*All archives* |  *Admin*

2016/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
女性委員会30周年記念
私の所属は、(一社)埼玉建築士会です。支部に女性会員がいませんので、必然的に支部の女性委員として、本会の委員会に出席せざるを得ませんでした。辞めたいと申し出たこともあります。支部に後継がいないもので、私が辞めると支部だけの問題ではなく、本会の問題になるからと宥められ現在に至ります(笑)。かれこれ10年近くになります。


一委員として委員会は出席し、最低限の役割は果たしてきました。在籍が長くなると、自動的に役割が増えるのは世の常。2年前より副委員長を賜り、現在2期3年目です。


その女性委員会が、発足30周年を迎えます。記念事業の1つとしてこの講演会と懇親会を行います。



10271


この度、講演をお願い致しましたのは、建築家・團紀彦氏です。タレント團遥香のお父さまです。まだ若干席に余裕があります。ご興味のあります方がいらっしゃれば、お声掛け下さい!






bana-1
新潟県 平ヶ岳②
少々の晴れを期待していたのですが、稜線に出てみると、晴れそうにもない曇天でした。がっかりと同時に、一気に寒さを感じました。単純に2000mの標高ですと、下界-12℃です。恐らく、0℃前後と思われます。


少し、登山道より外れて、名物のたまご石見学です。風化が激しので、触れてはいけません。


101920


姫池という池塘郡です。


10197


10199


どうも寒いと思っていたら、このように凍っていました(笑)。


10198


案の定、山頂は展望もなく、面白みに欠ける場所でした。が、風が防げて、食事には適地でした。


101910



山頂周辺、周回できるコースになっています。さすが、皇太子ルートと呼ばれるだけあって、全般木道がしっかりしています。



101912


101911


途中途中、休憩を取ったり、写真を撮ったりしながらも、バスの時間があるので早めの行動。下山途中で、秋らしい1枚を撮ることが出来ました。


101914



早めを意識したら、早過ぎてしまい、途中コースアウトし、光苔を見学。


101915


それでも、集合時間より1時間も早く、登山口に戻ってきてしまいました(笑)。帰路は、凸凹道にも拘らず、バスの中で爆睡。昨晩の到着時も、朝の出発時も真っ暗で分かりませんでしたが、銀山平の各宿泊施設がこのようなログハウス展開をしています。なかなか、いい所です。


101916


この都度、私は奥田只見山荘に宿泊しましたが、食事も美味しく、温泉もよく、大変いい山荘でした。夏は、釣りもできるようです。来夏、是非足を伸ばしてみてください。





新潟県 平ヶ岳①
知名度は高くはありませんが、日帰り最難関の山と言われています。


新潟県と群馬県境に位置しています。一般的には、福島県会津方面より群馬県尾瀬を経由して、鷹ノ巣尾根コース登山口から入山します。このコース上には、小屋やキャンプ場がありません。往復所要時間は12時間。登山口へのアクセスの悪さとトイレもない山道の12時間という所要時間を以て、最難関の山と言われている訳です。


2年程前から行こう、行こうと思いつつ、そんな訳で二の足を踏んでおりました。登ろうと思う山に関しては、事前によく調べます。調べている内に、非正規登山道というのを見付けました。


10191


家マークのある所が、正規登山道の鷹ノ巣尾根ルートです。地図をご覧になって頂くと、新潟県銀山平方面よりの中ノ岐林道経由の登山コースがあります。昭和61年に皇太子が登られた際に、開いた登山道のようです。別名、皇太子ルート。一般車は通行禁止です。


           どうやって登山口に行くのか?

           銀山平から、自転車?


不思議に思いながら更に検索していくと、銀山平の宿泊施設が宿泊客をバスで登山口まで送迎してくれることが分かりました。


銀山平であれば、関越道・小出ICから1時間くらいですので、私も前泊。バスは、朝3時50分に宿を出発です。


10192


車酔いするほどの山道なので、車内での飲食は止められました。なるほどと納得する林道を2時間弱。登山口に到着です。


10193


登山口の標高が1250m。ここから一気に高さ800mの急登が始まるそうです。


10194


登山口すぐの小川を渡って、急登を覚悟(笑)。その勾配にもよりますが、800mを登るに、私の足では3時間でしょうか。6時に登山口を出発。12時半にはバスに戻るように言われていますので、持ち時間6時間半。それほど余裕がありませんので、先ずは一向に登ることに専念。


101913


急ではありますが、石と土が半々くらいなので、決して苦手な道ではありません。ある程度時間の読める所まで登って、


10195


晴れそうな気もするのですが・・・   


思いの外早く、2時間20分で2050mの稜線に出ました。アルプスとは違って、東北の山々の頂は、いつもこのように傾らかです。


10196



平ヶ岳の標高は、2141mです。多少のアップダウンはありますが、あと1時間ほど歩けば山頂です。






bana-2
運動会のお手伝い
毎年恒例のお仕事です。この3連休、お天気が良くありませんでしたので、雨天順延。それでも、何とか連休最終日に行われました。


小学校の校庭を借りての運動会です。娘たちの幼稚園でも、そのような形で行っていました。


10101


私の仕事は、この仮設トイレの設置と撤収です。


10102



以前は、学校のトイレのみで行っていたそうですが、幼児の使用回数と移動の距離を考えると、会場近くにあった方が良いそうです。もう、5、6年になるかと思います。すっかり、定着し、このような張り紙も先生方が用意して下さっています。


10103


運動会が終了し次第、片付けに入り、夕刻には校庭を空にします。時間には気を配ります。園児全員が校庭を出るのを見届け、先生方のお片付けの邪魔にならないよう、 し尿汲み取り清掃業者さんと仮設トイレ配送業者さんに時間差で作業をして頂きます。


10104


見ていると、その手際の良さに驚きます。こんな大きなものの設置も撤収も一人です。ともに時間通りに正確に作業を行ってくれましたので、大変助かりました。


仕事そのものは簡単ですが、交通事情に左右されます。昨年は仮設トイレ配送業者さんの連絡ミスと渋滞が重なり、この校庭で寒い中、2時間も待つ羽目になってしまいました。ですので、今年はお客さまに事情を伝え、仮設トイレ配送業者さんを変更しました。その結果、満足のいく内容になりました!






bana-1
誕生日
いくつになっても嬉しいものです。1週間前に52歳になりました。


当社のHPを制作・管理してくれている会社から、こんな素敵なメッセージカードが届きました。プレゼントまで同封して下さいました。


10091


毎年、有り難く思います。早速、プレゼントは私の胃袋に入り、エネルギーも元になりました(笑)。


一昨日は、仲間達が集って、お祝いをしてくれました。今回写真を撮り忘れたので、少し前のものですが、いつものメンバーといつもの飲み屋さん。『いつもの時間に、いつものお店ね!』というのが、合言葉。かれこれ10年近く、数ヶ月に1回は必ず集います。


12221


今年は、友人からこんな高そうなプレゼントも頂きました!


10092


離れて暮らす次女が、私の誕生日だからということで、今晩戻ってきます。2年前は、プレゼントと称して、子猫を連れてきました。さて、今年はなんでしょう?


年を重ねる毎に、1年が楽しくなります。52歳のこの1年、どんな年になるのか? どんな年にするのか? 今から、楽しみです。






bana-2
吃驚仰天!
官庁提出用に、数年前に撮った当事務所の建物全景画像です。冬に撮影したのものなので、少し寒々しく見えますが・・・ ここに事務所を構えて、かれこれ10年。


10051


シャッターが閉まっている所は、以前は長く営業されていた小料理屋さんでした。会えばお話をしていましたので、飲みに行くこともありました。体調不良で小料理屋さんが閉店になった後は、葬儀屋さんの事務所でした。大変ユニークな葬儀屋さんで、宅配寿司との兼業(笑)。現在は、こちらで営業しています。


葬儀さんがお引越しされたのが、昨年の今頃。ですから、1年間はシャッターが閉まったままでした。


この土日は、私用で出掛けており、珍しく事務所に立ち寄りませんでした。月曜日に出勤してみますと・・・  お隣がこうなっておりました。吃驚仰天です。どうやら外構屋さんのようです。


10052



大変立派に見える看板なので、検索をしてみました。2016年に春日部にオープンという以外、詳細はHPからは分かりませんでした。


この3日間、事務所の中で仕事をしております。お隣りも同様のようですが・・・ 何の音沙汰もありません。


急速に世の中が変化しています。善悪はなしです。世の変化、流れですから。若ぶってはおりますが、先日52歳になりました。10年ほど前ここに事務所を移転させた際、ご近所の皆さまには宣伝がてら、ご挨拶に伺いました。それが、私には当たり前でした。


このように世の中の流れに違和感を覚える時・・・ これが世代交代ということなのでしょう。残念なことにhana houseには後継がおりません。ですので、例え私の考えが時代に合わなくなったとしても、老体に鞭打って頑張り続けるしかありません(笑)。






bana-1





プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる