FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
空き家問題
かつては、東京のベッドタウンとして賑わっていたここ埼玉県春日部市でも、徐々に空き家が目立つようになってきました。


現在、住宅の14%が空き家となっています。10年後には30%を超えると予想されています。


只今、この住宅の右側の所有者からご相談を頂いております。


11211


一筆の土地に、このように長屋形式で木造2階建住宅が建っています。左の所有者が亡くなり、現時点で相続人が不明です。建物登記は別々にされています。


11212


建物の老朽化が進み、周辺に被害を齎しています。左の建物の方が傷みが激しいのですが… 所有者が不明のため、全て右側の所有者が対応しています。高齢のため、それにも限度があります。


市役所にも協力を仰ぎ、弁護士、土地家屋調査士に相談し、右建物のみを解体する方向で調整中です。重機を使って解体すれば、1日で取り壊せるような建物ですが、手壊しでの作業になります。当然ながら、解体費用も嵩みます。それでも、ご相談下さった方の立場を考えれば、2軒分の損害を将来に渡って償うよりも、自己所有分の解体によってその責任を回避する方が良いと思います。


今後、益々増える空き家への序章となるようなご相談です。これを機に、私自身も勉強しております。現在お困りの方、近い将来ご実家がこのような状況になりそうな方、是非お声掛け下さい!





bana-2




Secret
(非公開コメント受付中)

空家は
栃木市でも空家は増えてます。壊したり貸したりするにしても、世代交代すると相続人も増えてその全員から同意を取るのは難しくなりますよね。
市の中心部の観光施設の隣に今にも壊れそうな空家があり、景観上も安全上もよろしくないと思っていましたが、何年も放置の後ようやく取り壊されました。あのお金は誰が出したんだろう?
へばなさん
昨年法が施行されましたが、その対応は自治体によって様々です。
10年後には3割と言われていますので、早急に対応しないと大変なことになります。
少子化で住宅が余ります。相続放棄も出てくることでしょう。
終活の際は、家の解体費まで用意しなければならなくなります。
プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる