*All archives* |  *Admin*

2014/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
下手の横好き
絵を描くのは苦手ですが、観るのは大好きです。個展や展覧会のご案内を頂くと、喜んで予定の中に入れます。


当社のお客さまの個展が、6月25日(火)から7月1日(火)の期間、大丸東京店で行われています。


06252


どのゴリラを見ても、表情が大変豊かに描かてています。


06251


絵は勿論ですが、加えて素晴らしのが額装。絵に合ったものを、全てオーダーされています。


前日のTV撮影の余波で、この日は大勢の方が、阿部先生と言葉を交わそうと大賑わい。この秋、建築士会での講演をお願いしようと私も並んだのですが…  かなり時間が掛かりそうでしたので、改めて自宅にお伺いする約束をして会場を後にしました。


06253


お時間ありましたら、是非お出掛け下さい。野生のゴリラの写生に、アフリカの奥地まで行かれてしまう非常にバイタリティのある、世界的にも大変有名な方です。



思い込み
約30年前、車に乗り始めた頃、1度だけパンクをしたことがあります。車は乗り続けておりますが、過去のパンク経験は、その1度だけ。ですので、今時の車はパンクしないと思い込んでいました。


自転車は、パンクします。という認識はありますが、自転車でのパンクの経験もありません。


             私は、パンクは無縁!


そんな勝手な思い込みをしていましたので、先週の話ですが… 一生に残るようなパンクの経験をしました(笑)。


関越道の沼田ICから20キロのところに、追貝という村があります。そこから、舗装がされていない砂利の栗原川林道を20キロ走った地点に、皇海(すかい)山の登山口があります。


兎に角、このような手堀のトンネルまで登場するような物凄い林道です。


06201


上に行けば行くほど、落石したての先の尖った砂利ばかりになります。数ヶ月前に、車を買い替えました。初めて4WDにして、意気揚々、この山を楽しみにしていました。この林道は、普通乗用車での乗り入れは、極めて困難。


終点より3キロ手前で、石に乗り上げたような気がしました。そこから、何となく後輪の調子が可笑しいと思いながらも、


             砂利道も、雪道同様、後輪が滑るんだなぁ。


まさか、パンクをしているとは思いもしないので、そのまま走り、登山口到着。降りて後輪を確認して、吃驚仰天!


06204


             ぎゃ~! どうすんの?


ここまで、1時間半の砂利道走行をして、登山口は目の前。


06202


この時点で、9時。


              山に登って下りてから、対処しよう!


いつもの私ならそうなのですが、村から林道に入った時点で、携帯の電波が入らないことは確認しています。20キロ程を下らなければ、JAFを呼ぶことも出来ません。


頭を冷やそうと、周辺を散策。


06203


スペアがあれば交換も可能なのですが、この頃の発売の車には、スペアタイヤが付属されていません。お粗末な頭で考えた結果は、タイヤが切れるまで、下ってしまうのが1番。少し下りだした所に、山菜を取りにきている方がいました。絶対にこれ以上は下れないと教えて下さり、有難いことに追貝の村まで、乗せてくれました。


村に着いたのが、11時近く、そこからHONDAと遣り取りとし、13時にJAFが来てくれることにました。ただ待っていても仕方がないので、村から徒歩20分ほどの吹割の滝を見学しました。


06206


知りませんでしたが、随分有名な滝なんですね。遊歩道を下りていくと、先ずは、川の和流に感動。


06207


道なりに進むと、吹割の滝。なかなか見事です。


06208


06209


滝鑑賞中に、JAFから電話が入り、林道名を告げると、今向かっている車では無理なので、別な車を向かわせると言います。


              あと、何時間待てばいいの~?


更に待つこと小1時間。漸くJAFのレッカー車が到着。助手席に同乗させて頂き、林道をまた通り、車を止めた地点に到着したのが、15時半。既に、パンクから6時間半が経過(笑)。


062010


これで何とかなると思いきや、私の車を見た瞬間、4WDはレッカー出来ないと言います。おまけに、タイヤ側面に空いた穴は10mm以上。修理不可能な大きさだと言います。


              ぎょえ~! じゃぁ、どうするの?


タイヤを外し、下の村どころか沼田の町のカー用品店に行って、タイヤを交換し、戻って来るしかないと言います。


              一体、何時になっちゃうの?


こうなったら、可能な限り、車を下ろす方が賢明です。頼み込んで、無理を承知で、仮の修理をお願いしました。JAFの方も、夜中にこんな熊で出そうな場所で、タイヤを付けるのは嫌だったのでしょう。協力して下さいました。


062011


いつまた空気が抜けるの分からないので、私の後について、林道を下って頂きました。行けるところまでと思っていましたら、運良く村まで下ることが出来ました。徐々に空気は抜けているものの、自走で沼田の町まで辿り着くことが出来ました。


タイヤを交換し終わったのが、18時半。何しに行ったの?状態でしたが、タイヤはパンクをするものだと、身をもって学ぶいい機会となった訳です(笑)。


性分
どうも私という人間は、じっとしていることが出来ません。ぼんやりですとか、のんびりですとかが大の苦手。


生活習慣が変化し、今までなかった時間が生じたことと、人生の後半、身体機能が衰えてくることを見据えて、先月よりこんなことを初めました。


もともとこういう事が好きであること、凝り性なこと、貧乏性なことが相まって、暇さえあれば木目込人形制作に勤しんでいます。と、言っても、仕事と家事が終わってからですので、毎晩22時スタート(笑)。


161


習い始めて3週間で、これらを作成し、娘からは、


            部屋中が人形だらけになるから、勘弁して~!


と忠告されても、無視し、今週は熊を2頭作ってみました!


162


我ながら短期間でスキルアップしたつもりなので、来月からはちょっと高度なものの制作に入ろうかと考えています(笑)。


この頃、若い人の前で話す機会が随分増えました。そういう時、人生の先輩として、必ず伝えるようにしていることがあります。


            楽しいことは、向こうからはやってこない!

            自分で見つけることが大事!


自分の言葉に責任を持って、実践あるのみ!
仕事の合間に…完
毎日によく降ります。楽しみにしていた群馬県の現場ですが… この雨で、工事の方は、伸び伸びになってしまっています。


1日だけですが、一昨日は梅雨の晴れ間のおかげで、漸く作業に取り掛かれました。


06101


職人さんと作業の打ち合わせを行い、その後、いざ、出陣(笑)!


予定では、渋川市街地から出発のはずでしたが、時間が遅くなってしまったため、榛名山中腹のこの公園に車を止めました。


06109


ご覧の通り、中腹に位置する公園ですので、かなりの勾配があります。自転車に跨るや否や、違和感?


考えてみたら、平地は時々走っているものの、山道は久し振り。違和感が解消できないまま、転倒でもしたら大変なことになります。暫く、駐車場内で走行練習をしました。


すると、自分でも吃驚仰天!右手で一生懸命、前輪のギアチェンジをしようとしていました(笑)。2キロほど乗り回し、それでも違和感が残っていました。よく見ると、前輪のブレーキが解放されたまま。道理で可笑しいと思いました。


                よ~し、準備万端!


公園からたったの5キロですが、久し振りの上りは、堪えます。


06103


前回ここを訪れた際は、車で榛名湖まで行きました。大した距離ではないような記憶でしたので、行ってみることにしました。伊香保温泉より只管上りとなりますが、走っている内に脚も慣れ、想像以上に上れてはおりました。


眼下に温泉街が広がっています。


06104


伊香保温泉より7キロ地点で、標高1,344mの二ツ岳が見えてきました。


06105


この頃から、だんだんお天気が怪しくなってきました。雷注意報が出ているのは知っていましたので、行ける所まで。スタートから13キロ地点が、限界となってしまいました。


06106


一旦は榛名湖を目指したので、尻切れトンボ感。でも、無理は禁物なので、ここで折り返しです。


このところ、間遠になっていた自転車。振り返れば、ここ2年弱、オーバーホールもしていません。急に不安になり、帰路はゆっくり下ってきました。


06107


上りでは、当然ながらスピードが出ませんので、気付きませんでしたが、この道路、ハンプが設けてありました。


               ゆっくり下りてきて、大正解!


061010


普通に下りてきていたら、このうねりで投げ出されていたと思います。年齢故でしょうか?近頃、このような妙な予感がすることがあります。


まだ暫く、工事は続きます。次回は、榛名湖まで行けたらいいなぁと、車の中に自転車を積み放しにしております!


仕事の合間に
大変楽しみにしていた工事が始まりました。工期2週間の予定です。


現場は、群馬県北群馬郡吉岡町。榛名山の東山麓です。距離は、130キロありますが、高速道路を使えば2時間ほどです。風光明媚な所ですので、仕事の合間に、山登りや自転車遊びが出来たらと、色々計画を立てていました。


ところが、残念なことに、梅雨入りと重なってしまい、初日の昨日は、散々なお天気となってしまいました。打ち合わせ時間の合間が、3時間ほど。車で20分ほどの、こんな場所を訪れてみました。


06051


大変珍しいお堂があります。


06053


正式名称は、水沢寺六角二重塔。下層の台座に6地蔵が安置されており、その台座が回転する仕組みになっています。回転しない上層には、大日如来像が安置されています。構造的には、多宝塔に似ていますが、独特の様式です。


06052


ここに来る道すがらに気付きましたが、この地名の水澤は水澤饂飩の水澤だったんですね(笑)。


06056


背景は、榛名山。たくさんの饂飩屋さんが並んでいます。その一軒に立ち寄って、味見。


06055


感想は… こんなものかなぁ。当県加須市は、饂飩の町。そこで美味しい饂飩を食べたことがあるので、驚く程の美味しさではありませんでした。


お天気次第となりますが、2日おき位に現場に行きます。次は、違うお店に入ってみようと思います!




続きを読む

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる