*All archives* |  *Admin*

2014/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
未登録電話
基本的に、お客さまは勿論、友人や家族、親戚の電話番号は、携帯、家電問わず、携帯電話に登録しています。今時は、みなさん、そうされていると思います。


未登録番号からの電話があると、


               誰だろう?


勤めていた頃のお客さまでした!よく、私の携帯番号を削除せずにいてくれたものだと有り難く思います。起業して、9年半が経ちました。ですので、このお客さまとの会話も、10年振りです。


お話をお伺いすると、外壁の補修を含んだ塗装を行いたいとのことでした。


09101


約10年ですので、いい頃合いだと思います。未だ、正確な金額もお出ししていない初訪で、工事のご予約を頂きました。


実は、今年これで3件目です。建物とは、概ね、10年一区切りで、再度手を入れ直す時期になります。勤めていた頃のお客さまが、こうして私のことを覚えていて下さり、工事を依頼して下さることを、心より嬉しく、そして有り難く思います。


間もなく、私も50。そして、hana houseも10年目に入ります。徐々に、次の10年に向けての抱負なども考えておりますが…  幾つになっても、何年経っても、決してブレない、ブラさない自分がいます。何よりも、言葉に責任を持つことです!





お裾分け
9月に入っても未だ続いておりますが… この夏は、天候が不順でした。軒並みスーパーでは、野菜は品薄。おまけに、値段も高め。


いつもの年ですと、終る頃のはずのゴーヤが、今になって収穫の最盛期を迎えております。


09231


上手い具合に、1日1本ならまだしも、昨日はこのように3本。


         もう、ゴーヤは当分食べたくない!


娘たちからも、不満の声も上がっています。


         さて、3本もどうしよう?


どこの家庭も1本あれば十分です。貰ってくれる人が大勢いるところは?いい考えを、思いつきました!


早速着替え、久々の出動です。アソスのリュックに、ゴーヤを3本入れ、いざ出発!


09232


片道26キロ。久し振りなので、丁度良い距離です。1時間20分ほどで、目的地到着!丁度、第2試合が始まったばかりで、おまけに我が娘がマウンドに立っていました(笑)。


09233


娘の学校に行けば、応援の保護者仲間が沢山いるので、ゴーヤの3本くらい簡単に捌けます。


昨日は、東京の代表校が来ての練習試合でした。娘登板の第2試合、仲間の打撃と守備に助けられ、4-1で勝ち。まだまだ危なげな投球ですが、近頃は途中で下ろされることも少なくなり、時には抑えで出るようにもなってきています!


長野県 後立山連峰③
翌日は10時間の行程。予定では、3時半起床の5時出発。でも、起きてみると、既に時5時。おまけに、日の出を拝むことが出来ないほどの曇天。潔く、周回コースを諦らめ、取り敢えず、標高2,821mの針ノ木岳を目指しました。


09151


小屋よりここまで1時間。何も見えません。当然、小屋に戻ると思いきや、友人がここから更に1時間ほどのスバリ岳まで行くと言います。


             どうせ行っても、何も見えないのに…


悪態をつきながらも、一人で戻るのも勇気がいるので、渋々同行。晴れていれば、富山の山々や黒部湖を眺められる素晴らしいコースのはずなのです。がっかりしながら歩いていると、突然空が明るくなりました。


09152


その瞬間、黒部湖が視界に入ってきました。


09153



山のお天気は変わり易いと言いますが… 正しく、その通り!ほんの短い時間でしたが、この山行の目的が果たせたので、大満足(笑)。その後、また何も見えない中を歩いて、スバリ岳到着です。


09154


途中、登山道はこんな感じですので、逆に見えなくて良かったかもしれません。晴れていれば、切れ落ちている箇所が見えてしまって、相当怖かったと思います。


09155


4時間掛けて往復し、小屋からは前日登った道を下りました。


下り途中、爺ヶ岳を眺めることも出来ました。


09156


お天気の関係で、予定通りの山行とはなりませんでしたが、とっても楽しい2日間でした。



長野県 後立山連峰②
稜線に出たところで、待ち受けていたのがこの風景です。


              素晴らし~い!


091615


遠くに見えるのが、穂高連峰。一番高いのが、槍ガ岳です。今宵は、この風景を眺めながらのテント泊です。稜線上にある針ノ木小屋で受付を済ませ、荷物を置き、空身で蓮華岳を目指します。


針ノ木小屋の標高が、2,538m。目指す蓮華岳は、2,799m。いくら、空身といえども、疲れた足で更に250m登るのは、私にとては結構大変(笑)。唯、標高を上げれば上げるだけ、素晴らしい世界が待っているので、辛さは只管我慢です。


09169


翌日縦走する予定の、針ノ木岳、スバリ岳です。この稜線を画像右方向に14キロ歩くはず?


更に高度を上げると、岩の殿堂、剱岳がその姿を現しました。圧巻です!


091610


そして、これが蓮華岳。優しい女性のような印象の山です。


091611


            これ以上は歩けない!歩きたくない!


と、ぶつぶつ言いながら… 友人の足を引っ張りながら… それでも漸く、山頂到着。


091612


この蓮華岳、山頂付近だけ猫を被って、優しい女性の振りをしていますが、素顔はきっと鬼婆。途中の勾配、かなりあります。登っているときは必至でよく分かりませんでしたが、下ってみると、こんな感じ。


091617


眼下が、針ノ木小屋です。足が疲れているとき程、下りは気を引き締めないとなりません。ですので、余計疲れますが、何とか針ノ木小屋に帰還。


テント場からの夕景です。


091618


もう少しいいお天気を期待していましたが、雨が降らないだけ良し。この夕景を眺めながらのビールは、寒くて凍えそうでした(笑)!


長野県 後立山連峰①
長野県北部の大町に、黒部ダムの入口となる扇沢という所があります。黒部ダムへ行くには、ここから乗り物に乗って行きます。


09161


昨年の夏に娘たちと旅行に行った際に、目にした山に登ってみたいなぁと思ったのが、今回の山行のきっかけです。


このターミナル駅横に、その登山道があります。


09162


この登山口より針ノ木雪渓を通って、稜線に上がり、黒部湖を見下ろしながら、稜線を縦走する予定でのスタートです。


物知りな友人が一緒ですので、私自身はあまり下調べをしないまま(笑)。どれが目指している山なのかも分からない状態。


09163


快晴予報のはずが、薄日が差す程度。おかげで、登りは少しは楽になります。


09164


小1時間で、大沢小屋到着。横張りサイディングを貼った、なかなかお洒落な小屋です。トップシーズンは過ぎているので、既に小屋は閉まっています。


09165


ここから少しで、針ノ木雪渓に出ます。


09166


先月でしたら、この雪渓を登ることが出来たのですが、9月ともなると崩落が進み、回避して登ります。


09167


               雪渓を登った方が、楽なのに…



内心、こんなことを思いながら、雪渓を恨みながら登っているので、いつもより時間が掛かります(笑)。3時間の急登に耐え、漸く稜線到着です。


09168








時代の変化
戦後、核家族化が進み、家族観が変わりました。その潮流故に、葬儀やお墓に関する考え方も、大きく変化しているようです。少子化も手伝い、ご先祖さまからの代々のお墓を守るという意識は希薄になり、安価で維持管理が楽なものが、人気のようです。


長年当社をご利用下さっているお寺さまが、この度、時代を先取りした永代供養墓を建てられました。


09086


その位置を決定する際に、立ち会わせて頂けたら良かったのですが… お客さまと石屋さんで決めた場所には、このように浄化槽はあるし… 雑排水、汚水の桝はあるし…


完成後すぐに呼ばれまして、周囲を綺麗にして、見栄えがするようにして欲しいとの依頼を受けました。



09087


簡単に依頼されても、ちっとも簡単ではありません。浄化槽まであるので、大ごとです。おまけに、図面と実際の配管が不一致で、掘りながら考えるしかありません。


09088


こういう時に限って、暑かったりする訳です。


09089


朝から工事に立会い、夕方には私は真っ黒(笑)。


09082



水道工事が終わると、今度は外構工事。


09083


何だか、毎日掘ってばかり。


09084


1週間の予定が、雨で延び、漸く昨日完成しました!


09085


耐震永代供養墓です。間もなく、募集開始となるようですので、ご興味ありましたらお尋ね下さい。外構、私の自信作です(笑)。


出会い
50の手習いとして4ヶ月前から始めた木目込人形は、只今こんな感じです。


08317


夜10時から3時間ほどをこの制作に当てていますが、衣装を木目込むだけならどんな布でも大丈夫になりました。お顔がとっても可愛い、私のお気に入りの豆雛です。


08318


1つのことを面白いと思うと、徹底的に調べたくなる私がいます。ですので、こんな本をAmazonで買ったりもしています(笑)。


08316


ある程度のことが出来るようになると、欲が出てきます。自分の好みを、反映させたくなります。お隣り、さいたま市岩槻区は、人形の町です。材料を小売してくれるお店はないかと、ネットで検索し、電話で確認の上、伺いました。


08314


お店の中に入って、その飾られた雛人形に吃驚!


08311


吃驚な理由は、私が使いたいと思う色柄の衣装を着たお雛様が沢山並んでいたからです。


08312


この金重人形店のお雛さまは、伝統工芸士・ゆうき氏の作品です。


08315


折りよく、お店にいらっしゃいましたので、名刺交換をさせて頂きました。が、これまた、吃驚!長年、私は印伝の名刺入れを使っておりますが、ゆうき氏も一緒。しかも、色も柄も、一緒(笑)。つまり、好みが同じということです。


当然ながら、話も合う訳です。初訪にも拘らず、話が盛り上がってしまいました。私が使いたい布を伝えると、態々作業場から持ってきて下さり、カットまでして分けてくださいました。


08313


何故か、とっても不思議な縁を感じる出会いです。


常に思うことですが… 一歩前に出ようとすると、必ず素敵な邂逅があります。老後の準備に始めた木目込人形ですが、これから益々老後が楽しみです!





専門的指導
オリンピック投手2人を育て上げたというソフトボール界の重鎮が、態々学校に出向いて、投球指導をしてくれるというので、夏休み最終日の昨日は、三女の部活を見に行ってきました。


ついていくのがやっとで、いつも顔が強ばっている三女の顔が更に強ばっていました(笑)。この大先生が来て下さる時は、もの凄く緊張するそうです。


08312


公式戦を含め登板の機会が増えましたが、技術的体力的にもまだまだです。


             自分を捨て、素直に全てを吸収するように!


有難いことに、非常に恵まれた環境にいます。吸収出来るか否かは、本人次第ですので、これ以上は口を挟まないようにしています。因みに、キャップを被っているのは、娘の同級生の右腕投手ですが、U16日本代表投手!学ぶべき存在が周囲に沢山ある娘の環境を、羨ましくも思います。


見たこともない、このような練習もしていました。ホームベースに草を立てています。素人の私には、意味不明(笑)。


08311


帰宅した娘に聞いてみると、この草に狙いを定めて投げる練習だそうです。


              星 飛雄馬みたい!


と古いことを言ったら、スルーされてしまいましたが(笑)…


夏休み中、朝6時に家を出て、夜9時帰宅。完全なオフは、たったの2日だけ。我が娘ながら、よく頑張った夏でした!


プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる