*All archives* |  *Admin*

2015/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
初観戦
娘のソフトボールの試合は、よく観に行きます。東京ドームで、巨人戦を観たこともあります。LAで、ドジャース戦を観たこともあります。でも、高校野球を生で観たことは1度もありませんでした。


本日、埼玉大会決勝戦が、県立大宮球場で行われました!


07283


何でも初めて大好き人間な私は、自ら、とあるお役目を引き受け、それに託け初観戦(笑)。


さすが、決勝戦。この人出!


07284


私は3塁側におりましが、圧倒的に1塁側の応援席の方が人数も多く、盛り上がっておりました。


         県立白岡高校  vs  花咲徳栄高校


準決勝で、強豪・浦和学院を破り、ノーシードで決勝戦まで上がってきた県立高校です。県立高校が決勝戦まできたことで、みんなが応援している、そんな雰囲気のスタンドでした。


校内合宿中の娘チームも、野球部応援に駆け付けました。本日の私のお役目は、娘チームの昼食配達(笑)。ですので、私は対面の娘の高校スタンド。


07286


大変いい試合でした。


07282


結果、娘高校が勝ち、埼玉代表として甲子園に行きますが、私に言わせれば、選手を掻き集めた私立ですから。娘が通っている高校ですので、応援しましたが、もしそうでなければ、間違いなく、県立高校を応援しました(笑)。


ノーシードでここまで上がってくるなんて、本当に素晴らしいと思います。私立とは、環境も設備も全く異なります。一教員が指導引率し、選手も自力で移動。それが、高校生の本来の姿。昼食や移動まで親任せの私立とは大違い。娘の通う学校の批判はよくありませんが・・・ 高校生とは、自分の力で大人への階段を登る大事な時期。親を当てにするのは、私は大間違いだと思っております。


個人的な感想はさておき、何事も初めてはいいものです。いい経験が出来ます。


試合終了とともに、場外に出ると、号外が配布されていました。


07285


このような号外もあることを知り、改めて世の中知らないことだらけを再認識しました!




bana-2
老後の準備
一見、粗雑に映るようで、よくB型と言われます。違います。私は、典型的なA型で、几帳面だと思います。娘たちに言わせると、どうでもいいことにまで細かいので、ウザイとなります(笑)。


前もって準備することは当たり前と考えています。仕事だけではありません。私的な面でも、そうです。


50の手習いとしてここでも紹介しましたが、老後の準備として、昨年4月より木目込人形を習い始めました。


現在、私は50です。今はまだ足場に攀じ登り、現場の管理も出来ますが、いずれ必ず出来なくなる時が来ます。勝手に65くらいまでは出来ると思っていますが(笑)。そういう時を迎えて、その時に何かをしようと思ってもなかなか出来ないものだと思います。その時のためにと習い始めたのがこの木目込人形です。


1つのことを始めると、夢中になる性分です。通常は、2年と言われる課程を、半年で終わらせ、本年1月1日付けで教授のお免状を頂きました。


07243


老後の準備万端!これで、一応お教室も開けます。と言っても、実際はまだまだ修行が必要です。


昨年と違い、今年度は上手く時間が作れず、遅々として作業が進みません。


既に、赤ちゃんが生まれて1ヶ月以上も経ってしまいましたが、漸くお客さまのお孫さんへのプレゼントが出来上がりました!



07241


この高砂人形は、知人の結婚のお祝い用です。


07242


ご希望がありましたら、お伝え下さい。納品まで、ちょっと時間は掛かりますが、お好みの衣装で製作することが出来ます!




bana-1
トイレの話
私の小さい頃は、どっぽんトイレが普通で、和式でした。それが水洗トイレとなり、今やすっかりどこも洋式です。


ですので、今の子どもたちは、和式トイレはどのようにしていいのか分からないそうです。おまけに、和式トイレ世代の高齢化が進み、こちらは身体能力の問題で、和式が使えないようです。


いつも当社をご利用下さるお客さまから、ご相談を頂きました。築30年の特殊建築物のトイレを和式から洋式に変更したいとのお話です。


07192


難点が1つ。数年以内の、この建物自体の建て替えを予定されていること。ですので、なるべく予算を掛けないで工事を行いたいとのご要望です。


和式トイレを解体すると、こうなります。


07193


給排水を洋式用に配管し直し、モルタルを充填しました。


07194


この30年前のタイルが問題です。当然、同じものは手に入りません。全て貼りかえてしまえば問題はありませんが、なるべくローコストで。


              果てさて、どうするか?



07191


大きさや色目でサンプルを取り寄せて、このように仕上げてみました!



07195


リフォームをするにあっては、状況や予算は大変重要です。限られた中で、1番いいと思うものを提案させて頂き、具現化する私の仕事を改めて面白いと思った次第です。




bana-2
長野県 白馬岳
私の山行は、1人の時もありますし、友人と一緒の時もあります。技量がないので、雪山だけは、決して1人では行きません。


時既に盛夏ですので、雪山ではありませんが・・・ この時期でも、北アルプスには雪が沢山。日帰りですが、友人が白馬岳に登るというので、私も合流しました。


長野県側の登山口、猿倉を5時にスタートしました。


07111


実は、この山行、結構不安だらけ(笑)。1ヵ月振りの山登りで、しかもこの間全く運動をしていません。休憩無しの標準コース時間で往復10時間半。おまけに、獲得標高1,700m。明らかに、1泊2日のコースです。


07112


朝の5時ですと、まだ肌寒いくらい。暫く林道を歩き、登山道に入ります。45分程で、白馬尻小屋に到着です。


071113


40年前になりますが、私が初めて登った山が、この白馬岳です。そういう意味で、思い入れのある山です。


07114


これが白馬大雪渓です。小屋のすぐ脇から始まっていたので、すぐに軽アイゼンを装着。


私が初めて登った時は8月でしたので、これほど雪は多くありませんでした。今から思い返すと、その時はアイゼンなど付けず、しかも小学生でしたので、上下ともナイロンジャージ。よく登れたものです。


大した斜度ではないのですが、軽アイゼンを装着していても、何故か滑る感じがします。


         まずい~! これは、絶対に雪渓恐怖症!


恥ずかしい話なのでここでは控えておりましたが、実は先月、ここより至近の山の雪面で、数十メートル滑落し、腕を怪我しました。擦過傷ですが、距離が長かったので傷が深く、いまだ通院しております(笑)。予期はしていましたが、その時の恐怖心が蘇ります。怖々登っていると、時折落石の音がします。


         怖すぎる~!


07115


周囲は、こんな大きな石が、ごろごろ。私らしくもなく、怯みながら登っていると、いつの間にやら友人は・・・


         ちょっと、待って~!


この日、一日中、こんな状態でした(笑)。


07116


こんな怖い雪渓に一人取り残される方がもっと怖いので、私も必死。1番傾斜が強い所でもこの程度なので、私が滑落した斜面に比べれば、大したことはないのですが・・・


07119


必死になった分、予定より早く頂上宿舎に到着。少々休憩。


071110


ここから山頂までは、稜線伝いに40分程のはず。左が白馬岳山頂。正面が有名な『雲上のホテル』と言われる白馬山荘です。800名収容の日本最大の山荘です。


07101


ここからは、日本海を眺めることが出来ました。


07111


既に5時間も登り、足はくたくた。


          あと、ちょっとなので、頑張ろう!


07113


標高2,932m。絶景が待っていました!槍穂から剱岳まで、北アルプスが見渡せました。


07114


画像右が、剱岳です。


07118


登って来た雪渓を振り返り、我ながら、よく短時間で登ったものだと感心(笑)。


07112


小蓮華岳方面の稜線です。見えませんが、この先に先月私が滑落した雪面があります(笑)。


07119


帰路、雲上のホテルのレストランでランチ(笑)。


07117


この時期、山ではお花が綺麗に咲いています。


07116


登りを急いだおかげで、下りに余裕が生まれ、時々お花鑑賞も出来ました。


07115


山での怪我や遭難は、必ず下山時に起きるもの。私もそうでした。ですので、雪渓を下る時は、おっかなびっくり。転んでも滑り落ちるような斜面ではないのですが・・・


07117


無事に、15時に駐車場到着。小休止、昼食含めて10時間。いい山行でした!



bana-1

続きを読む

直感
科学的ではありませんが… 私は直感が働く方ではないかと自分で思います。


10年に渡り、色々な工事を請け負ってきました。具体的なプランを考える段階から、工程と最終仕上がりまで予測をします。上手く仕上げるには、その流れの中での、お客さまと私の関係も重要な要素となります。


先月のことですが、30代の若いご夫婦が住宅の相談に来て下さいました。ご両親さまがお住まいの住宅を全面改修し、2世帯にというご希望です。ご両親さまの図面を拝見させて頂いている内に、


        これは、いいものが出来るかもしれない!


私の非科学的な直感です(笑)。このような直感が働くと、物事はプラスに動きます。プランを作成していても、スムーズに流れます。


07081


仕事の中で、プランの作成が最も楽しい部分ですが、こういう時は、楽しさが倍増します。


07082


プランの段階でいいものが出来上がると、連動して工事も上手くいきます。


この規模のリフォームとなりますと、ご家族の意見の調整が必要です。予算の計画も必要です。それら全てをクリアしないと、先には進まないお話ですが、今年度の中で1番直感が働いた案件です!


目処はまだ立っていませんが… 具体化出来る日を楽しみにしております。




bana-2
プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる