*All archives* |  *Admin*

2012/07
<<06 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
末っ子
私の場合は娘が3人。1人目で右に寄った育児を、修正しながらも2人目は左寄り。3人目ともなると、育児慣れ故か… 年齢故か… 本人には決して言えませんが、面倒臭くなって、ほったらかし。末娘が2歳になると同時に仕事も始めましたので、小さい頃より自分で行動することを当たり前として育ち、3人の中で1番伸び伸びとしています。


日本1の記録を持つ当県の暑さは、半端ではありません。ですが、その末娘は文句一つ言わず、毎日部活に精を出しています。


この7月初めに3年生が総体予選を最後に引退し、新体制下、今日で8練習試合をこなしました。連勝記録更新中です。


本日は、平方中と中野中との3校戦。一昨年、県大会に出場した中野中にも、26対1で圧勝しました。


07291


この1週間、毎日30℃後半です。ご存知でしょうか? 気温が体温を上回ると、人間の思考能力って急激に落ちるんですよ!


その暑さの中を頑張る娘に、その成長を感じます。


07292


07293


如何でしょうか? この力投振り(笑)。見ている私は、非常に疲れます。


07296


早生まれの娘が、ピッチャーでキャプテン。決して、その荷が重くない訳ありません。この頃、おまけに打撃不振。


07295


フォームは立派なのですが、どうも当たりません。1、2打席ともに内野フライ。ベンチからのサインがあったのでしょうが、3打席目はバントに切り替え、初出塁(笑)。


07294


時々こうして仕事の合間に覗きに行きますが、娘のいるソフトボールの世界を私は全く知りません。ですので、指導者の言うことをよく聞いて、自分で考えるようにと常に言っています。今では、私に助けを求めるのは、欲し物がある時ぐらい(笑)。


一生懸命である姿は、人の心を打ちます。この娘の姿から、私自身も学ぶことが多くなりました。改めて、子育てっていいものだとこの子を通して思うようになりました。



タイヤ交換
私の自転車生活も4年目に入りました。幸い脚力があるため、年齢の割には走れるのですが… 自転車そのものについては、よく分かっていないので、何かトラブルがあった時には、お手上げです。


タイヤの交換は自分でしています。と言っても、滅多にすることがないので、思い出すのが大変です。


        後輪って、どうやって外すんだっけ?


先日の輪行の際もすっかり忘れていて、笑われました。


タイヤの交換時期なので、Wiggleに注文しました。6月にピンクを注文したら、欠品でした。漸く、今月の2日に発送メールが来ましたが、まだ手元に届いていません。過去に何度も注文していますが、こんな事は初めてです。現在、Wiggleとはメールで遣り取りをしています。


こんな状況下で、新たにタイヤを買うのもどうかと思い、その間、友人の使っていないタイヤを借りることにしました。


        ピンクが来るまで、赤で我慢!


07281


平常時であればタイヤ交換は出来ます。でも、今まで1度もパンクをしたことがないので、外でのタイヤの取り外しは出来ないかもしれません。


この自転車を購入して以来丸2年、チューブの交換もしたことがありません。


        チューブって、パンクしない限り、ずっと使えるのかなぁ?


こういう素朴な疑問もあります(笑)。でも、まぁいいや! チューブもそのままでタイヤだけ交換した訳です。


この頃、全く自転車に乗っていないので、今日の夕方ちょっとだけ乗ろうと思ったら…


        空気が抜けてる~!


空気を入れながら、よく見ると、


        タイヤが切れてる~!


07282


どうやら、私が切ってしまったようなのですが… タイヤが切れているだけで、空気が抜けるの? チューブも一緒に切れているということなの?


お粗末な知識で、200や300を走る自分自身の図々しさに恐怖心を抱きました。


ピンクのタイヤが英国から届くまで、暫く自転車には乗れそうもありません。おまけに、友人には怒られそうですし(笑)。



Suggestion
もう4年も前のことですが、社会福祉協議会の方に頼まれて、過去に1度だけ当社の広告を載せたことがあります。その折り、今では故人となってしまいましたが、元産経新聞のデスクであった当時87歳の三好喜秋氏がキャッチコピーを考えて下さいました。


         ずっと、自宅で暮らせるリフォーム! 


90近くであった三好氏の願いであったのでしょうね。特別にそういう強い想いはないままに、昨年より春日部市の包括支援センターより、介護保険を使った住宅改修案件を頂くようになりました。現在、当市内の8センターの内の2センターからお話を頂くようになっています。


業者としては、建設業のみならず、介護用品業者なども参入しています。


先週末、初めての職員の方から案件の連絡がありました。包括支援センターというところには、多くの職員の方がいらっしゃいます。お話を聞いてみると、既に介護用品業者がプランを提出したそうなのでが、それがどうも担当の職員の方も、お客様もしっくりこない。センター内で、そんな話しになった折り、センター長が、


         じゃ~、阿部さんに相談してみれば…


と、仰って下さったそうです。そんな顛末で、依頼のあった現場です。


07241


築40年の木造住宅です。74歳の独り暮らしのお客さまは、要支援2という状況で、浴槽を跨ぐことも出来ません。変形性膝関節症・変形性股関節症・変形性腰椎症を既症状でお持ちで、足は5㎝程度しか上がりません。上肢を使って室内移動は何とか可能ですが、外出は無理です。もう随分されていないようでした。


07242


このような玄関ですので、5㎝しか足の上がらないお客さまには、現状のままでの外出は不可能です。何度かここを歩いて頂いている内に、ちょっとしたことに気が付きました。


爪先を上げるという動作は難しくても、踵を上げるのは比較的容易に出来ます。是非、試してみて下さい。つまり、この入口段差部分の両側に縦手摺りがあれば、上肢の力を使って、後ろ向きで上がることが出来ます。勿論、安全ではありません。安全ではありませんが、全く外に出られない生活よりも、例え道路に出られるだけでも、生活に潤いと喜びが見い出せるのではないでしょうか。


この提案をした時のお客さまは、晴々とした笑顔を私に向けて下さいました。本日、プランとお見積書を届けましたら、


         阿部さん、すぐに工事してね。


早くと言われましても、お役所仕事ですので、私が作成する書類も結構あります(笑)。市役所に提出してから、確認書というものがお客さまの手元に届くまでにも1週間は掛かります。でも、1日も早く自力で外に出たい気持ちは良く分かります。なので、私の方も、明日市役所に提出できるように書類を作成し、今出来あがりました。明朝、商品を発注して、8月4日に工事着手で5日に完了出来そうです。


今は亡き恩人の三好氏が考えて下さった言葉が、私の進むべき道を仄めかしてくれていたようです。そして、同じ働く女性として、第4包括支援センターの永井センター長が、ことある毎に阿部さん、阿部さんと声を掛けて下さり、今に至ります。


人生、振り返ると全てが線で結ばれています。『ずっと、自宅で暮らせるリフォーム』が、私に与えられた使命なのでしょうね、きっと。



気分転換
まだ、たったの2回しか経験していませんが… 病みつきになるかもしれません…


何かと言いますと、仕事帰りの一杯です(笑)。強くはありませんが、お酒は好きです。一応母親なもので、娘たちが寝てから家では少し飲みます。時には、仕事仲間やお友達と、外で飲むこともあります。


ですが、昨年まで1人で飲み屋さんに入ったことはありませんでした。先月、専門学校の仕事の終了が11時近くになり、お腹が空き過ぎていたのと、疲れを感じていたので、家に帰る前に急に気分転換がしたくなりました。


以前何度か、仕事仲間と来たことのある新越谷のかはらにふらっと寄りました(笑)。


07211


店内はコンパクトでこんな感じ。経営者のまこちゃんは同じ年。


07213


先客がお帰りになる時間でしたので、カウンター独り占め。まこちゃんと女同士、四方山話。職種は違いますが、お互い自分で仕事をしていますので、話が合います。


07212


頃合いを見計らって、お料理を出してくれるのですが、それがいい塩梅。


07214


1時間ほど、飲んで食べて喋って、いい気分転換。これで2回目(笑)。仕事帰りに赤提灯に寄る男性の気持ちがよく分かりました。


病みつきになりそうですが、明日が一級建築士の本試験日ですので、私の専門学校でのお仕事も終了。暫く、新越谷に行くこともないので、病みつきにはならないで済みそうです。


でも、時にはこうやって、肩の力を抜く時間も必要なんですね。



新体制
3年生が引退し、新体制となりました三女の中学女子ソフトボール部。通常、ピッチャーはキャプテンにならないそうですが、我が娘が新キャプテンとなりました。顧問の先生曰く、その理由は、1番きちんと物が言えるからだそうですが…


     早生まれのうちのチビに、そんな大役が務まるのだろうか?


末っ子ですので、私にとってはいつもうちのチビです(笑)。実際、身長は165㎝もありますが…


この3連休も練習試合三昧。ちょっと、覗いてきました。


07172


手前チーム、右端黒のTシャツを着ているのが、三女。寝ても覚めても、部活、部活。日に焼け過ぎて、まるでゴキブリのようです。


この日の試合は、珍しくホームランを打ちました。1打席目、自分の例のお高いバットを使って、三振。100叩きの刑に処さないと(笑)! 2打席目、部活の使い古したバットに換えてホームラン。


07171


時々ですが、チェンジアップも投げられるようになり、球種が増えたそうです。でも、聞いても母はちんぷんかんぷん。


07174


昨年は、球があっち行ったり、こっち行ったりで、打者に怪我だけはさせないで! と、内心お祈りをしておりましたが、今年は随分安定した球を投げられるようになりました。


07173


娘の学年が9人います。どうしても、このメンバーでレギュラーを組みたいそうです。


小4の時からのチームメートが6人。その中に運動が苦手な子が1人います。本人たちも、親たちも、中学校に入って、その子がソフトボール部に入った事を驚きました。


     みんなと一緒がいい…


続くかなぁ。辛いだろうなぁ。みんなそう思いながら、見守っていました。文句も泣き事の一つも言わず、裏方の仕事を黙々とする彼女の姿に、みんなで感謝しながら、


     9人でレギュラーを組めるようにしよう!


これが、新キャプテンとなった娘の目標だそうです。不可能に近いことも本人たちもよく分かっています。1年生にも経験者がいますから。


     それで、どういう作戦?


出来そうな守備がレフトなので、その守備範囲を巾で約5mと決め、残りは足の速いセンターがカバーするとみんなで考えたそうです。この話を聞いた、その子のお母さんは涙を流していました。


新体制となって、4練習試合、連勝中。レフトに入るはずの子は、またまた骨折中(笑)。


女の子の集団は難しいと言います。私自身もそう思っていました。ですが、5年目になりました娘のソフトボール生活で、揉めた事や仲間を悪く言ったことが1度もありません。


兄弟の2番目3番目が多いので、親たちも長いお付き合いで気心が知れています。共通認識を持って、見守っています。


     お互いに、文句があったら、その場で、面と向かって言う事!


小学生の頃から、影で親の方がこういう誘導をしていますので、中学生となった現在、お互いに辛辣なことを言い合うようですが… これが仲のいい秘訣なんだと思います。部活も一緒、遊びも一緒。


     よく、飽きないわね!


こういうと本人たちは、けらけら笑っています。ほんと、羨ましい関係です。


この夏休み、部活が何日お休みになるのかまだ分かりませんが、みんなで山登りに挑戦したいそうです。私の知らない内に、私に連れて行ってもらうことになっているそうです(笑)。


お天気が…
昨年もここを走っています。自転車のコースとしては、景色も獲得標高も最高に楽しめます。





中原大先輩作成の動画の再生回数が10,000回を突破したのを記念して、再度走るを計画していました。


遠路遥々、松本総合体育館に集合し、松本駅より輪行です。未だ後輪が上手く外せず、大迷惑な私(笑)。


07161


朝食を買い込んで電車に乗り、小1時間で茅野駅到着。


07162


お天気予報では、曇りでお昼前から晴天のはず。なのに、出だしから小雨。


ビーナスラインに入り、八ヶ岳が綺麗に見えるはずが、ご覧の通り。昨年とは雲泥の差。


07164


木々の間から射す、日差しを昨年のように堪能しながら、ビーナスラインを上るはずが…


06045


だんだん雨脚が強くなり、流石に限界!


07163


木の下で雨宿りをしても意味がないほどの土砂降りに会い、全身ずぶ濡れ。雨宿りの出来るところまで戻ろう!
タイヤを交換した方がいいと自転車屋さんに言われてから、かれこれ1000㌔以上乗っている私の自転車。濡れた下り路面で、タイヤは滑るは、ブレーキは利かないは、で、久し振りの下り恐怖症。


雨宿りしながら、作戦会議。このまますごすごと戻れば、帰路の電車で快晴になるでしょうし、強行すればまた雨(笑)。時間的に美ヶ原は厳しいので、途中でショートカットという事で、再スタート。貧乏性なもので、折角ここまで上ってきたので、せめて霧ヶ峰までは行きたい!


30キロ地点の女神湖では晴れ間も見えて… やっぱり、強行して良かった!


07165


女神湖周辺の町並みってとっても可愛いですね。


07166


ここから、白樺湖を通り、霧ヶ峰を目指します。


07167


時々、雲が切れたりもするのですが、またいつ降りだすか分からない雲行き。このビーナスライン、お天気ならば、南アルプスも八ヶ岳も眺めることが出来るのですが、生憎この日は無理。


06168


標高2000mのこの道の起伏を楽しみながら、霧ヶ峰到着。山頂付近の様子。その名の通り、霧だらけ(笑)。


07169


降らないだけ良しとしないと! 絶景を楽しみながら、気持ちよく走る予定だったのに、視界は無し状態。


071610


この後、諏訪白樺湖小諸線を、上諏訪に一気に下りました。この道路の先に、こんな素敵な建物。


061711


有名な『真澄』は、諏訪のお酒だったんですね。この4月にオープンしたばかりのこのお店は、店内も洒落た雰囲気です。


061712


上諏訪より再度輪行して、松本駅に19時到着。中原大先輩ご一行は、その後松本城見学に向かいましたが、翌朝仕事の私は、途中でお別れし、車単独走で春日部に戻りました。またまた、連続24時間満喫(笑)。





私らしさ
来月仕事あるのかなぁ? と日々心配しておりますが… hana house、今年で7年目。間もなく、今期も後半に差し掛かります。


たまたま夫の転勤とともに移り住んだこの春日部という町。親戚も縁者も1人もいません。そんな私が、1人で立ち上げたhana house。HPこそはありますが、宣伝も広告もしたことがありません。ですので、どうやって集客をしているのか、とっても不思議に映るようですね。


積極的な集客はしていません。ですが、既存のお客さまは、大事にしています。


類は友を呼ぶ、ではありませんが、当社のお客さまは、ご夫婦でフルタイムワーカーという方ばかり。ですので、お住まいに関しては私が代行している、そういう気構えでお仕事は請け負わせて頂いております。


お客さまの忙しいという状況に合わせて、時間を無駄にしていただかなくても済む動きをします。間取りの変更や、キッチンの入れ替えのように、打ち合わせに時間が多く必要な場合もありますが、この度頂いたお話は、8畳間の壁紙の張り替え。


このような時は、玄関先にカタログをお届けしておきます。選んでおいたから、という連絡を頂いて回収に伺うと、このように付箋を挟んでおいて下さいます(笑)。


07132


お客さま自身で、決めかねた際は、こうして2つ付いておりまして、選択権を私に委ねて下さいます(笑)。


張り替え前は、白の壁紙でした。


07131


今回私は、淡いグリーンにしてみました。お客さまのご予算で、自分の好きなものにしてしまうのは、私の特権です!


07133


築20年です。当時は、カーテンボックスが主流でしたが、現在は殆ど付けません。そんな事も、工事中にお客さまに提案して、今回撤去。室内が、すっきりしました。


工事は、基本的にお客さまがお仕事の平日に集中させ、休日に煩わさないで済む段取りをします。前日若しくは出勤前の早朝に、鍵を預からせて頂きます。


起業時より、当社をご利用下さっているお客さまです。ご夫婦で学校法人を運営されているので、朝7時には出勤されています。いつもは、勤務先に鍵を取りに伺うのですが… 学校行事があるために、前日夜に伺いました。


07138


朝、家主顔で私が、お客さま宅の鍵を開けて、職人さんを招き入れる訳ですが… 


07134


こういう状況の時に、こういうメモを玄関先に置いて下さるお客さまです。


07135


私は、仕事を通してのこういうお客さまとの気持ちの繋がりが大好きです。相手の立場に立ち、状況を汲み取り、役に立って、ありがとうと言ってもらえること。そのお客さまのありがとうの言葉を何より嬉しく思う私自身。


私1人で捌ける仕事量は知れています。ですから、hana houseは決して大きくなることも、売り上げを伸ばすこともないでしょう。でも、漸くこれが私らしさ、と思えるようになってきました。








後輩の活躍
ご覧になられている方も多いのではないでしょうか。毎週月曜日の22時からのNHK総合『プロフェッショナル・仕事の流儀』という番組。


実は、一昨日放送の転職エージェント・森本千賀子氏は、大学のゼミの後輩です。


07111


幸い、ゼミの指導教授が未だ現役のため、事前に連絡が入っていましたので、この番組を楽しみにしていました。新卒でリクルートに入社し、トップを走り続けています。


大学卒業後、四半世紀が経ちました。先輩は元より、同期そして更には後輩が、このように社会で認められる存在になってきています。それは、やはりとっても嬉しい事です。


まだまだ小さい子どもを抱え、よく頑張っているなぁと感心してしまいました。子どもを持ちながら、営業として企業に勤め続けるというのは並みの人間では出来ることではないでしょう。


番組中の彼女の言葉が印象的でした。


      1分も無駄にする時間はない!


子育て100%、仕事100%の全力疾走。朝の4時から仕事をしている姿を見て、身体だけは壊さないようにって、呟いてしまいました(笑)。


明日の深夜に再放送があります。お時間ありましたら、是非見て下さい。





やはり…
本当の話でした。成人式は2年前から予約するって。平成26年成人式の着物のDMが沢山届く話を、以前ここでしました。


いくらなんでも、まだ早いし… でも何となく気になって… 私が普段使っているひしやに立ち寄ってみると、26年成人式の着付け予約が既に沢山入っていました。


今日、たまたま家にいた長女を捕まえ、振り袖を見に行ってきました。このひしやでの私の担当は、斎藤さん。私が、このお店に行く際は、目的を明確にして行きすので、事前に電話を入れるのですが… 


娘の好みもありますし… 金額のこともありますので… 担当者がいると、断り切れなかったりするので、今日は電話もせずに、ふらっと。お気楽な、下見のつもり。


      なんだか、今日は阿部さんが来るような気がしたんですよ!


お店に入ってすぐに、担当の斎藤さんに見つかってしまいました(笑)。私の着物もいつも見立ててくれていますので、私の好みを知っています。ですので、娘用に見繕ってくれるのも、私好みばかり。


07082


流行に捕らわれないもの、地味なもの、将来袖を切って、訪問着として長く着られるもの。これが、私の条件!


07081


娘は、この黒の総絞が気に入ったようです。予算に限りがありますので、この着物であれば、私の帯を使うように命じました(笑)。しっかり者の私は、転用可能な自分の帯を持って来ています。白地の帯なので、取り合わせは悪くないでしょ!


07083


驚くことに、記念撮影は来年4月だそうです。


      4月までに、その茶髪はなんとかしておきなさ~い!


ついこの間、大学生になったと思ったら、今度は成人式。次々に、次女、三女が同じ道を辿ります。娘の振袖姿は、親としての楽しみですが、現実問題、お金に羽が生えて飛んで行きます。その速度が、日々加速されている気がして、ぞっとします。



 
住宅設備機器について
ちょっと、真面目なお話です。キッチン、トイレ、洗面化粧台、給湯器などを総称して、住宅設備機器と言います。通常、私たち業界人は住設(笑)。


hana house㈲も早いもので、今年で7年目。会社設立早々からのお客さまの住宅設備機器に、経年により不具合が出るようになりました。


そういう不具合に対処している中で、私が感じた事をお伝えします。今後、リフォームをお考えの方の参考になればと思います。


所謂、電化製品というものは、寿命が10年位という認識の方が多いのではないでしょうか? 高性能になり、内部構造が複雑になった現在、この半分くらいでお考え頂いた方が良さそうです。


この1週間で対応した事例を、ご紹介します。


① 便座自動開閉機能付き、オート洗浄便器  取付後6年

   便器内の水が流れ放しになり、内部部品交換。
この度は交換しておりませんが、モーター音もやや気になります。


② システムキッチン埋込式食器洗機  取付後4年

   スイッチのON/OFFが出来ず、メーカー修理を依頼。
メーカー回答として、部品の経年劣化。
   
   
メーカー保証期間は通常2年ですので、どちらも有償です。が、流石に、取付後4年の食器洗機に関しては、メーカーに物言いを付けました。


     ご家族3人、朝晩2回の使用で、4年で壊れるものを売るな!


これが、私のメーカーへの言い分です(笑)。仕事を持つ主婦にとって、食器洗機はなくてはならないもの。お客さまの不便を思うと、たったの4年で壊れては申し訳ない気持ちでいっぱいです。不便な上に有償では、もし私がその立場であれば激怒してしまいます。という事で、今回は無償対応にしてくれるよう、メーカーに交渉しました。


どうやら、このような商品に関しては、10年という認識は捨てて頂いた方が良さそうです。上記以外にも事例はありますので、お住まいのことで疑問がありましたら、いつでもお尋ね下さい!





新しいこと
物事全てに賛否両論がありますが… 私は、新しいことに挑戦する姿勢というのが、大好きです。


当社のお客さまがCDを出されました。かれこれ、10年近くのお付き合いになります。大変穏やかな、浄土真宗のご住職です。


      お経 + 音楽 = ブッダ・サウンド


荘厳で近づきがたいという、非日常感なイメージの有るお経。そんなイメージを覆すべく、お仲間の島根県の龍教寺・釈一平ご住職とユニットを組んでの作品です。


住職曰く「 法要はお経をみんなでユニゾンで声を出し一体となってトランスしていく、祭りや現代のパーティーに通じる部分もあります。皆さんにはお経は荘厳で近づき難いモノではなくて、もっと身近なものであってほしいのです。一緒に声を出して頂きたいとの思いでPOPなお経を作ることを考えました。僧侶がトラック、お経をすべて製作することでそこに意味と説得力が出せたらいいなと思っています。」





仏教やお経の世界を驚くほどポップにカラフルに、身近に感じられる作品です。




プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる