、目指すはここから100キロの野沢温泉。





先週までこの現場に泊り込んで作業をしてくれた富井健一大工さんと、紹介して下さった方にお目に掛かってお礼を伝えたかったのと、折角買ったスタッドレスタイヤで雪道走行をしてみたかったので、Let's go!


電話をして雪の状態を教えてもらって、所要時間は?


     高速ぶっ飛ばせば、1時間半!


との富井大工さんの言葉を、忠犬ハチ公のような私は真に受け、1時間半後に到着(笑)。以前ここで紹介した富井大工さんが経営するやまや山荘。ゴンドラ駅のすぐ傍です。


01302


そして、こちらが経営者の富井健一ご夫妻です。


01305


野沢菜と温泉とスキーで有名な、長野県下高井郡野沢温泉村。小さな村ですが、とってもいい所です。上越道・長野道が出来て、首都圏よりも大変行き易くなりました。


村のシンボル大湯。共同浴場です。


01304


夕食後は、人々で賑わうメインストリート。


01303


大学時代の3年間、御土産店で居候をし、スキー生活を満喫。富井大工さんは当時のスキーのコーチでしたので、勿論大変お世話になり、村の方々にもよくして頂きました。私にとっては、第二の故郷。ですので、以来数年に一度は訪れています。


昨日も旧知の久保田屋酒店に寄ると、美紀ちゃん泊っていきなよ! いつも、こうして温かい言葉を掛けてくれます。嬉しくて涙が出そうになってしまいました。


人々がとっても温かい村です。是非、行ってみて下さい。雪のない季節は温泉三昧、冬はスキー。宿泊は必ず、やまや山荘、御土産は桝屋商店、地酒は久保田屋酒店でお願いしま~す!


スキーの話は、次回です。


他人の生活痕
中古住宅を購入してリフォームする際に、他人の生活痕を何処まで許容するのかが、大きなポイントになります。


築年数で5年以上の場合、先ず、トイレですとかお風呂、キッチン等の所謂水廻り商品は多くの方が交換されます。商品自体のお値段は張りますが、工事そのものは大した問題ではありません。


最も困るのが、このような場合。


01271


勿論、程度にも拠りますが、この位になるとどうしても気になります。和室の柱の場合、あく洗いという塗装業者が行う手法がありますが、金額の割には奇麗になったという満足感が得られません。ですので、このように築20年を越える物件の場合、思い切ってペンキを塗ってしまうこともあります。


色や艶の程度は、お客さまのご希望に沿うようにしています。全体の雰囲気とバランスを考慮し、私の意見を差し挟むこともあります。


塗装の色見本です。こんなに沢山の色があるんですよ。マンセル表色に基づいています。


01272


今回の現場、ちょっと驚くような色を選んでみました。来週辺り、ご紹介出来ると思いますので、楽しみにしていて下さい。

亀井勝一郎
小林秀雄、和辻哲郎、丸山真男、西田幾太郎等、私と同世代の人の多くが高校時代に通っていると思います。自分の頭の程度を曝け出すようですが、この中で私にとって最も難解だったのが、亀井勝一郎。


高校時代の読書ですから、教科書などで出てきた折に、理解を深めるですとか広げるという意味で、代表作には必ず目を通す訳です。私が選んだのは『愛の無常について』。1回目、何も理解出来ず… 2回目、また何も理解出来ず… 3回目、途中で断念したような… そのまま30年。


お客さまから頂いたカレンダーの今月の言葉がこれ。


01251


目にする都度に、いい言葉だなぁと思います。ということは、亀井勝一郎はその著作の中で、こういう事を言っていたに違いありません。私が未熟過ぎて、何一つその意味する事を理解出来なかった、という結論。


数日前にAmazonで注文した本が、昨日届きました。


01253


昨晩少しだけ読みましたが、30年前とは受け止め方が異なります。1800円も費やしているので、何が何でも血肉にしようと、30年前とは根性も異なります(笑)。時には、こういう読書もいいかもしれません。


インフルエンザ
身体が丈夫なので、普段風邪をひくことはないのですが、流行に敏感なため、どうもインフルエンザには勝てません。大人になってから、これで3回目。この2日半、柄にもなく伏せっておりました(笑)。


過去2回は、子ども経由。一人が学校等で貰ってくると、次々に罹り、最後に症状が1番重いのが私というのが通常パターン。ですが、今回は最悪。私が発症第1号。しかも、次女の高校入試前日。


1番家の隅の部屋を使っている長女に部屋を明け渡すよう要求し、私はそこに引きこもり、何とか次女にだけは移さないよう母として最大限の努力。努力の甲斐あって、次女には移らずに済みました。が、三女にはしっかり移りってしまい、現在高熱のため昏々と眠り続けています。


子育てをしていると、こういう場面を何度か経験します。かれこれ10年前ですが、今でも時折思い出す出来事があります。乳幼児嘔吐下痢症に纏わる話。


あまり奇麗な話ではありませんが、笑って下さい。5歳の次女が最初に罹患し、何度も嘔吐を繰り返し、シーツ洗いと蒲団干しに追われること3日目。少し前まで元気だった7歳の長女が、突然嘔吐し、同じ症状。


すぐに病院に連れて行きたいものの、既に替えのシーツがないので、洗濯の終了するのを待って干してから、1歳の三女をおんぶして、二人の手を引き病院へ。この頃、母の気力は限界状態。


その晩、突然吐き気に襲われ、トイレに行こうと思った時、三女が私の隣で嘔吐し出した姿をみた瞬間、私は喉まで込み上げてきていたものを飲み下しました。本能です。母親って、すごいなぁと思います。


手の掛る時期が過ぎ去ろうとしている私の子育ての中での、想い出深い1シーンです。出産をして母親になるのではなく、こういう経験を積み重ねていって母親になるのだと私は思います。強くもなりますし、それでいいのだと思います。


類い稀なる気力と根性を持つ私。男だったら良かったのにね、と言われることもありますが、次に生まれる時も絶対女と決めています。子どもの数だけ、自分の人生が豊かになると思っていますので、来世は娘5人くらいがいいなぁ…

待ち時間
工事がある時は、職人さんが8時半より作業に掛かれるように、8時に打ち合わせのため現場に行きます。そして、作業の終了時には仕上がりの確認に必ず行きます。


朝はいいのですが、終了が意外とまちまち。1日作業の時は夕方行けばいいのですが、2,3時間で終わる時もあります。事務所に戻って、デスクワークが丸1時間出来るときは戻りますが、それ未満の場合は銀行等で所用を足したり、車の中で本を読むこともあります。その辺りは臨機応変。


年末で中断しておりました長野県佐久市の現場が今週より再開しています。昨日は、木工事の終了日でしたのと、来週からの仕上げ工事の各職人さんとの打ち合わせがありましたので、私も向かいました。


午前中に作業及び打ち合わせが終了し、残り1つの打ち合わせが5時。なので、この待ち時間を有効利用しない手はありませんので、こんな所に行っていきました(笑)。


01212


日本唯一の高速道路直結スキー場パラダ。現場より2キロ。このエスカレーターを上るとスキー場です。


ゲレンデ構成は、南面と北面。南面はこのように滑走がやっとの状態。


01214


山頂から見る浅間山。


01216


北面、決して雪質は悪くはありませんが、アイスバーンの上に雪が3cmほど載っている状態ですので、きちんとエッジと立てた滑りが出来ないと、体中痣だらけになると思います。


平日でしたので、貸し切りです。このパラダ唯一の中斜面を使って、この日はスピードトレーニング(笑)。と、また年甲斐もなく馬鹿なことをしてきました。


01215


どうも骨折して以来、自転車での下りが怖くなってしまいました。以前は全く気にならなかったのですが、50キロ後半なると、怖~い! ですので、スキーで克服しよう! 


スキーですと70キロ台は平気なのは、やはりキャリアの違いですね。転ぶ心配もないので、リラックスして楽しめます。貸し切り状態のゲレンデで3時間、20本くらいでしょうか。その後、現場に戻ると木工事終了でこんな感じです。


01213


日中の室内温度が0度ですので、ジェットヒターを焚かないと、糊、ボンドが凍ってしまうそうです。来週、塗装工事、クロス工事となります。建具、畳がまだなので、完成は来月中旬。


これが、工事前ですので、比較してみて下さい。


01211


中年三人組
hana houseは2月が決算月です。事前打ち合わせに、今日、友人の中村百合野税理士が事務所を訪れてくれました。立ち上げ時より、経理を担当してもらっています。


20年来の友人ですが、お互いに仕事をしていますので、なかなか会えません。ですから、こうして会えた時は楽しくお喋りをしながら、打ち合わせをします。


金銭の出入りを確認する作業の中で、私が領収書をまとめているノートを初めて見て、中村税理士が一言。


     げぇ~ こういう性格だったの!


人前ではなるべく出さないようにしていますが、実は細かくて神経質な面を持っています。そう見えないでしょ!いい部分とは思っていないので、隠しています(笑)。ですが、見つかってしまいました。領収書などは毎月きちんと整理しないと気が済みませんし、ノートに貼る時も縦横綺麗に並んでいないと嫌なのです。


大雑把そうで神経質な私と、細かそうでそうでもない中村税理士は対照的なので、均衡が取れているのでしょう。


今日は、領収書は1年分段ボールに入れて最後に整理するという大らかな上田友季子司法書士も合流して、3人でランチ。テレビで紹介されたこともある、市内でも有名なお蕎麦屋さんに行きました。


01192


店構えもなかなか素敵で、藤色のうどんが売りです。樹齢1200を越える藤の木があることことから、藤の町・春日部ということになっています。


その藤色のうどんをここで紹介するはずが、中年三人組、話に夢中になり過ぎてすっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。


三人の写真をお店の人に撮ってもらおう、などと言っておきながら、これまた話に夢中ですっかり忘れました。


01191


ですので、中年二人組。右が中村税理士、左が上田司法書士。最年少の私は、中年じゃないのかもしれません(笑)。


浦和という町
中山道・浦和宿、埼玉県の県庁所在地です。商業都市としては、現在は大宮が1番ですので、少々影の薄い町になってしまっています。


当県、電車での東西アクセスが良くないもので、行く時は車ですが、この頃は専ら私は自転車です。23キロですので、渋滞を考慮して車でも1時間以上みますので、1時間15分の自転車の方が正確に時間を読む事が出来ます。


研修会やら、書籍の購入やらで、3カ月に一回は行くのが、この埼玉建産連センター。


01172


旧建設省の外郭団体が、沢山入っています。


01171


今日私が訪れたのは、㈳埼玉建築士会と㈳埼玉県建築士事務所協会。それほど時間が掛らなかったので、折角なので、またまた寄り道。


先ずはここからすぐの、以前ここでも紹介しました富野工務店の現場。どの程度工事が進んでいるのか、楽しみにしていました。


温水式床暖房の施工が終了したところ。


01174


断熱材は古紙を使ったセルロースファイバー。やや金額が張りますが、環境面と断熱性能を考えるとお勧めの商品です。さすが、富野工務店!



01173


私が浦和に行くと必ず立ち寄るお店が2軒あります。娘たちもお土産を楽しみにしています。


1軒目、あんみつの材料を売っている水嶋商店。セットでもバラでも買うことが出来ます。今日は、葛餅とあんみつセットを購入。


01176


2軒目、おでんの具材の専門店。ここですべて作っています。美味しさは格別。


01175


見ていると全種類食べたくなって、破産しそうなほど買ってしまいました。お給料日までのあと3日、我が家はTKB(笑)。


新旧の入り混じった町・浦和。いい所ですので、機会がありましたら、是非訪れてみて下さい。

秩父市 三峯神社
由緒は大変古く、日本武尊がこの地を訪れたことから始まります。現在、当県一のパワースポットとして人気があります。


昨年GWにここを訪れた仕事仲間が、その後いい循環が生まれるようになったと自慢していましたので、ずっと気になっていました(笑)。


念願叶って、漸く今日訪れることが出来ました。車でも自転車でも130キロの所にあります。


01166


拝殿です。漆塗極彩色と丸柱がこの神社の特徴です。水舎も同様。


01167


ちょうど、豆いりの神事を行っておりまして、三女は飛び入り参加。


01165


2時半頃に到着しましたが、今日の寒さは格別。標高1,000mの所にありますので、この時刻に-4℃。小雪が舞い、周りの山々はこんな感じ。


011610

久し振りに車で移動しましたが、容易に止められる自転車と比べると不便なものです。景色を楽しもうとしても、写真を撮ろうとしても、駐車スペースを考えなければなりません。やっと止められた秩父湖。


01168


埼玉一の景勝地、長瀞の岩畳です。


01169


あまりの寒さに誰もいませんでした(笑)。やっぱり、こんな日に自転車に乗っている人もいませんでした。


実は今日、ここまで自転車で来ようと思っていました。思っただけではなく、3時半に事務所を出発しました。


超ド級の寒波とは全く知らず、距離から所要時間を逆算して、出発はこの時間。少し前から計画をしていたので、完全な夜間走行装備。ひとりなので、ヘルメットにもライトを付け、ライトの替えの電池も2種類持ち…


出発時間には、まだ雪は降っていませんでした。


01161


20キロほど行った上尾で雪が降ってきて、だんだん強くなってきて、更に5キロの桶川で積り出して来て… どうしよう? 日の出の頃から晴天になることは分かっていたので、ファミレスで止むのを待とうか、と立ち寄ったコンビニでと考えている内に、どんどん積ってきて…


ふと「秩父なんて、凍っていて危ないから止めた方がいい。」との昨日の友人の言葉を思い出し、やっぱり戻ろう!


年に2、3回しか雪の降らない埼玉なのに、復路の路面はこういう状態。雪国じゃないんだから、私が自転車の日に、こんなに振らないでよ!


01162


夜明け前に、路面がキラキラ光り出したので、怖いのなんのって。超のろのろ運転で30キロ走って戻ってきて、タイヤを見るとこうなっていました。


01163


初の雪中走行。緊張しました。でも、初めてって、やっぱりいいですね。学びが沢山あります。氷点下ですと、手袋を2重にしてもまだ寒いことも、体が冷え切ると、2時間暖房器具の前にいても温かくならないことも知りました。世の中、まだまだ知らないことだらけ(笑)。


三峯神社行き、本日自転車の部では挫折。でも、めげずに車で出直すところが私らしいでしょ! 来週入試の次女の合格祈願を自転車遊びの大義名分にして出掛けましたので、行かない訳にはいきません。口にしたことは守らないと…



また折を見て挑戦してみたいと思います。神社前20キロのワインディングロード、上れたらいいなぁ。




強制退部!?
   そんなこと、言わないでくださ~い!


勿論、冗談だとは思いますが、年明け早々、所属する卓球クラブの先輩から電話がありました。この半年、試合だけは出ていましたが、週2回の練習には殆ど出ていませんでした。練習後に新年会があるというので、強制参加の命令。


いつもの練習は、市の武道館。


01141


日頃の運動不足の解消に、入部したのが5年前。武里ママさんクラブという名称に魅かれて入部したものの、実は武里ばぁさんクラブでした。と、いうお話は以前にしました。


最年少が46歳の私。すぐ上の先輩が50半ば、平均は60代半ば。と、超高齢クラブ。近頃、クラブ名称も武里クラブに変更しました。クラブ最大の悩みは、部員が増えないこと。これは、私にとっても1番の悩み。過去市内で1番強いクラブでしたので、厳しい年功序列の世界。いつまで経っても、私は台出しと、モップ掃除係。


久し振りに参加しましたので、お姉さま方と練習後、掃除をしながらの楽しいひと時。


01144


卓球というと、どうしても暗いイメージがありますが、今やウエアなども大変お洒落になりました。なので、誰か入部して~!


どう見ても、敬老会か? 高砂会か?という感じの新年会。部員数30、皆さんとっても楽しい方ばかり。ひよこだ、娘だ、嫁だと言って、私のことを可愛がって下さいます。


01142


最年長のお姉さま方。1番の大お姉さまは、昭和8年生まれです。


01143


呼ばれて行ってみると、会話の内容は、頭に付ける白い三角形。


   阿部ちゃん、もうすぐだから私たちの事、ちゃんと見送ってよね!


と言われ、返答に困る私。勿論、お世話になっている方々ですので、お見送りはきちんとしますが、皆さん見送った後、私を見送ってくれる人、いないじゃないですかぁ…


どたばた劇
日曜日の晩に、1週間の娘たちの予定の確認はするのですが、正直なところ、結構忘れます。ですので、私は当てにせず、自分で何でもするようにと言っています。


今日の午後になって、ふと思い出したのが、高校への出願が明日だということ。そうでした、私は高校受験生の母でした。と、いつもこんな調子。


夕方、学校から戻った次女を捕まえ、願書を含め書類は揃っているかと尋ねると、写真がないと言う。


     何で、早く言わないの~!


どうも私がちゃんと聞いていなかったようです。押し問答をしていても埒が明かないので、写真屋さんに行かせました。


戻った来たところで、明日出願で学校遅れるって担任の先生に伝えてきたの? と尋ねると、答えはNo。


仕方がないので、中学校に電話を入れ、その旨を伝えると、


  先生: お家の方が行かれないのですか?

  私 : 本人が行くのではないのですか?

  先生: 行かれない場合を除いて、基本はお家の方ですが…

  私 : だって、高校に進学するの、私ではなく娘ですよ。

  先生: でも、基本…


郷に入っては郷に従うように、と友人に釘を刺されているので、ここで黙りました。どうして、高校の出願に親が行くのか、私には理解出来ません。義務教育ではない訳ですから。


3娘を通して見る学校の世界、今や何でも親掛かり。実社会と遊離した別社会です。


大学を卒業しても、就職がないこの時世に求められているものは、自ら考え行動する力。自分は何がしたいのか、自分に出来ることは何か。こういう事を自問自答する力が求められていることを、学校という別世界は理解出来ていないと思わざるを得ません。


と、一人文句を言ってみても、どうにもならないので、明日娘に代わって願書を出しに行ってきます。



いいなぁ…
納戸を、書庫兼書斎に改修する工事を行っておりました。


01121


間口が心々で1520、奥行3640ですので、室形状としては所謂、鰻の寝床。商品の選定にあたっての留意点は、収納の奥行き。加えて、所持されている蔵書数。特殊なお仕事をされているので、その数、半端ではありません。


今回私がお勧めしたのは、大建工業のMiSEL。商品部材数が多いのがポイントです。


こんな感じに仕上がりました。ダウンライトは、勿論LED。


01122


いいなぁ! いいなぁ! いいなぁ! こんな書斎が自宅にあったらいいですよね。羨ましいの一言です。


お客さまにこういう提案するのに、当の私は自宅に書斎がありません。書籍、机等、全てを事務所に置いてしまっているので、自宅ではダイニングテーブルが勉強机。娘たちが独立したら、空いた部屋をこういう書斎に改修する予定です(笑)。


ブルベ…静岡200
何も静岡まで行かなくてもブルベというのは各地であるのですが… 日程がどうしても合わなかったので、片道300キロを運転して参加してきてしまいました。


01097


200キロを自転車で走るために、300キロ運転なんて、自転車に乗らない方は恐らく絶句(笑)。でも、とっても楽しいんですよ。


スタート地点は、袋井市原野谷川親水公園。7時半に出発し、ここから200キロ、周辺を走る訳です。


01091


昨年はたった1枚しか写真を撮る余裕がありませんでしたが、今年は静岡らしい風景を撮ることが出来ました。


教科書で目にした茶畑です。へぇ~教科書みたい(笑)。


01092


河川敷の広さに驚きました。大井川です。


01096


『水道橋』という名称のユニークな橋。


01095


駿河湾。真っ青な空。写真では分かりませんが、驚くほどの強風。


010911


霞んでいて分かりづらいのですが、左手に富士山です。


010912


見たことない風景を自転車に乗りながら楽しむのって、最高です。


今回のコース、前半100キロが結構なアップダウン。後半は平地ですが、駿河湾沿いを走るので、何しろ風が強くて吃驚でした。


前半の山坂の半分はこんな道。ロードバイクで上る道じゃない!


01093


下りなんて、枯れ葉もいっぱい落ちているし、おまけに枝も… 登坂苦手なので、下りで時間を稼ぎたいのにこれでは、無理。転ばないようにするのが精一杯でした。


01094


街中の途中も、こんな地下通路を通ったり、


01098


と、面白いブルベコースでした。


コース上に、こんな素敵なお食事処。お腹がはち切れそうな程、食べました。


01099


いつものことですが、コンビニに寄る都度、間食。ハーゲンダッツを2つ、エクレア1つ、最後にチョコレート(笑)。


010910


吃驚仰天! 昨日200キロも走ったのに、今朝体重計に乗ったら、1キロも増えていました。どうしよう~!


ブルベ時間は12時間13分でしたが、平均22.6キロで、実走9時間を切っているので上出来。いろいろ食べられて、海に寄り道も出来て、内容盛り沢山のブルベでした。


スタッフの皆さま、大変お世話になりました。来年? 風が強いから、多分行きません。根性ないので、暑さと強風が大嫌いなんです(笑)。




続きを読む

ブルべの準備
ブルべって? 自転車のイベントの一つです。制限時間内に距離を走るもので、順位を競うものではありません。


200キロ、300キロ、400キロ、600キロ、1,000キロとあります。


最初私も、自転車でそんな距離? なんて思いましたが、昨年ロードバイクに乗り始めて半年の私でも200キロは走れるようになりました。


来月末に300キロに挑戦したいので、今週末200キロのブルべに参加します。と、そんな訳で準備をしてみました。


01061


マップホルダーを取り付けるために、大先輩から戴いたライトとサイクルコンピューターの位置を変え、ああでもない、こうでもない、と孤軍奮闘。日頃、建築工具に慣れている私は、決してこういうの嫌いではありません(笑)。


キュ―シート(専用地図)がもっと小さく出来ればいいのですが、何だかこの頃目の調子が良くない私には、この大きさが限界!


いつも自転車屋さんにお願いしていたのですが、パンク修理の練習も兼ねて初めてタイヤ交換を自分でしてみました。なーんだ、簡単!


01062


昨年秋頃より、苦手な山坂練習をしてきて随分苦ではなくなってきたものの、何故か背中が痛くなります。なので、少しでもいい条件で走しれるように、高性能タイヤを取り付けてみました(笑)。


準備だけは万端。海沿いを走るので、風が強くないといいなぁ…





ブログの内容について
hana houseのHP立ち上げの際に、先行して私自身の仕事に対しての姿勢や人間性が伝えられたらと思い始めた当ブログ。


今では、私自身が思っていた以上の方々に見て頂いているようです。お客さまは勿論、取引業者さま、友人、知人、娘たちの学校関係者、自転車の仲間、等々。海外にいる日本人留学生も見てくれていることも知っています(笑)。


万人に分かる内容が提供出来たらいいのですが、そんなことは私の力量では到底無理。残念なことに、分かり易く表現する程度の能力しか持ち合わせていません。


          家のこと、あれこれ考えるのが大好きな私が、
    一級建築士として、主婦として、母親として、雑言を交えお伝えします。



サブタイトルですが、この通りに日常をありのままに、今後もお伝えしたいと思います。日々飛び回っている私ですので、ブログネタが尽きることはないのですが、この程度の更新が精一杯です。


仕事にリンクした実名ブログですので、無責任な発言はしていないつもりです。万事において、十人十色という考えに立脚しての私の思う事、考える事。


年齢の割には、固定概念に捕らわれない物の考え方、ストレートな表現等、見て下さる方を驚かせることもあるかもしれません。まぁ、そんな時も、私らしいと笑って解釈して頂ければと思っております。


webの世界では、communicatoinは常にone wayですが、人間である阿部美紀は常にtwo waysを望んでおります。ですので、このブログを見て、また馬鹿なことやってる!って笑っている人は、住宅改修工事の際は当社に注文をしないといけません(笑)。


仕事始め
      あけましておめでとうございます


01042


hana houseは、毎年4日を仕事始めとしております。今年で5回目となりますが、すべてのお客さまにお年始の挨拶に伺っております。


       そろそろ来るかと思った!

       お正月らしいから、ずっと続けてね。

       今年は随分地味ね。


等々、いろいろなお言葉を頂きました。初年度はクラブのママに間違えられたりもしましたが、こうして5回目ともなると4日=私と思って下っていることを大変嬉しく思います。


便利な世の中になり、お正月という意識が希薄になりました。ある意味、大変残念なことだと思っております。お正月はお正月らしく、日本人は日本人らしく… 日本の文化・伝統をもっと大切にして後世に伝えていかないと、と個人的に思っております。


仰々しいことを言っても大したことは勿論出来ません。無理せず気負わず出来ること。幼少時10年程日本舞踊を習っていた私は、着物を長時間着ることに抵抗がありません。ですので、仕事始めの今日だけは正装です(笑)。


01041


お客さま最優先の日ですが、日頃お世話になっている市役所建築指導課にご挨拶に伺うこともあります。時間の関係で越谷市役所には寄れませんでしたが、こちらには伺うことが出来ました。


仕事以外取り柄のない人間ですので、今年一年、更にいい仕事が出来るように努力して参りたいと思います。


       今年も宜しくお願いいたします

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる