FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
押し付け合い
以前ここで話題にしましたこの空き家、ご記憶でしょうか?


04091


向かって右の所有者から相談を頂きまして、かれこれ半年。漸く、結論を出しました。右部分のみ、解体することにしました。


左の所有者が長く不明でした。土地登記簿謄本に所有者の名前は出ていますが、その方は昭和の時代に亡くなられています。通常ですと、その方のお子さんが相続人になります。その登記をしてしていないために、長く不明でした。


この都度、市役所の追跡で、相続人が分かりました。登記名義人には、5人の実子と養子が1人。年長の方は、90歳近くですので、その6名の内、数名は亡くなっています。更にそのお子さんも亡くなっている方もいらっしゃいました。


数名の方とお話をしましたが…


      高齢で年金暮らしなので解体する費用はありません。

      役所に任せてあるので、知りません。

      父が再婚をしているので、私は相続人ではありません。

      養子縁組した弟に、全て任せてあります。


などなど、責任回避のために、其々が勝手なことを言います。親が再婚しようが、実子であれば立派な相続人です。登記名義人が亡くなった当時は、兄弟間でこの家欲しさに争ったそうです。決着がつかず、長い間放置。そして時代が変わって、今度は押し付け合い。しみじみ、人間って、勝手なものだと思います。貰える時は争うのに、お金を出さなければならない時は押し付けあう(笑)。


共に非常に状態の悪い空き家です。同時に解体出来れば良かったのですが、力及ばず片方のみの解体となってしまいました。長屋形式になっていますが、幸い登記が別々になされています。ですので、片方だけを解体することが出来ます。


長年に渡り、右の所有者が周辺への被害に対応してきました。これで、その責任から解放されます。一件落着です!





bana-1

Secret
(非公開コメント受付中)

長年たつと
相続から長年たってしまうと、相続人がネズミ算的に増えてしまい、収拾がつかなくなっちゃいますよね。
でも、やっと処理できるようになって良かったですね。
へばなさん
仰る通りです。放置してしまうと、収拾がつかなくなります‣‣;
これから益々増えるであろう空き家対策の第一弾となりました。
プロフィール

阿部美紀                     

Author:阿部美紀                     
hana house有限会社 取締役
一級建築士・宅地建物取引主任者
1964年生 3女の母

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる