*All archives* |  *Admin*

2011/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
『大芦渓谷』紅葉狩りツーリング
先月末に、友人と千曲川周辺を楽しんで以来、1カ月以上自転車に乗ることが出来ませんでした。骨折期間は別として、こんなに長い間乗らなかったのは初めて。毎日、事務所で目にしては、


          自転車が、腐りそう…


そんな折、4月の宇都宮ブルベでお世話になった方から、このツアーの連絡を頂きましたので、今日は栃木県まで遠征してきました(笑)。


ブルベというのは自転車のイベントで長距離を走るもの。200キロ、300キロ、400キロ、600キロ、1200キロとありますが、私はまだ200キロと300キロにしか参加したことがありません。200キロは一人でも何とかなりますが、300キロは友人が一緒でないと私には絶対無理な距離です。


参加しま~す! なんて返事はしたものの、実は今朝になって急に不安。よくよく考えたら、今日参加される方々は600キロとか1200キロライダーなはず。恐らく、私とは走るペースが違うので、道々大丈夫かな、私?状態。集合場所は、宇都宮森林公園。


10301


総勢8名。普段と違って緊張している私(笑)。この中に、ブルベの世界で超人と言われている方もいらっしゃいます。どういう超人かと言いますと、600キロという物凄い距離を、なんとママチャリで走ってしまうのです。ママチャリですよ! ママチャリ! ロードバイクだから、私でも200キロを走ることが出来ますが、多分ママチャリなら6キロも無理でしょうね。


レベルも違う上、1カ月も走っていないので、どうなることやら… 来てしまったからには、最大限迷惑を掛けないよう努力するしかない!


古峰神社の一の鳥居。ここまでは何とか。


10302


この道をまっすぐ行くと、15%くらいの勾配が数キロ続くそうです。そんなの私には、無理、無理。なので、緩やかなコースへ。


10304


栃木県らしい穏やかな景色ですが、ちっとも緩やかなコースではありませんでした。道路にわっかマークどころではなく、コンクリート舗装が洗濯板状になっている私が過去に上ったことのないような勾配の坂道。間違いなく、10%以上の勾配。何度か皆さんをお待たせしてしまいました。


途中、震災の被害かと思いきや、この前の台風の被害だそうです。


10303


急な坂は苦手ですが、私はこういう悪路は平気。仕事も自転車も大先輩の中原悟一級建築士に、草地も砂利道も鍛えて貰っていますので(笑)。


道路状況が良くなく、パンクの連続。厳密には、連続ではなく、前後輪同時パンク。こういう事もあるんですね。


10305


パンク修理中、私は役立たずなので、写真を撮って遊んでいました。


10306


途中のがけ崩れ現場。自然の恐ろしさをまざまざと感じます。


10308


勾配はきつい所もありますが、路面状況が良ければ、結構自転車を楽しめるコースです。


10307


絶景ポイントにも連れて行ってもらいました。やはりこういうのは、地元の方ならでは。


10309


奥日光の山々です。写真左の後方の山が、先週登った日光男体山。


お蕎麦の美味しいお店も案内して頂きました。またすぐに食べてしまったので、いつもの如く写真はありません。


103010


8時集合、3時解散。走行距離80キロ。大変楽しいコースでした。栃木県は、子どもたちが小さい頃より度々訪れておりますが、本当にいい所です。自然にも恵まれ、世界遺産をはじめ観光名所もたくさん、おまけにお蕎麦も餃子も美味しいし、東京からも遠くはありません。1番住みいい県かもしれません。


山川さんをはじめ皆さん、今日はすっかりお世話になりました。1回くらいママチャリで挑戦してみようかな、200(笑)。


非日常
これは何かと言いますと… ヘリの格納庫。


10298


ここは何処かと言いますと… 栃木県下壬生町の獨協医科大学。


102913


日本に29台しかないドクター・ヘリの1台です。年間400回ほど、出動するそうです。最多で1日6回。


10293


普通は見学出来ない代物のはずです。


コックピット内部。まるで、トップガン。歳がばれる発言(笑)。


10295


後部の処置スペース。


102910


ストレッチャーはこうして入れるそうです。


102912


ヘリコプターの場合は何と言うのでしょうか? 尾翼? ポケモンみたい…


10299


本日、娘の高校のPTA活動として、医科大学見学に参加してきました。大学や病院内部の見学をさせて頂きましたが、私はすっかり、このドクター・ヘリの虜になってしまいました。うちの娘たち、医学部に行く頭脳は持ち合わせていませんが、体躯には恵まれていますので、誰か一人パイロットにならないかなぁ…


医科大を見学する機会などはありませんので、これ以外にも驚くことだらけ。


10291


図書館に並べられた新着雑誌。


        ざっ、ざっ、雑誌なのに、ごっ、ごっ、5,000円!


というものありました。専門雑誌ですからね。


        獨協医科大ではPETも診察してくれるんだ~!


10292


と、思考が浅薄な私。PETとは、最先端医療のことだそうです(笑)。ここでも一つ勉強になりました。おまけに、お値段を伺って吃驚仰天! 


たくさん知らない事を知って、得した気分で帰ってきました。皆さん、大変お世話になりました。今日もまた、楽しい1日でした。



36時間
部活の朝練に行くために5時半過ぎに起きる三女に合わせて、私の朝も始まります。早朝の家事から、1日があっという間に終わってしまいます。1日が24時間ではなくて、36時間あったらいいなぁ、といつも思います。


24時間ですと、どうしても時間に追われ、やりたいことが思うように出来なかったりします。3人の子どもの世話と仕事とで、1日はこれで終わり。ですので、36時間あったら、生活にゆとりが出来るのではないかと思ってしまいます。


今、どうしてもしたいことがあって、この頃睡眠時間を4時間にしていたら、流石に頭が朦朧としてきて、昨晩は12時前に布団に入ってしまいました。それは何かと言いますと、これ。


09133


数年振りに、娘たちからセーターをせがまれ、先月買い込んだ毛糸。早く作らないと、冬になってしまいます。なのに、この1カ月に出来上がったのが、セーターとお揃いの帽子だけ…


10271


二人分を作るのは、既に諦めましたが、なんとしても長女の分だけは作って、来春には持たせてやりたいと思っています。老眼に負けず、頑張らないと(笑)。いつになったら完成するのか、とっても不安。


新年の準備
印刷屋さんから電話が掛かって来て、カレンダー、決まりましたか?


そうだった! そうだった! 確か案内が来ていたはず… 10月も間もなく終わりですから、新年の準備をする時期になりました。


昨年までのカレンダーは、リビングに掛けて頂けるようにと、風景写真のものにしていましたが、今年は印刷屋さんの勧めでこれにしたのです。


12172


私は、ちょっと派手だと思いましたが、印刷屋さんは私らしいと言っていました。


            私 = 派手???


と、やや疑問の残る選択でしたが、このカレンダー、お客さまには好評でした。予定が書き込めるのと、暦が入っているのと、お部屋が華やぐのがいいと言って頂けました。


今夕、お伺いしましたお客さま宅では、玄関ホールに掛けて下さっています。


10251


何でもそうですが、喜んで頂けるのが1番。ということで、芸の無い私は、来年もこのカレンダーにしてしまいました(笑)。昨年は余分がありましたが、今年はお客さま数が増えておりますので、恐らく残りは少々となります。ご希望の方、いらっしゃいましたらお早めにお声掛け下さい。





日光男体山登拝
長女が急に山登りがしてみたいと言い出しました。子育ての中で、私が経験してきた事は娘たちにもと常に思ってきましたが、何故か山登りだけは連れて行ったことがありませんでした。身の危険を伴う事に加え、私自身にも自信がないからでしょうね。


スキーは三女が2歳になった時から、毎年連れて行っていました。それは、大概の斜面であれば滑ることが出来、小学生の低学年くらいであれば、おんぶして滑って下りてくる自信があるから。


山登りに関しては、長女が生まれる前まで、年に1,2回は行っていましたが、単独登山の経験はないし、常にベテランが一緒の時だけ。最後に登ったのが乗鞍岳。ちょうど20年前の話です。


もう長女も18歳。何かあれば携帯が助けてくれる時代になりました。ならば、行ってみよう! と、いうことになり、今日日光男体山に行って参りました。私自身が、高校2年生の時に登った山で、ここ春日部からも東北道で2時間もあれば行かれます。



清滝ICで下りて、いろは坂を通り中禅寺湖へ。途中のいろは坂から見た、朝6時台の雲海。


10231


日光男体山は、二荒山神社のご神体ですので、登山と言わず、登拝と言います。中禅寺湖畔にあります二荒山神社。


10232


ここが、登拝口。


10233


登拝口の標高が1200m。男体山が2486mですので、結構な登り。運動神経の悪い長女と、2カ月前に2度と山登りをしないと断言した三女を伴っての登山。どうなることやら…


自分で山登りがしたいと言ったのに、既に二合目付近で遅れだす長女。


10234


文句ばかり(笑)。初めてなのに、こんな急な山に連れてくる私が悪いと、今日一日何度口にしたか分かりません。普通は、ハイキングから始めるものだとか、なんだかんだ。


五合目からの中禅寺湖です。


10235


この日光男体山、六合目から八合目までガレ場が続きます。


10237


こんなはずじゃなかった! 私の30年前の記憶では、登り易いイメージだったのですが…


またまた遅れて、文句ばかりの長女。


10236


今度は何を言い出すかと思いきや、


    私は引き篭もりなんだから、体力のないの分かってるでしょ!


この開き直りに、三女と共に噴き出して、大爆笑。


山頂1番乗りは三女。この夏、ちょっとした山登りを経験させましたら、2度と山登りはしないと言っていたものの、部活の成果でしょう。随分体力が付いたようです。


10239


この山の頂には、神様が鎮座しております。


102310


もう少しお天気が良ければ、真向かいに富士山が望めるはずなのですが…


10238


文句を言いながら、初登山でこの山を登り切った二人には、親ながら感服。とってもいい一日でした。次は何処に行こうかなぁ。




オートクチュール
     月末に、パーティに招待されたので、イヴニングドレスを…


一応女性ですので、こんな台詞を一度でも言ってみたいものです(笑)。そういう場面とは無縁な私ですので、正直に訂正すると、


     月末から、期間の長い現場が始まるので、作業着を…


これが正解です。オートクチュールというよりも、プレタポルテを私に合うようにかなり手を加えてもらうのです。追加の費用が掛かるので、気分はオートクチュール(笑)。お願いするお店は、シャネルではなく、いつものここ。


10191


作業着は基本男性物。店内に女性物も多少はありますが、ちっともお洒落ではありません。ですので、私はワークマンでカタログを借りてきて、注文をします。


これが意外と大変なんです。男性物は大抵2タック。女性が2タックを履くと、体型が異なるので、かぼちゃパンツみたいになります。素材と色を見ながら、ノータックでSサイズのあるものを探さないとなりません。やっと探しても、丈詰めは勿論、必要であれば腰回りを直してもらったりと、色々手を加えてもらっていると、オートクチュール並みのお値段になってしまいます。


10192


カタログをパラパラめくっている内に、面白いもの発見。写真左の安全靴。ちょっと、お洒落! でも安全マークが付いているから、普段は履けないかなぁ… 


ワークマンの今月のテーマは、防寒軽暖。12階建の屋上での仕事になるので、防寒対策は必至。と言い訳をしておいて、明日女性サイズがあるか確認してみよう(笑)。


憧れ
絵の巧い人、歌の上手な人、ピアノの弾ける人に巡り会うと、純粋にいいなぁ… 羨ましいなぁ… と思います。ある程度の知識などというものは、時間と努力を積み重ねれば何とかなるものですが、芸術的感性というものだけは、後天的に身に付くものではないと思っています。


芸術なものとは無縁の生活の中で育った私は、学生時代、友人の描く絵に鳥肌が立つのほど感動を覚えた事があります。2回。今でもその記憶は鮮明です。


一人は、中学校の同級生。理科の実験で顕微鏡を覗きながら、見ているものをスケッチするいう作業の中で、その友人が描いた細胞があまりにも正確で美しかったのです。感動してしまいました。


よく学校帰りに鴬谷の彼女の家に遊びに行きました。お父さまが女子美のデッサンの教授で、芸術一家。その頃、彼女のお兄さまは千葉大の映像学科の学生で、今流にいうと超イケメン。頭もよくて、お洒落で、妹の面倒見もよく、私も随分可愛がってもらいました。夏に伊豆半島に海水浴にも連れて行ってくれました。


私の友人は、美術の道には進まず薬剤師になりましたが、よく遊んでくれたお兄さまは、今では日本のタイポグラフィの第一者として名高い小泉 均氏です。


もう一人は、大学時代の友人。キャンパスでスケッチしている絵を覗きこませてもらった時の、彼の描く線の優しさが印象的でした。New York在住の新田 和繁(Kazu Nitta)氏です。以前、ここでもご紹介したことがあります。


現在、イラストレーターとして色々な画材を使って素敵な作品を描いておりますが、私が実際に知っているのは彼の鉛筆のみのスケッチ。今でも私の心の中に残っているイメージの作品がYouTubeにアップされていましたので、Ave Mariaと共にお楽しみ下さい。来年は日本での個展もあるようなので、楽しみにしています。






OB会
1年振りの夜の銀座です。埼玉在住20年となり、生粋の江戸っ子だった私にとって、今や東京は遠い所になりました。行きは良い良い、帰りが面倒(笑)。


10151


昨晩は大学時代の競技スキーのOB会。毎年1回この時期に集まります。遠いと思いながらも、仲間と会えることを楽しみにしている自分がいます。


子どもに手が掛かる時期は参加出来ませんでしたが、私達昭和30年代後半組も子育ても一段落し、多くが集まるようになりました。


今更ながらですが、スキーって面白いスポーツだと思います。シーズン中、長期間合宿生活をします。その期間、朝から晩まで男女分け隔てなく生活しますので、みな兄弟みたいな感覚です。先輩後輩こそはありますが、集まればワイワイガヤガヤ、昔から男女という意識は全く無し。


毎年、現役学生を含めて、期ごとに自己紹介をしますが、こんな年齢になっても、一気飲みなんて馬鹿みたいなこと平気でしていますから… 笑ってしまいます。


New Yorkにいる友達に同期で撮った写真を送ろうと思っていたのに、先輩方が乱入しこのあり様です。


10152


元々身体を動かすことの好きな人間の集まりですので、現在もみな其々スポーツを楽しんでいます。スキーはもちろんですが、その他にマラソン、登山。ロードバイクは私しかいませんでした。大変驚いたのが、長距離マラソンに挑戦している50代の先輩。100キロも走れるんですって! 毎日、皇居の周りを走っているとかで、


         美紀、おまえも来い! 一緒に走るぞ!


と命令されましたが、私は、あっかんべー! 走るのも嫌いではないので、そんなことまでやりだすと、トライアスロンに挑戦するとか言い出しそうな私がいるので止めておきます。冗談です、私泳ぐの苦手だから。



20年振りに1年上の先輩が参加されました。四半世紀前は女子大生だった、50直前の女子組。専ら、話題は老眼でした。


10153


左端のこのお綺麗な先輩に、その昔どれほど飲まされたのか分かりません。山の手線ゲームが大好きで、桜美林の学生と夜間対決などと言って、夜な夜なアルバイト先でゲームに興じ、お酒が足りなくなるとよく買いに行かされました。決まって、そのお酒は、岩の原ワインのロゼ。当然ながら、一升瓶数本(笑)。


酔っているのに買いに行くものですから、一度雪道で転んでしまって割ってしまったことがありました。さぞかし怒られるかと思いきや、


         仕方ないから、もう1回買ってきて!


と笑顔で優しくお言葉を掛けて下さいました。と、いう事にしておこう! もし、これを見ていたら、怒られるので…


hana house会
気の合う仕事仲間と2,3カ月に1度の割合で集まります。いつもの時間に… いつもの場所で… もう5年に渡り、こうして集まっている内に、この会の名称がいつの間にか、hana house会になっていました。誰が言い出したの~?


10141


そして、昨晩もまたここ。芸がないというか、進化がないというか。面倒臭がり屋な私がここって言うからここになるだけ(笑)。


組織人とは異なり、自分で仕事をしていると、色々な面で不足するのが情報。そんな情報交換を兼ねて、取り組んでいる仕事の報告を兼ねての楽しい集まりです。


昨晩の最初の話題は、これ。


10142


カタログを持ち歩かなくて済むので便利だと勧められて、この私に出来る代物かどうか説明をして貰いました。確かに便利。でも私の場合、PCに疎く、Wordも出来ないし、Excelも出来ないし(笑)。こんな低レベルな人間が導入したら、また宝の持ち腐れかも… 


次の話題は、富野龍次一級建築士が、現在作成中の木造3階建てのプラン。あーだ、こーだとみんなで扱き下ろし大爆笑。


10143


hana house定例会、毎回そうなのですが、仕事話は小1時間。あとは、可笑しくてお腹が痛くなるような話題ばかり。いつものメンバーに、若い2人が加わり、またまた、楽しい時間を過ごすことが出来ました。次回は忘年会かなぁ?








たったの4㎜
当春日部市の包括支援センターより、介護保険を使った住宅改修のお仕事を頂くようになって半年。徐々にですが、取り扱い物件数も増えてきています。


昨日工事を行った現場ですが、階段・浴室の手摺りの取り付け、及び段鼻の滑り止めの取り付け。


10121


最初の頃は、このような廻り階段の部品を拾うのが大変でしたが、漸く慣れました。数社から出ていますが、私のお気に入りブランドはTOTO(笑)。


今回悩んだのが、この滑り止め。お客さまのご要望です。


10131


介護用品専門店に行くと、必ず置いてあり、勧められるそうです。過去に住宅金融庫の木造住宅工事仕様書にも階段には滑り止めを設ける方が望ましいという記述があった時代がありますが、現在新築住宅で取り付けることはありません。


すっかり洋風化した生活の中で、スリッパを使用することが殆どでしょう。スリッパの裏面は、それなりに滑らない素材が使われています。ですので、滑り止めの滑らない素材と、スリッパのそれとの相乗効果で、止まり過ぎてしまう感があります。


加えて、この滑り止めは厚さが4㎜もあります。使い慣れした階段の踏面が4㎜高くなるって、大変なことなんですよ。たったの4㎜が大怪我のもとになることも充分考えられます。元気な若者でも、慣れるまでの間、何度か足を引っ掛けてしまうことでしょう。


介護保険が適用される身体状況及び年齢の方には、この滑り止め、私はお勧めはしません。なるべく一階で暮らせる工夫をして欲しいと思います。


初回の取引
時折り、聞かれることがあるのですが… 協力工務店があるの?って。どうしても、女性がこのような仕事をするイメージが無いからでしょうね、きっと。


hana house㈲そのものが、社名こそ横文字ですが、業務内容は工務店そのもの。ですので、私自身がお客さまから請負契約を頂いたものを、その内容に従い、工事の采配を行い、契約を履行する訳です。設備商品の仕入れから、職人さんの手配を自ら行います。来月仕事あるのかなぁといつも心配している超零細ですが、これでも取引業者数は50社ほど。


昨年、この時期にここでもお話しましたが、当社のお客さまから依頼されて、イベント用に仮設トイレの手配をしました。


あまりにも時間が無かったもので、昨年は仲間を経由して手配をしましたが、何でも自分でするのが大好きな私は、今年は時間がありましたので、自分で取引業者さんを探して手配しました。


2回目ともなると、お客さまのご要望も出て参ります。洋式トイレと手洗器。そもそも工事現場で使用するもですので、このご要望に沿う商品を扱っているリース会社の数は多くありません。


勿論、手段としてはネット検索。唯、初回の取引と言いますのはそう簡単には行きません。何せ、肝心な信用がありませんから。


問屋さんとの取引などもそうですが、信用調査というのが必ずあります。これでも法人格ですので、会社登記簿謄本の提出は最低限、その他に自宅が自己所有であることの証明として土地建物の登記簿謄本ですとか、一級建築士の登録番号などを要求されたこともあります。


今回、初めての取引でしたので、全額前納が条件でした。でも、ちょっと待って! 先方にとっても信用はありませんが、それは私の方も同じ事。仕事上の交渉術に長けている私は、初回の取引にも拘わらず、こちらの条件を飲んで頂くことに無事成功(笑)。


10102


今回、東京のミゼット電気㈱さんのご協力のもと、ミッション完了です。無謀な私の申し出にも拘わらず、快くお引き受け下さいました横井崇営業部長、本当にありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。


富岡市 富岡製糸場
この3連休、有難いことに今日はお休み、明日は仕事、明後日も仕事。ということで、土曜日の今日は絶好の自転車遊び日。上の二人の高校は土曜日も授業、三女は部活。のはずが… 高校がお休み!? どうして~? 中学校の体育祭だそうで…


潔く、単独自転車遊びは諦め、ならば娘を連れて、建築物見学!


近代化日本の象徴ですね。


10085


16,255坪という広大な敷地の中に、重要文化財が6つもあります。これが操糸場外観。照明器具はなく、自然採光のみで作業が出来るように、窓を大きく取ってあるそうです。構造は、木骨煉瓦造


10084


小屋組のトラス構造は、この富岡製糸場で初めて導入されたそうです。


10082


操糸場内部。驚く程の大きさです。梁間12.3m 桁行140.4m。


10083


10086


敷地全体が解放されている訳ではないので、すべてを見学できる訳ではありません。世界遺産には、ちょっと無理があるかなぁ… でも、近代化日本の黎明期の建築物としては一見の価値は十分あります。


続きを読む

歯の治療
日頃、歯は大切にしているつもりで、食後は必ず歯を磨きます。なのに、一昨年の秋、下顎の犬歯を虫歯にしてしまいました。神経まで達していないということで、根の治療をせずに済みました。でも、見える部分なので、保険外のセラミックを使いました。


1年3カ月後の今年早々、その歯が再度痛み出し、再治療。今回は根の治療をしなければならないとの事。


       果たして、前回の治療は適切だったのか?


保険外治療をしているので、数万円払っています。でも、そう言われれば、その治療に従わざるを得ません。根の治療を開始して、1週間後、激痛とともに酷い腫れ。涙が出るほどの痛みでしたので、再度歯科医院へ。どうやら、菌が入り込んでいたらしい。再治療。


その後、3日程で仮蓋が取れてしまいながらも、仕事で時間が取れずに放置していると、だんだん痛みが増してきて、


       もう、我慢ができな~い!


この時は、歯茎を切開し、そこから化膿菌を出す処置。子どもの頃より、化膿しやすい体質です。なので、仕方がないかなぁ…


この後、再度、仮蓋が取れてしまい、また同じことの繰り返し。


       果たして、この治療は適切なのか? 


疑問です。その都度、時間を割いて行くのも大変。しかも、その都度、治療費を支払う訳です。


どうしても、自分のいる建築業界と比較してします。施工が上手くいかない場合、勿論無償で何度でも上手くいくまで遣り直します。


可笑しいなぁと思いつつ、途中で歯科医院を変更するのもどうかと思い、ずるずるそのまま。10か月近く経つのに、まだ治療中。こういう疑問って、きっと私だけではありませんよね。


今回、根の治療をしたので、新しくする被せ物が9万円。前回の分の金額を引きますからと言われましたが… たったの1年強しか持たなかった歯に数万円掛けた私は、馬鹿!?




楽しいこと
辛いこと、嫌なこと、悲しいことは、勝手に向うからやってきますが、楽しいことは自らやってきてはくてません。多くの方が、同じことを思うのではないでしょうか。


ですので、楽しい自分でいるためには、自ら楽しいことを見つけ、自らそれを楽しむようにしなければなりません。


今の私にとっての1番の楽しみは、何と言っても自転車。一昨年の5月から始めたこの遊び、ちょうど2年半になります。友人が楽しそうに乗っている姿を目にしたのが運の尽き。右も左も分からぬまま、友人の言葉だけを頼りに乗り始めました。


仕事の空いた日に気軽に一人で出掛けられること、長年親しんでいるスキーに似た部分があること、恐らく乗り回すに十分な体力と脚力があること、などなど。多分、私に向いているのでしょう。


勝手に乗り回している内に、随分走れるようになり、友人の参加するブルベというイベントに同行するため、孤独に練習を重ねた結果、200キロ、300キロと走れるようになり、いつの間にか、男性並みに走れるようになっていました(笑)。


当事務所から行ける範囲の所は、行き尽くした感がありまして、この頃は車に自転車を積んで遠くまで行ってしまうようになりました。先々週は北茨城まで往復して、先週はこんな所に行ってきました。


10041


人其々、色々な楽しみ方があるのが、自転車。人と競ったり、自分を追い込んだりすることに私は全く興味がないので、主に見学したい建築物をコースに入れます。今回は、自転車の世界に引きずり込んでくれた友人と一緒に走りましたので、終始喋りながらの90キロ。一人で走っていても楽しいのですが、私の場合はお喋りなので、話相手がいてくれた方が、楽しさが倍増します(笑)。


10042


初めて訪れましたが、松代という城下町、長閑で大変いい所でした。


10043


日常生活に於いて、私の食事の取り方は非常に雑なので、こういう折にきちんと座って食べるのも楽しみの一つです。松代町から20キロほどの小布施町で、蔵を改造した素敵なお店に入りました。


10045


内部はこんな感じ。お昼間はカレー屋さんですが、夜のお酒がメインのようです。大変美味しいカレーでしたが、例によって例の如く、お料理の写真はありません。どうも大食漢な私は、食事が運ばれたと同時に食べ出してしまうので、食べ終わるまで、否食べ終わっても写真の事は頭にありません。


10044


秋晴れのとってもいい1日でした。やっぱり、自転車は楽しい! 次は、何処に行こうかな。。。




丼飯
中・高校生の男の子の母親はよく言います。


   女の子と食べる量が違うから、食事を作る手間も、食費も大変!


誠に申し訳ありませんが、その件に関して、物言いです(笑)。男女差はないと思います。体格と運動量によるものではないでしょうか。


こうしていると普通に見える我が3娘。左より、高1の次女、高3の長女、中1の三女ですが…



10021



私と並ぶと、どっちが大人だか分かりません。勿論、1番小さいのが私です。


10022


よく食べます、毎日。丼飯です。今最も食べるのが、ソフトボールに夢中の、どっちが前だか後ろだか分からないくらい真っ黒の三女。私の顔を見る都度、お腹すいた! お腹すいた! と、これしか言いません。


毎日のお弁当を含めた食事の準備でも、いい労力なのに加えて、毎週末の部活のお弁当で、殆ど賄いおばさんと化している私の日常。こういう忙しさも期間限定。あと5年くらいでしょうか。これが一生続くと思うとぞっとしますが、この娘たちがいるから頑張れる自分がいます。



気分一新
そう思って、このブログの壁紙も変えるつもりでした。


         が、私は不精者なので、元に戻しただけ…


この写真は派手に見えると友人が言うので、これも変えるつもりでした。


         が、面倒臭いこと嫌いなので、そのうちに…


以前の写真に戻そうとも思いましたが、あれは30代後半の時のものなので、ちょっと図々し過ぎるかなぁ… 私ももう47だしなぁ… 等々考えている内に、だんだん面倒になってきて中途半端のまま…


         まぁ、いいや!


グレーゾーンを苦手とする性格でした。良く言えば、几帳面ですが、本当はただ頭が固いだけ… 杓子定規で面白みに欠ける…


そんなこんなを10日間考えながら、私が出した結論が、まぁ、いいや! 今まで、こういう考えたかをしたことがありませんでしたが、年齢とともに落ちる気力、体力の中で、こういう考えをしていくことも必要なのかもしれませんね。


続きを読む

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる