*All archives* |  *Admin*

2015/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
新田くんの個展
以前ここでも、お話をしたことがありますNY在住の新田和繁氏の個展が、日本橋三越で行われておりました。


私自身が時間的に行けるかどうか分からなかったもので、このように事後報告となってしまいました。申し訳ありません。


04242


大学卒業後、画家を目指して単身NYに渡った同級生です。


04241


心から素晴らしいと思います。前回は、梅田阪急デパート。そして今回は、日本橋三越。こういう一流デパートで個展など、なかなか出来るものではありません。


大学時代と変わらない、新田くんの人柄が映し出されている優しいスケッチが沢山展示してありました。


04243


その中の1枚を分けて貰いました。来週の月曜日に届きます。そしたら、事務所の中に飾る予定ですので、是非、観にきて下さい。





マウンド復帰!?
昨年9月に、全治6ヶ月の疲労骨折を負った三女ですが… 松葉杖の期間も含めて、1日も部活を休むことなく、可能な範囲の中でトレーニングを積んできました。

未だ完治ではありません。痛みが完全に取れるまで、まだ半年は掛かるそうです。ですが、担当医の指示に従い、年明けから徐々にトレーニング範囲を広げ、先月下旬よりピッチング練習を再開しました。


04212


練習試合でも投げるようになりました。親としては、怪我が怪我だっただけに、


             ちょっと、早いのでは?


と思いますが、全国大会に行くようなチームですので、こういうものなのでしょうか。


一昨日の練習試合では、怪我以来、初めてAチームで先発しました。やはり、嬉しいのでしょう。仲間と楽しそうにプレーをしていました。相手を0点で抑え、7か月振りの完投。


04213


再発防止のため、ピッチングフォームを改造中だそうです。以前は、このようなフォームで投げておりました。


04215


左足が地面に平行に残るため、足首、厳密には下肢の1番足首に近い部分を痛めました。現在は、踵をあげ、左足を点で残すような練習を積んでいるようです。


04211


この半年間、加圧トレーニングを採り入れ、上半身の筋力アップを図りました。結果、体重が5kgも増え、170cm 58kgと男子並み。利き腕の握力は、45kg!


子どもの怪我は親にとっては重いもの。2度と繰り返さないよう、焦らず無理をしないよう、毎朝小言とともに送り出しています(笑)。



介護保険・住宅改修
ご近所の方のお話です。2人のお子さまを抱えながら、60歳の定年まで働き続けたという、仕事を持つ女性のパイオニア的存在です。若い頃は、私以上に動き回っていたと仰る、現在79歳になられる方です。


5年前に、ちょっとのことで躓き、膝を痛めたそうです。以来膝の状態が良くないまま、更に2年前に転倒し、現在では杖を使用しないと、歩くことが出来ません。介護保険の認定は、要支援1です。


最も大変な動作が、入浴。古いタイルのお風呂ですので、先ず20cmほどの段差が問題となります。今までは、木枠を持って身体を支えていたそうです。


04122


出入口だけではなく、浴槽にも手摺がなかったので、このように取付けました。


04125


現在、介護認定支援1以上で、介護保険を用いた住宅改修を行うことが出来ます。20万円を限度に、被保険者は1割負担。9割は介護保険で賄われます。


いつまでも続く支援とは限りません。該当される方は、無理をして更に状態を悪くしてしまうより、現在の仕組みを有効に使われた方が良いと思います。


ご自分ではなく、ご両親の場合も、是非ご相談下さい。施工事例も増えましたので、いろいろなケースのお話が出来ると思います!


菜種梅雨
連続して、先月末の熊野の旅を綴りました。意識して、楽しい話題を選択しておりますが… そうすると、時折、いつ仕事してるの? と質問されたり、笑われたりします。ちゃんと、仕事はしています!


行きに9時間掛かった熊野ですが、帰りは日曜日で名古屋の渋滞に嵌り、15時間も掛かりました。月曜の朝4時半に帰宅し、小1時間ほど睡眠を取り、勿論いつも通り仕事です。私の日常は、こんなペース(笑)。


以来2週間、春日部市内で、外装工事を行っております。


04122


先週末に終了予定で工程を組んでおりましたが、何といっても、この天候。


             菜種梅雨、いい加減にして~!


と、叫びたくなるような日々。私も職人さんも、にっちもさっちも行かず、昨日は日曜日にも拘わらず、作業を継続。


04123


外部工事の場合は、雨天を見込んで、中日も設けているのですが… それでも、今回の菜種梅雨にはお手上げで、あと1週間は掛かりそうです。


自分のキャパを重々承知しています。時折、急を要する仕事が入ったりもしますので、現場は基本的に重ねないよう予定を組んでいます。が、この度ばかりは、上手く行きませんでした。


今日から、さいたま市見沼区での現場が始まりました。


04121


西の方から、大荒れの天気と予報が出ていますので、足場屋さんに台風養生の支持を出しました。今週は、想像を絶する1週間になりそうです。時間に追われれば、追われるほど元気になる私ですので、佳境を楽しもうと思います!


熊野の旅 最終回
時間が許せば、本州最南端の潮岬まで走りたかったのです。宿泊した新宮市から、凡そ50キロ。どこか時間が取れればと思っていましたが、無理でした(笑)。それでも、未練たらたら、時間が許す範囲で、国道42号を南下してみました。


04084


新宮市から10キロほどで、那智勝浦町に入ります。すると、こんな看板が目に飛び込んできました!


04081


            八咫烏の 招きに会いて いざ那智山


那智の滝も、那智大社も山の上の方にあるのは、知っています。ホテルの方に、その坂の様子は事前に伺っておりました。『それほどの坂ではないですよ。』と。この言葉と八咫烏看板に唆され、意を決し、目指せ那智山!


何せ久し振りのヒルクライム。残念ながら、途中で写真を撮る余裕はありませんでした。と言いますか… 実は、途中で自転車から降りてしまったら、2度とビンディングが填められないような急な道(笑)。


何度も途中で引き返そうかと思いましたが…


            ここで止めたら、女が廃る!


と、意味不明な言葉で、自らを戒め、漸く那智の滝に到着。


04085


熊野那智大社は、更に2キロほど上。頑張りました!


04086


本殿です。


04088


那智の滝よりも高いところまで上り、気分爽快です。


04087


大変のんびりとしたいい所です。


04089


もっとゆっくりしたかったのですが、上りに時間が掛かり過ぎてしまい、


            娘チームの試合が!


帰路は、大急ぎ。なのですが、坂があまりにも急で、油断をすると、すぐ時速50キロ近くになってしまいます。ブレーキを引き引き下りました。


040810


今回の旅は、丸4日半。下調べもよくしたので、多くを見ることが出来ました。早朝ランに加え、試合合間ランもしました。


世界遺産の『花の窟』です。


040810


国史跡・新宮城址。現在、石垣だけが残されています。雨が降ってきたため、画像はありませんが、石垣の石積みは目を見張るほどの美しさでした。国の史跡指定がなされているので国宝級です。


040812


本丸跡からは、熊野川と市内が一望出来ます。


040813


熊野本宮大社、熊野那智大社と訪れた私に、抜かりはありません(笑)。


040814


最後に、熊野速玉大社。これで、熊野三山、全てを巡り、おまけにこちらの熊野三山まで堪能しました(笑)。


040815


            娘の球が、速くなりますように…


大変いい旅でした。ところで、肝心な娘チームの戦績は…  


前半2日間のリーグ戦は、2勝1引き分けで、1位通過し、後半の決勝トーナメントに進みました。大会3日目の1回戦で、8-11で敗れてしまいました。


まだ完治とまではいきませんが、娘もこのようにグランド脇で投球練習をするようにもなりました。


04082


この都度の大会では、勝ち試合の最終回にマウンドにも立つことが出来ました。


04083


現在、再度怪我をしないように、フォームの改造をしているようです。パフォーマンスが落ちるのは避けらないので、そこから這い上がるのか?そのまま低迷したまま終わるのか?素人な母は、黙って見守るしかありません(笑)。




熊野の旅③
大会は熊野市でしたが、全国大会ともなると、協会で市内の宿泊施設を選手用に押さえてしまうため、同市内の宿泊は不可でした。色々考え合わせ、私は和歌山県新宮市を宿泊地に選びました。熊野市まで25キロです。


紀伊半島熊野灘沿いの国道42号。車も少なく、路面状態も非常に良い、自転車には最高の道です!


04042


何といっても、この景色!


04043


気分爽快!まるで、ワイキキ(笑)!


04044


大会初日は2試合。その合間にも、周辺を自転車で散策してみました。


熊野市駅です。


04045


世界遺産・獅子巌です。


04046


熊野は神の国ですので、至る所に神社があります。


04049


国道42号を尾鷲方面に北上してみました。


04048


防波堤と国道の間に、このようなサイクリングロードがありました!自転車に乗りながら、こんな景色が楽しめてしまう訳です。


04047


車ですと、通り過ぎてしまう景色があります。自転車ですと、四季折々を肌で感じながら、好きな時に止まって、好きなだけ風景を楽しむことが出来ます。そこが、自転車の最大の魅力です。


           自転車を積んで来きて良かった!  

           そこそこ走れる自分で良かった!


この日の走行距離は、80キロ。娘チームの戦績は、1勝1引き分け。大変いい1日でした。






熊野の旅②
頭の単純な私は、熊野と言えば、すぐさま世界遺産の熊野古道を連想しました。下調べをしてみると、古道のコースの多さに驚きました。


数ある古道の中から私が選んだ道は、熊野本宮大社を起点に、中辺路18キロの周回コースです。2つの峠越えがあり、標準歩行時間で5時間半。これは歩き通しての時間ですので、休憩を含めると、私の予想では6時間半。


娘の開会式が14時からですので、逆算して、6時丁度に歩き出すつもりで、5時30分に熊野本宮大社に到着。


04021


出先では、必ず建築物を見学します。特に大の神社好きなので、嵌ります(笑)。


04022


予定に神社見学を入れ忘れていました。なのに、それに気付かず、ここでかなりの時間を費やしてしまいました。


            ぎゃ~ 7時!


先ずは、大日越という峠道からです。


04023


登り出しは、石段です。


04024


なかなかいい感じです。


04025


10分もしない内に、石段は終わり、


            唯の山登りじゃん!


04026


実は、熊野古道というと、ずっと石畳が続くと思っていたのです(笑)。ですので、この唯の登山道には、かなりがっかりしました。


小さな峠越えをして、予定より早く、湯の峰温泉に到着です。日本最古の温泉らしいですよ。


04028


ここから今度は、赤木越えです。


04029


今度は石段を少し登った所から、以降ずっと山道です。


040210


観光案内地図では分かりませんが、結構なアップダウンがあります。


040211


アルプスとは言いませんが、中級山岳くらいの山道です。ちっとも古道散策レベルではありません。誰にも会いません。時々山登りを楽しんでおりますが、過去に誰とも会わないという経験がないもので、途中からはかなり不安になりました。

    
            熊に会ったら、どうしよう?


040212


その不安と時間が押していることもあり、休憩も取らず、10キロ歩き通し、漸く人のいる所に出ました。


040213


熊野本宮大社からここまでは、観光バスが来ています。バスでここまで来て、古道を歩いて大社に戻るのが、一般的です(笑)。ここからは山道ではなく、よく整備されています。


040214


このような休憩所も完備されています。


040215


憧れの石畳も、頻繁に現れます。


040216


時間が押しているので、寄り道などしなければいものを、『見晴台』なる看板に誘われ、暫しコースアウト。


040217


出発時間の遅れと、2つ目の峠越えでの時間超過で、起点に着いたのが、13時。


            開会式まで、あと1時間しかない!


着替えをする時間すらないまま、車に頑張ってもらって、開会式ギリギリセーフ(笑)。


040219


私立高校のみですが、全国から強豪48校が集う大会です。


040220


選抜大会同様、大変立派な開会式でした!


            あぁ、間に合って、良かった。。。



 


熊野の旅①
全国選抜大会に引き続き、全国私学大会が三重県熊野市で開催されました。娘チーム、5年振り2度目の出場です。その応援に、行って参りました。


この度は、一人旅。娘チームの応援以外の時間は、全て自分の好きなことに当てようと事前に下調べをし、計画を立てました(笑)。欲をかいた結果、移動手段として、車を選択。自転車と登山道具一式を積込み、朝3時に春日部を出発。


目的地の熊野市まで、600キロ!名古屋で通勤ラッシュにぶつかり、9時間も掛かって、漸く到着。


04123


この日の予定は、観光スポット巡り。先ずは、世界遺産の鬼ヶ城。


04012


サスペンスドラマの舞台に使われる場所だそうです。


04011


次なる場所に向かおうと、熊野灘沿いの国道42号線を走っていると、こんな文字が…


04014


思わず車を止めて、見入ってしまいました。


04015


04016


ソフトボールに力を入れている市だそうで、街中至る所に、歓迎と試合会場の看板がありました。有難いことです。


奈良県、和歌山県および三重県を流れる一級河川の熊野川。中流域です。場所場所で表情の変わる、大変美しい川でした。


040110


日本の棚田百選に入っている、丸山千枚田。高低差100mの中に、1300枚の水田が並ぶ日本最大規模の棚田です。


04017


築城の名手・藤堂高虎が築いた国指定史跡 「赤木城跡」です。

04018


高虎は、豊臣・徳川両政権における重鎮で、築城の名手とうたわれており、赤木城跡は、当時の原形を残した全国でも数少ないものの1つです。


04019


もう少し回る予定でしたが、流石に9時間の運転は堪えます。温泉に入り、美味しいビールを飲み、この日は翌日に備え、早寝をしてしまいました。


プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる