FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
九州山旅
とても不思議なのですが… 毎年11月の20日前後にぽっかり仕事が空きます。なので、今年は九州北部に行ってきました。1週間前にお天気予報を確認してから計画を立て、航空券を予約しました。ところがみるみる予報が変わり、晴れマークは姿を消し、曇りマーク。時折、雨マークも混ざるようになりました。ですが、既に予約を入れているので、行くしかありません(笑)。


4日間で3つの山に登る計画です。朝1番の飛行機で熊本に到着すると、その足で阿蘇山に登ることが出来ます。


皮肉なもので、お天気予報は的中でした!上りは終始厚い雲に覆われていました。


阿蘇山の中で最も高い高岳です。が、これだけ曇っていると、高いのか否かも全く分かりません。勿論登っていても景色も何もないので、楽しくもありません。まるで、修行です(笑)。


11292


気圧配置を見ても、4日間はずっと曇り。まだ、雨が降っていないだけ増しだと言い聞かせて、下っていると…


11294


ちょっとだけ、雲が切れました!


11293


阿蘇山は一昨年前の熊本地震の影響で、立ち入り禁止となっていました。火口見学も、今年の4月より再開されました。一瞬、エメラルド色の火口湖が見えたのですが、すぐ噴煙に覆われてしまいました。


11295


火口見学もそこそこに切り上げ、車でホテルに向かっている最中、なんと青空が!大変ラッキーな1枚です。



11297


2日目は熊本県と大分県の境にある九重連山の中の久住山を目指しました。が、案の上、曇り。前日の阿蘇山より少々良い程度。


112910


3日目の祖母山に至っては、朝から小雨。


11284


登山口ですが、雨の中こんな泥道を1人で歩くのは嫌なので、諦めて帰ろうとした時に、福岡山岳会の4人のパーティに遭遇しました。有難いことに声を掛けて下さり、一緒に登ることになりました。


11282


山頂からの眺望は、この程度(笑)。


11281



私の山登りは基本単独なので、無理はしません。この方々に誘って頂かなかったら山頂に立つことはありませんでした。6時間も行動を共にさせて頂き、途中大福もご馳走になり、しかも歩き方まで指導を頂き、色々な意味で大変勉強になりました。


普段の行いが悪いのか? 天候に恵まれない山旅でしたが、久し振りの遠出に心身ともにリフレッシュ出来ました!今度は、どこに行こうかなぁ(笑)。






bana-1

世の中の変化
先月末に昭和3年生まれの義父を見送りました。50も半ばになると、私のみならず多くが親を送り出すようになっています。


その親亡き後の不動産の相談が急増しております。核家族が定着し、多くは親とは別に不動産を所有しています。ですので、親の不動産が必要な訳ではありません。景気の良かった頃は手放すことも出来ましたが、現在は手放すのもそう簡単ではありません。


今年の初めに、この長屋の相談を受けました。その内容についてはこのブログの中でも紹介致しました。


04163


その後、類似案件で相談頂くことが増えました。現在、同様の長屋の案件を1つと親の不動産の処分に関する案件を2件お預かりしております。


今までこのような相談はありませんでした。それが今年になって急増しました。世の中の変化なのでしょう。新しいものを作るより、古いものを処分する方が大変です。そんなことをひしひしと感じる今日この頃です。






bana-2



やれやれ
漸く2週間に渡る工事が終了しました。最終日は、クロス屋さん、キッチン屋さん、電気屋さん、水道屋さん、ガス屋さんが入り、夜までてんやわんやでした(笑)。


11151


Beforeです。


10311


お客さまと練ったプランです。


10312


Afterです。


11152


プランではフラット対面キッチンの予定でしたが、キッチンメーカーにお知り合いがいらっしゃるということで、この度のキッチンはお客さま支給でした。


今までとは、全く違うLDKとなり、大変喜んで下さっています。







bana-1


佳境
前々回お話しましたLDKの改修工事ですが、木工事が明日で終了。工事としては最も楽しい部分です。


キッチンやお風呂の工事の場合、お客さまの負担を出来る限り少なくするよう工期を最短に設定します。この度、ちょっと切り詰めすぎて、大工さんから不満が出ておりますが、それはスルー(笑)。


11082


肝心なLDKは明日一杯掛かりますが、玄関の工事は完了しております。


11083


まだまだ材料が散乱している状態なので、もう少し綺麗になってから、改めて紹介した方が良さそうですね。






bana-2



長野県 常念岳
先月半ばの話題で恐縮ですが… 憧れの常念岳に登ってきました。大学の友人との山行です。年に1回ですが、この時期に毎年どこかの山に登っています。中年女子2人のお喋り登山です。


今回は標高1260mの一ノ沢登山口からです。


11033


沢沿いの登山道を、お喋りしながら只管登ります。


11034


どうも今年の紅葉はあまり綺麗ではありません。


11035


お喋りしながら、約3時間。ここからが、常念岳の正念場(笑)。


11036


こんな急な道を登っていきます。


11032


既に結構疲れている上に、この登りですので、見事お喋りは途絶えました(笑)。


11037


噂通り、なかなかの急登です。途中から常念岳が見えてきました。友人が撮ってくれた私の後ろ姿ですが、疲労感が漂っております。


11031


4時間強で、稜線に到着。絶景です!


11039


日頃の行いが良くないと、槍ヶ岳は見えないそうですが… この時間は、綺麗に見えました。


11038


この日の宿、常念小屋にチェックイン。荷物を置き、常念岳山頂を目指します。


110312


最低限の荷物だけを持って、出発!小屋の標高が2460mですので、山頂まであと400m。


110310


近そうで近くありません。真正面、山頂と思いきや、山頂ではなく、そのまた向こうに山頂があることがしばしばです。一直線に標高を上げて行くので、振り向くと高度感があります。


110311


小屋から1時間半掛かって、漸く山頂到着です。標高2857m。


110315


残念なことに、お天気は下り坂。先程見えた槍ヶ岳は、すっかり雲の中になってしまいました。


翌朝も曇天。ご来光は拝めず。


110313


只管お喋りしながら、下山しました。


110314


良く喋った2日間でした。1年振りですので、お互いにその1年分を報告し合い、来年はどこに登ろうかと(笑)。大学入学時からの付き合いですので、かれこれ36年。いい友人です。しかも凄い友人です。1年に1回しか山登りをしないのに、私のペースで登るって、かなりの強者だと思います(笑)。






bana-1

プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる