*All archives* |  *Admin*

2014/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
不測の事態
毎朝の習慣ですが… 自宅で掃除機を掛けながら、前の晩頭に入れた、その日の予定を反芻します。


昨日は、丸1日お客さまとショールーム見学に出掛けていたため、銀行に寄れず、三女の高校の手続きが出来ませんでした。今日の消印が期限でしたので、朝から銀行、郵便局に行って… 仲介を頼まれている蓮田市の土地を見に行って… 来月の工事の段取りをして… 


そんなことを考えている最中、大学入試に行った次女から、メールが届きました。


            時計忘れた(^O^;)

            部屋に時計ない( ノД`)


見た瞬間に、


            ぎゃ~! 馬鹿過ぎる~!


午前中は、学科試験。午後は、実技試験。学科試験は仕方ないとして、問題は午後の実技試験。デッサン3時間。


建築士の2次試験も実技です。大学入試などよりも長丁場の5時間半ですが、このような実技試験は時間との勝負。時計との睨み合いであることは、私自身がよく知っています。その際に、時計が無い! などは論外です。


今日の予定を再度反芻し、届けてやれないことはない。過保護かとも思いましたが、届けずに娘が不合格となれば、後悔するのは私自身。そういう結論に達し、そこから猛ダッシュ(笑)。


銀行、郵便局で三女の手続きを済ませ、電車に飛び乗り、電車の中で次女の試験会場をスマホ検索。東京都中野区の試験会場に、学科試験終了時刻に到着しました。


01281


実技試験に間に合うように、上手く時計を渡すことが出来、やれやれ。そこから、またまた猛ダッシュで事務所に戻り、車に乗り込み、蓮田市へ。


約10軒が同じ住所の住宅地の中でしたので、目的の物件を探すのに時間が掛かってしまいました。10分ほど要しましたが、特定でき、明日お客さまに報告する情報は無事得ることが出来ました。


01282


日々飛び回っている私ですが… 自分の立てた予定通りに行動するのと、我が子の事なれど不測の事態に対応するのとでは、疲労度が全く異なります。久し振りに、あぁ疲れたと思う1日でありましたが、また楽しくもある1日でした(笑)!







   
母親業
現在、長女が大2、次女が高3、三女が中3です。幼小時に比べたら、すっかり手が離れ、母親としては随分楽にはなりました。今では、年度変わりの学校行事の時だけ、母親としては時間に追われるくらいとなりました。


と、例年はそうなのですが… 今年ばかりは、事情が違います!


        長女、成人式

        次女、センター試験

        三女、高校入試


と、成人式の日より、1週間毎にこのような順になっておりました。次女はセンター試験は終わったものの、これからが大学受験の本番。碌に勉強もしていないので、結果も期待しておりませんが、やはり落ち着きません。


そんな中、入試が終了した三女の高校の手続きの書類が届きました。


01251


昨日の金曜日に届き、中身を確認すると、書類を記入し、入学金を払い込んで、火曜日の消印まで。


        ぎょえ~ 土日、銀行休みなのに~!


日程的には、仕事を持つ母親には過酷。でも、子どもの学校の事ですので、どうにかしなければなりません。


と、現在、三女ひとり分だけで、ひぇ~となっているのに、来週からは次女の大学入試が始まります。クローンな私がいてくれたなら、と痛切に思う今日この頃です(笑)。


助っ人遠征
久し振りに、卓球の話題です。地元卓球クラブに所属して7年になりますが、ここ数年、なかなか練習には参加出来ておりません。ですが、図々しくも、声が掛かると、試合には参加しています。


と言いますのも、中高年卓球は、数名でチームを組んで試合に参加することが多いもの。時折り、急な欠員が出たりすると、


       美紀ちゃん、○○日、空いてる?


なんて、メールが仲間から来ます。時間日程が合えば、喜んでお誘いには応じます(笑)。この度は、お隣り千葉県野田市から声が掛かりましたので、県外遠征に行って参りました。


01171


ペアマッチには参加したことがありますが、トリオマッチは初めて。チーム3名の内訳は、女性2名男性1名で、ダブルス・シングル・シングル。私は、男性とペアを組んだことがないので、シングルのみの参加にしてもらいました。


県外遠征と言っても、実は江戸川を挟んでお隣りの千葉県野田市。試合会場は、関宿体育館です。


01173


小規模な体育館ですが、なかなか立派。


中高年の卓球の試合と言っても、決して侮ることなかれ。このように、ラバーの張り替え出張もあるんですよ(笑)。と、言っても、当春日部市の業者さんで、顔見知りですので、こんな所で鉢合わせになり、お互いに大笑い。


01172


日頃、殆ど練習もしていない私の戦績は… 2勝3敗。6チームのリーグ戦でしたが、助っ人の戦績が悪く、チームは4位となり、ごめんなさい状態(笑)。


話は逸れますが、体育館のような公共建築物を見ると、その自治体の財政状況が分かります。体育館の外観です。


01175


かなりの予算があったのでしょう。ユニークな建物です。


01174


戦績は、散々でしたが… 半日強、卓球を楽しみ、ユニークな建築物を見学し、往復30キロを自転車で走り、と盛り沢山の1日となりました。


01176



中古住宅購入相談
1年に1度の割合でしょうか。中古住宅を購入される方から、一緒に建物を見て欲しいという依頼を受けます。


仕事としてお引き受けをする場合、建物だけではなく、法規制を含め、その価額に見合った価値があるか、否かを総合的に分析して、購入の際の判断材料にして頂きます。


多角的に検討する中で、私が1番気にするのが、床下です。


01172


特に、木造住宅の場合、基礎や土台の状態を必ず確認します。


01171


築13年。これでしたら、今後も長く住むことが出来ます。


ということで、来月半ばより、延床面積110㎡の全面改修を行います。今から、とっても楽しみな現場の1つです。


違和感
日建学院という専門学校で、建築士を目指す後輩をサポートする仕事をするようになって、今年で7年目となります。


1次の学科試験科目は、計画・環境・法規・構造・施工の5つ。この中でも、ウエイトの高いのが、法規です。建築士という肩書で仕事をする以上、法令順守は当然。近年大幅な改正はありませんが、試験となると前年度改正の細かい部分まで、出題されます。


教えるという立場上、受験生同様、若しくはそれ以上に私の方も、バイブルとも言うべき建築基準法関係法令集をチェックします。


01141


この道に進んで、はや数十年。ずっと、この縦書きタイプの法令集でした。


ところが、今年度、専門学校から支給された法令集は、横書き。


             なに、これ~?


01142


算数・理科は横書きだけど、国語・社会は縦書きという先入観があります。当然ながら、手にして、違和感。これでは、どこに何が書いているのか、さっぱり分かりません。


同じように違和感を持つ受講生がいるのではないかと思い、専門学校に聞きましたところ、答えは0。


             私だけ~?


ということで、この違和感は、どうやら年齢が原因のようです(笑)。若い人にとって、今や横書きが主流。立場上、横書きだから使えないとの言い訳は出来ません。かなりの努力と時間が必要になりそうですが、この違和感を克服して、私も若者の仲間入りをしようっと!


長野県 赤岳2
山小屋の朝食は、6時から。食堂に入る前に、ちょっと外に出て見ると、


         快晴~!


01051


どうやら、私のテルテル坊主倍増計画が功を奏したようです(笑)。日の出の時間を気にしながら、朝食を取り、改めて外に出てみますと、このような景色が待っておりました。


小屋のすぐ北に位置する横岳です。


01055


西方面、奥に見えるのが、北アルプスです。


01056


その横が、阿弥陀岳。


01054


日の出る東側には、奥秩父の山々が見えます。


01052


望遠ですが、富士山もこんな綺麗に見えました。


01053


なんと言っても、今回の山行の1番の風景は、これでしょうか。朝日を浴びた赤岳です。


01057


外気温は、氷点下10℃以下。氷点下20℃を予測していたので、寒いのは寒いのですが、上出来。風も、それほど強くはありません。そんな中、赤岳山頂を目指しました。


01058


快晴ですので、360°のパノラマが楽しめます。


01059


小1時間で、赤岳山頂到着!


010510


山頂から南側を眺めると、手前が南八ヶ岳の山々。その奥が、南アルプスです。


010511


景色を堪能した後は、只管下り。油断をすると落ちるので、途中撮った写真は、これ1枚(笑)。


010512


雪山って、本当に美しいと思います。


010513


時間的にも余裕があるので、復路はちょっと遠回りをしました。


通年営業をしている赤岳鉱泉小屋です。ここは、温泉に入れることと、


010514


このアイスキャンディが、大変有名です。クライミングの練習をしている人がいました。


010515


往路と復路の道を変えて、大正解!やはり、目にする景色が違いますので、その分楽しさが増します。


010516


年明け早々1泊2日の山行は、夢の如し。瞬く間に、終わってしまいました。


木曽駒ケ岳、西穂高岳、乗鞍岳、権現岳、鳳凰三山と行ってみたい雪山は沢山あります。が、2000m後半の雪山ばかりは、私一人では行けません。


次回は、来月末の予定。それまで、基礎体力の維持に努めようと思います!








長野県 赤岳 1
今年で、2度目の雪山シーズンの到来です。八ヶ岳の最高峰・赤岳が、昨年来の1つの目標で、それはそれは楽しみにしておりました。


1週間前から、お天気をチェック。何故か、決行日だけが曇天予報。年の瀬にテルテル坊主を作ったものの、その後の予報に変化なし。前日に、テルテル坊主数を倍増しても、変化なし。生憎、当日は、天気予報大当たりとなってしまいました(笑)。


01041


雪山の登山口は、夏山に比べると、徒歩で1時間ほど標高の低い所にあります。


ここでの標高が、1515m。ここから、標高2899mの赤岳の山頂を目指して、出発!


01042


夏山ですと、ここが登山口になります。


01043


随分、雪道歩きも馴れてきました。このくらいの上りであれば、アイゼン無しでも大丈夫。


01044


雪山で、吹雪ならお手上げですが、曇天なら上出来でしょうか。時折り覗く青空に、


        お願いだから、晴れて~!


と、叫んでおりました。


01045


3時間弱で、行者小屋に到着です。ここの標高が、2350m。この週末が、最終営業。


01047


ここで昼食休憩をしていると、一瞬雲が切れ、真正面にこんな美しい横岳が現れました。この美しさが、雪山の魅力なんだと思います。

01046


暫しの休憩の後、地蔵尾根伝いに、稜線を目指します。ここから、一気に急な上りとなります。


01048


こういう傾斜の樹林帯を抜けると、今度は岩登り。滑り落ちたら、岩に頭をぶつけて、あの世に行ってしまうので、地蔵尾根の途中で撮った写真は、これ1枚(笑)。稜線中央部に微かに見えるのが、宿泊予定の赤岳展望荘です。


01049


急斜面でのアイゼンの接地方法を友人に教えて貰いながら、どうにかこうにか稜線に辿りつきました。地蔵尾根ですので、お地蔵様が鎮座しています。


010410


ここから山小屋までの、稜線歩きが、夏山でも怖かったことを思い出し、改めて緊張。


010412


ほぼ予定時間に、小屋に到着で、まずまずでしょうか。


010413


30年振りの山小屋泊りです。順調に登れたことで、絶好調となり、 身体が疲れていることも忘れ… 気圧が低いことも忘れ… いい気になって飲んだので、久し振りに天国にいるような気分を味わうことが出来ました(笑)!




謹賀新年

        本年も宜しくお願い致します


営業開始は、6日ですが、下準備のために、本日午後から出勤しました。年末年始くらいと思って、毎年お休みを設定しますが、気になってどうしても事務所に来てしまいます。


自営業の性でしょう。やはり、自分の会社ですと、休んでばかりもいられません。やっておきたいこと、やりたいことが、お休みの時に限って脳裏を過ります。そうすると、自ずと足が事務所に向いてしまいます笑)。


今年1年、更に充実した内容をご提供できますよう、精進して参りたいと思います。私とhana house、どうぞ宜しくお願い致します!


プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる