*All archives* |  *Admin*

2015/12
<<11 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
冬季休業のお知らせ
               
             12月29日(火)~1月4日(月)


2015年も間もなく終わりです。あっという間の1年でした。


この1年で関わらせて頂きました工事の数は、25件。不動産の媒介が2件。大変有り難く、当社をご利用下さるお客さまには、感謝の気持ちで一杯です。


人との出会いを大切に、1つ1つの案件を大切に、1年1年を重ねていきたいと思っております。


今年1年、ありがとうございました。そして、新しい年も、hana houseと私をよろしくお願い致します。





bana-2
長野県 木曽駒ケ岳
今年は、暖冬ですね。先月、雪山に登りたくて、遠路遥々立山まで行きましたが、積雪は今一つでした。以来、お天気予報と睨めっこ。漸く、3,000m級の山々は白くなったということでしたので、それならば!


と言っても、素人の私が厳冬期に登れる雪山は多くはありません。今回は、ちょっと遠いのですが、中央アルプス初挑戦も兼ねて、ロープウェイ利用の木曽駒ケ岳にに登ってきました。


中央道・駒ヶ根IC下りてすぐに、菅の平バスターミナルがあります。ここから先は一般車は進入出来ません。ここに駐車して、バスでロープウェイ駅に向かいます。


12214


この時期、バスも1時間に1本です。そのバスに合わせて、ロープウェイが運行されているので、約1時間後にはこの高さ!


122111


ロープウェイ駅から外に出た瞬間に、この景色!



12215


            やった~!


と喜んだ瞬間、カメラを雪の中に、ドッポン! レンズに雪が付着し、こんな画像になってしまいました(笑)。


12216


その後、標高を上げるにつけ、付いた水滴が凍り、カメラが機能しなくなってしまいました。気温が低いと、携帯も動作が鈍くなります。それでも、カメラが駄目なので、懐で温めつつ、景色を撮りました。


2時間程で、標高2,956mの木曽駒ケ岳山頂到着です。快晴ですので、絶景です。


12211


寒さと強風で、山頂に長居は出来ません。少し下って、木曽駒ケ岳を振り返りました。


12217


標高2,956m。それ程、格好のいい山ではありません(笑)。遠くに、御嶽山も見えます。


12218


木曽駒ケ岳よりやや標高が低いのですが、この岩峰が宝剣岳です。この春の雪山で滑落して以来、私は下り恐怖症になり、これを登る勇気はありませんでした。


12219


それでも、木曽駒ケ岳の山頂は踏めましたし、素晴らしい景色を堪能しましたので大満足です。


12212


昼過ぎ頃より、レンズの氷も溶け、カメラが機能するようになりました。行きにこの画像を撮ろうと思って、カメラを落とした次第です(笑)。


12210



ちょっと遠いのがネックですが、次回グリーンシーズンに訪れみたいと思います!





bana-1
有限会社
先日ある研修会に参加し、同じテーブルの方々と名刺交換した際に、


            有限会社、羨ましいです。


と皆さまから言われました。理由を尋ねますと、現在では稀少であること、資本金及び責任が明確だからということでした。


私には全くない視点でした。人の考えというのは、各々違います。だから世の中面白く、学びがあるわけですが・・・ むしろ、マイナスイメージであった有限会社が、10年も経つとこのように価値観が変わるものかと驚かされした。


会社法は2005年に国会を通過し、2006年に施行されました。その際、根拠法である有限会社法が廃止され、以降有限会社の設立は出来なくなりました。会社法施行の際に存在していた有限会社は、以後は株式会社として存続し、従来の有限会社に類似した経過措置・特則が適用されるようになりました。社名の変更は強制されないため、そのままにしてあるのが実情です(笑)。


資本金1円で株式会社を設立出来る新法を知っていながら、滑り込み状態でhana houseを敢えて有限会社で登記しました。その理由は、登記役員が1人で済むからです。当時株式会社にするには、役員が5名必要だったと記憶しています。親兄弟に頼んで名を連ねてもらうことも有りですが、私は飽く迄、全て自己責任、自己完結の会社にしたかったのです。


同席した方々は、2006年以降設立の株式会社は、その業務・会計内容を精査しないと取引が出来ないと仰っておりました。これまた、私には欠落していた視点でした。


久し振りに参加した研修会で、多くを学ばせて頂きました。新規に設立した会社で10年後に残れるのは、10社に1社。低空飛行ではありますが、折角その1割に残れたhana house有限会社ですので、今後も一生懸命取り組んでいきたいと思います!






bana-2
連絡網
個人情報保護法と携帯電話の普及によって、自宅電話を使用しての連絡網という形態がなくなりました。


三女が小学生だった約6年前にはまだ学校からの緊急連絡には、自宅電話が使用されていましたが、現在全てメールです。


昨日、下記の三女の部活の連絡メールが保護者会長から入りました。


   今後の予定を連絡します。
   車出しのご協力をお願いしますm(__)m
   変更等ありましたら連絡いたします。ご理解ご協力のお願いいたしますm(__)m

   【今後の予定】
   12/20(日):中学生男子選抜チーム H 合同練習 *グランド開き打合せ
   12/23(祝):東京富士大学 A 合同練習
   🚗車出しのご協力
   1/3(日):グランド開き
   1/4(月):祈祷
   1/10(日):中高合同練習 H
   1/11(祝):神田 H
   1/16(土):篠ノ井 H
   1/17(日):厚木 A
   🚗車出しのご協力
   2/7(日):千葉経済 A
   🚗車出しのご協力
   2/11(祝):篠ノ井 H
   2/14(日):厚木 A
   🚗車出しのご協力
   2/28(日):水戸二高 H
   3/12(土):太田商業 A
   🚗車出しのご協力
   3/13(日):千葉経済 A
   🚗車出しのご協力
   3/19(土):文星 H
   3/21(祝):神田 H
   3/24(木)~28(月): 第46回東日本大会 那珂総合公園、他
   4/3(日):厚木 A
   🚗車出しのご協力
   4/4(月):千葉経済 A
   🚗車出しのご協力



便利な世の中になりました。こんな長文が一斉に送れる訳ですから。とてもとても電話連絡では無理です。


見慣れた内容ですが、今回は今までとは雰囲気が違います。一瞬、何故かと思ったら、


         ぎゃ~! 車出しが、赤字装飾されてる!


これだけ見ると、月2回程度に見えますが・・・ 今後徐々に空いている土日には練習試合が入り、最終的には全て一杯になる仕組み(笑)。


このメールの直後に、今度は副会長からお茶だし当番のメールも来ました。便利になったのはいいのですが、正直内心は複雑です。でも、出来る範囲の中で手伝う主義の私は、早速来年度の手帳に予定を落と込み、仕事と睨めっこ。


娘の引退まで半年。親ですので、あと半年、悔いなく娘応援団長でありたいと思います!






bana-1
改めて・・・
昨冬に、車を乗り換えました。2年近く前になります。


12131


仕事用ですが、基本的に晴れている場合は自転車移動ですので、意外とお客さまはお気づきにならないものです。


半年程前の雨の日に、起業時より当社をご利用下さっているお客さま宅に伺いました。その折、


           阿部さんの車、いいなぁ。


車高があるので視界も良く、なかなか乗り易いということをお伝えしました。


その後、3ヶ月ほどしてお目に掛かった際、


           俺も、同じの買おうかなぁ。


と仰っておりましたので、是非にとお勧めしました。


そして、先週お目に掛かりましたら、本当にご購入されていました。その後すぐに注文されたと伺い、大笑いをしてしまいました。決して安いものではありませんので、まさかこんなすぐにお買いになるとは思いませんでした!


12134


しかも、私のとは比べ物にならないくらいの高級グレード(笑)。左のグリーンが私、右ワインカラーがお客さまの新車です。


かれこれ、10年以上のお付き合いをして下さっておりますが・・・ いつでも、何でも、即決されます。改めて、尊敬の念を抱かせて頂きました!






bana-2
安中市 熊野神社
一見、何の転轍もない神社です。


12071


所はどこか言いますと、群馬と長野の県境。中山道の碓氷峠のピークです。


12077


大変珍しい神社で、両県に跨いで建っています。


12072


もっと仲良くすればいいものを、参道中心より、向かって右側が、群馬県安中市所在の熊野神社。左側が、長野県北佐久郡軽井沢町所在の熊野皇大神社。このように、お賽銭箱も2つ(笑)。


12076


こちらは、群馬県側の社務所。


12074


そして、こちらが長野県側のそれ。


12073


御神木の『しなの木』です。


12075


神社入り口周辺には、数軒のお茶屋さんがありますが、その内の1軒はやはり県境にあるようで、こんな表示がありました。


12078


日本三大熊野の1つと言われてまして、以前より訪れてみたい神社でしたが、建物そのものに魅力はありませんでした。加えて、手入れの悪さも目立ち、お勧めのスポットですとは言えません。話題としては、まずまずでしょうか。






bana-1
新種の勧誘電話
自宅にいると、掛かってくる勧誘電話は・・・


       お墓 互助会 化粧品 子どもの塾 成人式の着物 etc.


事務所にいると・・・


       HPのリニューアル SEO対策 コピー機 宣伝広告 融資 etc.  


列挙してみましたが、用のないものばかり。昨日も仕事中に電話が鳴り、またかぁと受話器を取りました。


       ブログの代行をしている業者です!


こういう業者が存在するのですね。吃驚仰天!


当然ながら、このブログを見た上での電話でした。勿論、即座に断りました。他者さまに書いて頂くブログなど、想像もつきませんし、その意味もありません。


暫し、考えてみた結果・・・ この頃、仕事に追われると、確かに更新が間遠になっています。そういうブログを探して、こういう勧誘を行っているのかもしれません。少々、我が身を反省した次第です(笑)。






bana-2
竣工検査の立会い
一口に設計事務所と言っても、その規模は千差万別。㈱日建設計のように一級建築士が1,000人もいるような会社もあれば、当事務所のように1人の場合もあります。


どんな仕事であれ、1人では出来る範囲が、自ずと決まってきます。建築は分野が多岐に渡るので、各々得意不得意もあります。ですので、個人の設計事務所は、相互の連携を大切にし、補完し合いながら仕事をしています。


ご近所に、私より8つ上の大先輩がいます。やはり、個人の設計事務所です。分からないことを教えて頂いたり、仕事をお願いすることもあります。また、逆も然りです。


その大先輩が設計・監理をしていました集合住宅の工事が完了しました。25世帯ですので、集合住宅としては小規模ですが、竣工検査を一人で行うのは無理があるということで、その助っ人に行って参りました(笑)。


DSC_0733_convert_20151202202547.jpg


竣工検査というものは、発注者、施工者、設計者の立会いの元に行われます。設計者側は、大先輩と構造建築士と設備建築士とこの私の4名。発注者、施工者、設計者に下請け業者が加わり、各1名ずつのグループに別れ、全戸検査を行いました。


既に販売が始まっている物件です。そのHPが、こちら


生まれ故郷の東京を離れて、早四半世紀。すっかり、春日部生活に馴染んだ私にとって、この分譲価格は驚きでした!





bana-1
プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる